プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この話は以前も何度か書いたことがあるのですけど、
私自身が「プリキュア」にはまってしまったきっかけというのは、実は・・うちの奥様からの影響というのが
大変濃厚でありまして、
2007年頃に、買い物に行くと
よく彼女がプリキュアパンとかプリキュア5の食玩等を色々と買っていて
当時は
「あのさー、いい年こいているのだから、そんな幼児番組にはまるなよなー」とか色々言っていたと
思いますが、
「なによー、とにかく面白いから一度だまされたと思って見てみればいいじゃーん」とか反撃されてしまい、
それならばものは試しにと一度見てしまったのが
はじまりでしたね・・・・

そこから先は、自分自身が彼女以上に「プリキュアの世界」に
はまりこんでしまったというのが実態ですね・・・・
いわば「ミイラ取りがミイラになってしまった」典型的事例ですね。
今では、自分の方が彼女から「プリキュア先生」と嫌味&皮肉たっぷりに言われる始末ですから・・・(苦笑・・)

その時一番最初に見た回が
第11話の「のぞみとココの夢気球」という話でしたけど
今にして思うと、この回は、歴代プリキュアの中でも屈指の名作回でもありますし、
その後のスマイルプリキュアのれいかの「どうして勉強するの・・?」の回にも受け継がれていく
素晴らしい回だと思います。

ま、たまたま見た回が良かったから
「次回も見てみよう・・・」とついつい思ってしまい、結果として「夢原のぞみ」という
歴代プリキュアでも屈指の名物キャラの魅力にどっぷりとはまってしまいましたね。
この回から間もなくして、ミルクが登場し、そして・・・
歴代シリーズも屈指の不滅の名作回の第23~24話(恐怖の仮面→プリキュア5の分裂→新しい力と再結束)が
始まりましたからね・・・
それが、結果として、
前作のは、前々作は・・・??と色々興味を持ちようになり、
その後のフレッシュ→ハートキャッチ→スイート→スマイル→ドキドキ→ハピネスチャージへと
「プリキュア愛」が受け継がれていったのかな・・・・??

だから・・・その意味ではうちの奥様には頭が上がらないですね・・・

だけど・・・

うちの奥様は、正直に言うと、プリキュアシリーズよりは断然「美少女戦士セーラームーン」の方が
今でも大のお気に入りですし、
彼女的には、同じ美少女魔法少女系戦士でも
セーラームーンの方の評価の方が圧倒的に高いようです・・・
ま・・・その辺りは・・・・私とは随分と解釈・評価の上で相違が出てしまったようですね・・・(苦笑・・・)

彼女の意見としては、
プリキュアと言うか魔法少女として見る事が出来るのは、プリキュア5とフレッシュぐらいで
後は「スカ・・・」とか言っています・・・
(ま・・・その割には・・・ハートキャッチのサンシャインは素晴らしいとか
ドキドキのエースは申し分ないとか色々言ってくれているし、
現役のGoプリに関しては・・・・プリキュアよりはトワイライトを高く評価している辺りは
何か・・・私と被ってはいますけどね・・・)
彼女の見解としては、スマイル・ハピネスチャージあたりは・・・・「プリキュアの名をかたっているが、あれは出来損ない・・」と
かなり辛口評価ですね・・・(苦笑・・・)
うちの奥様としては、プリキュアとして認められるのは、
アクア・ミルキィローズ・ピーチ・パッション・サンシャイン・ムーンライト・エースぐらいで
例えば・・・
メロディ・ハッピー・ラブリーあたりは・・「あれはプリキュアの出来損ない・・・プリキュアに非ず・・」と
ま・・・その・・・ケチョンケチョンの評価ですね・・・
そうですね・・
この辺りは・・・・ハッピー・ラブリー大好きの私としては・・・・聞き捨てられないお言葉ではあるのだけど、
プリキュアを巡って夫婦喧嘩というのも・・・
ま・・ちと・・・アレな話でもありますので・・・(苦笑・・)
その辺りは・・・私が「忍!!」の一文字という事で・・・(苦笑・・)
でもね・・・・彼女の見解も、「歴代プリキュアで最高のプリキュアはドリーム」というのは
まさに・・・私と考え方はドンピシャなんですよね・・・・

そうですね・・・・

正直に書くと、私自身は逆にそれ程は「セーラームーン」にははまらなかったのですけど、
確かに・・・・
プリキュアシリーズと比較すると・・・
何か凛としている・・・格好いい・・!! 孤高の戦士・・・ 崇高・・・みたいなオーラは感じますよね・・・

私の場合、どちらかというと、ハピネスのめぐみ=キュアラブリーなどのように
多少ポンコツであっても、そこからいかに「成長」を見せていくかという事の方に重点を置いている傾向に
ありますので、
ま・・・確かにセーラームーンの完成度というかその完成された美しさには、思わず・・・何かはっ・・とする事も
あるのですけど、
やっぱり・・・
「プリキュアシリーズ」の方がなんかしっくりくるのですよね・・・

ま・・・この辺りは個人的な「好みの違い」という事なのかもしれませんけどね。





さてさて・・・

実は・・・

この「美少女戦士セーラームーン」20周年プロジェクトの一つのコラボ企画として
グリコの「アーモンドピーク」とセーラームーンのコラボが実現されました。

その目玉は・・・下記の三点との事です・・・

【楽しみその1:新登場の「ラブリーミルク」味♪】

今回のコラボのために作られた新商品は、「ラブリーミルク」味。
女性に人気の高いホワイトチョコレートとミルクチョコレートを4:6の比率でブレンドした、
通常の「アーモンドピーク」よりミルク感の強い味わい深い味が、大きな魅力です。

【楽しみその2:パッケージ3種の天面を繋げると、1つの絵になる♪】

「セーラームーン」「マーキュリー&マーズ」「ジュピター&ヴィーナス」、
以上3種類のデザインが目を惹くパッケージ天面は、それぞれ繋げると1つの絵になるのだそうです・・・

【楽しみその3:「オリジナルブックマーカー」が付いてくる♪】

「オリジナルブックマーカー」全12種類の内、どれか一つが箱の中に封入されている・・・


このコラボ情報がうちの奥様の耳に入ったのが確か6月頃・・・・

「まずいな・・・これ絶対・・・12種類全部コンプリートする・・・!! 全部揃うまでひたすら買いまくる・・」みたいな事を
言い出しかねないな・・・と
思っていたら、案の定・・・
「1ケース、10個入りのものを最低でも2ケース買って、買って・・・おとな買いして!!」と駄々をこねています・・・(苦笑・・)

あまりに煩いので、先日2ケース予約を入れ
先日2ケース分を受け取りに行きました・・・・

あーあ・・全く・・・いい年こいて・・・と思ったものですけど
ま・・・そういう自分自身も・・・
いつの日にか「プリキュアシリーズ」のコラボ企画とかで同じような商品が発売されたら・・・
多分・・・そうしたケースごとの大人買いをするのかもしれませんよね・・・(苦笑・・)



CIMG8622_convert_20150804123653.jpg


これがその「アーモンドピーク」のセーラームーン仕様です・・・・
(計20個の中のおこぼれ・・・)

やっぱり・・・「プリキュア」と比べると雰囲気は大人っぽいし、なんか貫録は漂いますね・・・

こうしてみると、歴代プリキュアで一番「セーラームーン」に近いシリーズというと
やはり4代目のフレッシュプリキュアなのかな・・・
キュアピーチあたりは、そうですね・・・明日からでもセーラームーンシリーズの一員として出演しても
あまり違和感は無い感じはありそうですね。


CIMG8623_convert_20150804123721.jpg


この中に入っていたブックマーカーは、「セーラーマーズ」でした・・

うーーん、一体何て足が長いんだ・・・・

歴代プリキュアを長い間見ていると、やっぱりこれは逆に少し違和感は感じたりもしますね・・・
(好みの差というのもあるでしょうね・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

初代セーラームーン世代です~~
あれ?歳がばれる!?
「ジャンヌ・ダルク」の時代から戦う少女は
美しいのですね。
ちなみにタキシード仮面様はかっこよかったです(´艸`*)

はじめまして♪
娘の影響で、「プリキュア」・・・勉強していますが
塗り絵で、悪戦苦闘(笑)
セーラームーンは楽よね|ω・)

昔?セーラームーンが好きで、カードを集めていました
今は、娘の遊び道具に、なってます。
でも、やっぱり「プリキュア」のカードがいいようで・・・
色々と買わされてますわ~

「アーモンドピーク」買やな!

ぬくぬく先生、こんにちは。

そういえば今朝、プリキュアがニュースになっていましたね。
なんでも「好きな気持が嫉妬に変わり我慢できなくなった」などと言って、作品のファンが劇場に爆破予告をして逮捕されたんだとか(なんだそれ?)
ご存知でしたか?

その話を聞いていて、先生の事が頭に浮かびました。
ブログへのコメントで嫌な思いをして1時閉鎖にまで追い込まれたというのが、「なるほど、作品に力がありここまで熱狂的な信者がいると、それはそれでトラブルが大きくなるんだなぁ」などと勝手に納得してしまいました。

美少女戦士

紫水晶 様


そっか・・・・確かに言われてみれば、別にアニメに限らず
元祖「戦う美少女戦士」は、ジャンヌ=ダルクなのかもしれませんよね。
妙に納得・・・

セーラームーンは、とにかくため息がでるほど凛として美しいものがありました。
そうですね・・・
プリキュアシリーズとの相違点の一つは「恋愛要素」というものがありましたね。
そういう意味では、タキシード仮面は魅力的でしたし、男性の視点から見ても惚れ惚れとするものは
ありましたね。
それまで「魔法少女」は色々といましたけど「戦う魔法少女」という新しいジャンルを確立した
セーラームーンの功績は大きいものがありますよね。
「まどか☆マギカ」なんかの原点なのかもしれませんよね。

ちなみに・・・

私にとっての「魔法少女」の原点は、「魔法の天使クリィミーマミ」かな・・・?
このアニメのOPは、当時在籍していた吹奏楽団でもよーーく演奏していましたね・・・
あれれ・・・そんな事言っていると・・
私の年もバレバレですね・・(苦笑・・)

コメントありがとうございます!!

てる 様



はじめまして!

コメントを頂きまして本当にありがとうございます!!

セーラームーンは、現在新しいシリーズも放映されているようですけど
やはり「戦う魔法少女」の原点ですよね!!
プリキュアシリーズも、セーラームーンの世界で確立された「美少女系戦士」の流れを
受け継いだものと言えるのかもしれませんよね。
「小さい頃、セーラームーンを見て育ったけど、自分の子供がプリキュアを見てすくすくと育っている」
みたいな話は結構耳にしますけど
やはり「戦う美少女戦士」は、親子二代に渡って受け継がれていくものなのかもしれませんし、
てる様親子にももしかして・・・当てはまるのかもしれませんけど
なんかとても微笑ましい光景ですね。

ちなみに・・「アーモンドピーク」は・・・

今買うと正直チョコが溶けてべとべとです・・・(苦笑・・・)

これは・・買ったらすぐに冷蔵庫に保管した方がいいかも・・です・・・

他人に嫌な思いはさせたくはないですね・・・・

タルトFC2  様


へーーー、そんな事件があったのですね・・・タルトFC2 様に教えて頂き初めて知りました。
ありがとうございます!

ま・・だけど・・、
「好きな気持が嫉妬に変わり我慢できなくなった」というその大学生の気持ちは、うーーんあまり共感は
出来ないですね・・・・
だつて・・
そうした劇場への爆破予告で他人が楽しみにしているプリキュアの映画を見られなくしてしまうなんて
やっぱり最低・・という感じですね・・
アニメでもなんてもそうだと思いますけど
そうした「楽しみ」というのは、一人の個人が楽しむべきことであり
他人に嫌な思いをさせてまでの独占行為と言うのは、何か哀しい事ですよね・・・

そうですね・・・

私の場合は、自分自身の「未熟さ」というか「大人の対応が出来ない未成熟さ」が原因なのかも
しれませんよね・・・
現在はこうやって普通にプリキュア感想記事なんかもブログで書いていますけど
一時期は・・・
プリキュア感想記事書いていても全然楽しくない・・みたいな時期もありましたけど、
それは逆に「プリキュアファンとしては最低・・」とも思ってしまい、一時期凹んだ事もありましたね・・
やはり・・・他人は他人、自分は自分なのだな・・・とも
思ってしまいますね。

でも・・・何か色々とお気遣い頂きありがとうございます!!

そういうお気持ちがとっても嬉しいです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2346-5073cfb0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |