FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


先日ですけど、テレビ埼玉で再放送がされている「浦和の調ちゃん」の第3話を見ていたら・・・
そう・・・
この第3話が、あの伝説の(?)調による十万石まんじゅうの「うまい、うますぎる」のパロディーが
展開されていた回でした・・・!!
(勿論、分かってはいましたけどね・・・苦笑・・)






ホント、この「うまい、うますぎる・・」のフレーズは、このブログでも何度も何度も使用させてい頂いておりますので、
さすがに・・・
「もう・・・Eーーー加減にせい!!」とお叱りを受けそうなので、
ま・・今回は特にコメントはしません・・・(苦笑・・)

ま、だけど・・・確かにあのシーンは・・・・改めて再放送で見ていても
何か思わずクスッ・・・・となってしまいますね・・・
というか・・・このシーンを見てクスッ・・・となってしまうのは立派な埼玉県民・・・
特に反応しない方は・・・・
埼玉県民以外か、十万石まんじゅうのCMを見た事が無い埼玉県民なのでしょうね・・・
ま、恐らくですけど・・・
埼玉県民でも、あのCMを「過去においてみた事がある・・・」という人は、全体の30%いるのかな・・という感じの
レヴェルなのかもしれません・・・
だって・・・
あの「うまい、うますぎる・・」のCMが流れているのはテレビ埼玉だけですから・・・・
ま・・・普通の埼玉県民は・・・多分・・・高校野球や西武の試合とかレッズの試合以外は、テレビ埼玉(通称、テレ玉)なんて
見ないのかも・・・・(苦笑・・)
一時期、テレ玉の深夜アニメはすごく充実していた時期がありましたけど、
最近は・・・さっぱりですからね・・・(苦笑・・)

さてさて・・・

十万石ふくさは・・・当然のことながら、「うまい、うますぎる・・」お菓子は
まんじゅうだけではありません!!
他にも色々と美味しいお菓子は一杯いっぱいあります!!
ま・・・それを知ったのは、私自身もつい最近というか、この「浦和の調ちゃん」の放映以降ですけどね・・・



CIMG8502_convert_20150728180401.jpg


個人的に一番「あ・・・おいしいな・・」と気にいっているのが
「彩の国 オランジェ」です。
このお菓子、とってもさっぱりしていて夏でもすごくすっきりと食べられると思います。
甘夏柑のピールを混ぜ込んだ、爽やかな食べ口のオレンジプチケーキです。



CIMG8503_convert_20150728180430.jpg


蜜漬けの渋皮栗を栗ペースト生地で包みこんだ「焼きモンブラン」


これは・・

和菓子ではなくて完全に洋菓子の領域です。

でも、これもとっても美味しいです!!

栗そのものの固さとペーストの柔らかさの対照さがとても口の中で心地よいと思います。



CIMG8504_convert_20150728180500.jpg


こちらは・・・先程の「焼きモンブラン」とは対照的に
「栗」を色々とアレンジしないで
「栗」をそのまんまド直球で放り投げたお菓子だと思います。
大粒栗を丸ごと1個をのせた贅沢な焼まんじゅうですけど、
これは、うちの奥様の大好物の一つです。


CIMG8505_convert_20150728180526.jpg


この「幸たま」と「茶の香」は、
どちらかというと・・・仙台のあの有名なお菓子「萩の月」をイメージしたようなお菓子なのかも
しれません。
「幸たま」はカスタードクリームで包み、
「茶の香」は、丹波大納言つぶしあんを抹茶蒸しカステラで包んだものです。

仙台育ちの自分としては・・・やはり「茶の香」の方に惹かれます。

ま・・「幸たま」は・・味も見かけも「萩の月」そのまんまやないか・・・・と
スマイルプリキュアのあかねちゃんのようにツッコミを入れたくもなります・・・・(苦笑・・)


CIMG8507_convert_20150728180554.jpg



そして・・今回購入したお菓子の最後は・・・

うぶ花とまろんかです。

どちらも美味しいけど、個人的には・・・チーズ風味というか、
栗の餡をチーズ入りの生地で包みホイル焼きした「まろんか」の方が大好きです。
「うぶ花」は、そうですね・・・
イメージで言うと、不二家の「ミルキー」みたいなママの味という感じかな・・・・


CIMG8508_convert_20150728180620.jpg



勿論・・・十万石ふくさやには上記以外にも
もっともっと美味しいお菓子が一杯あります!!

ま・・・・確かに全国的知名度は低いのかもしれませんけど、
「十万石まんじゅう」は埼玉県民の数少ない(?)ソウルフードなのかもしれませんし、
他にもいっぱい一杯美味しいお菓子はあります。
埼玉県にお越しの際は・・・是非是非「十万石まんじゅう」を覗いて頂ければ幸いと言うものです・・・!!

ま・・・浦和の街には、この十万石まんじゅうのふくさやの店舗はありませんけどね・・・(苦笑・・・)

余談ですけど、最近さいたま市見沼区を仕事で通りかかったら、確か・・・大和田駅周辺にも
ここのお店がありましたね・・・・
なんか・・ちと分かりにくい位置だったかも・・・??
うーーむ、浦和とか川口みたいな大きい駅前にもいずれ出店してくれないかな・・・??


追記


五航戦のタカ 様


先日は・・浦和のおばさまの件は・・・少し惜しかったですね(笑)

ま・・・

県庁所在地なのに、浦和の街には新幹線は停まりませんけど
同時に・・・・
浦和の街自体には・・・
「うまい、うますぎる・・」の十万石まんじゅうの店舗すらないのですよね・・・・
その浦和のおば様のお気持ちも地元民としては、よーーく分かりますね・・・

そんな訳で、十万石まんじゅうは是非是非次回以降のお楽しみにとっておかれるといいですね!!

それに、片岡食品のねぎ味煎餅もなかなかの味ですからね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2339-52172f92
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |