プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そうですね・・・
「Go! プリンセスプリキュア」第22話については、結果論となってしまいますが、
このブログのGoプリ記事を書く順番がブログ仮閉鎖→再開という影響もありましたし、
私自身が、第23話辺りまでは必ずしも、トワイライト様のプリキュア化という事実を必ずしも全面的に
納得できていなかったという事情もありましたし、
そうした事情によって順番通りにならなかったという事もありまして、
実は・・・
既にこの第22話については、実はもう過去記事で散々語り尽くしているような感じもあります。

だから・・・ここではあんまり書くことはもう無いと思いますので
さらっ・・・と引きたいと思います。





64912ea7_convert_20150725153906.jpg


それにしても・・・
改めて思う事は、同じトワイライトのあの衣装を身に着けていても
トワイライト時代と現在のトワとでは全く印象が異なりますし、
正直・・・全然別の人間にも見えてしまいます・・・
ま・・・目がトワイライトもトワもタレ目ですし、確かに全体的な雰囲気は・・・・そうですね・・
少しは似ていなくもないのかもしれませんけど、
やはり・・似て非なるもの・・・・という感じですね・・・・


2870b434_convert_20150725153820.jpg


ま・・・それと・・・・余計なツッコミを入れてしまうと・・・

せっかく無事にトワイライト様をトワとして無事にお持ち帰りが出来たのだから、
一応ある程度の監視はしておかないと・・・
トワを一人っきりの状態にしたり、一人で出歩かさせる事は当面の間は
回避させないといけない・・と思っていたら
案の定・・・・ディスピアに捕まってしまいましたね・・・
第23話でもロックは結構執拗にトワ=キュアスカーレットに精神攻撃を仕掛けていましたけど
この第22話でも、結構しつこく抉るような精神攻撃をディスピアはトワに仕掛けていましたよね・・・
あれは・・・
ま・・親子関係は本当は全然成立していなくても形式的にはかなりの長期間親子関係を演じていましたので
「身内ゆえの可愛さ余って憎さ百倍・・・」という感覚なのかもしれませんよね・・・


c817b0f3_convert_20150725154018.jpg


この第22話は、トワが奏でる哀しげなメロディーとフローラが奏でる希望のメロディーの「二重奏」が
大変印象的でした。
勿論・・・フローラがトワとデュエットを奏でるために、陰で・・・見えない所で懸命にフローラをフォローし
ディスピアと懸命に闘っているマーメイドとトゥインクルの二人も
まさしく影のMVPという感じでしたね・・

トワとフローラが奏でる二重奏は・・・
本当に・・・
スイートの世界を思わず彷彿とさせるものでした・・・・

音楽と言うものは・・・・
「楽しい」とか「派手」とか「明るい」という要素だけで構成していくと・・・・
そうですね・・・大体5分程度で聴衆には飽きられると思います。
やはり、明るい部分があって、少し沈んだ部分があって、しっとりさせられる部分があって、
少し悲しい気分になったりして
そして最後は明るい気分で再度音楽が盛り上がっていく・・・・
そうした「変化」の要素なのですよね・・・・
だから、そうした「長調」→メイジャーと「短調」→マイナーというのは、
どちらか一つが主役ではない、二つが融合して「一つの音楽」を形成していく訳でありまして
つまり両者は二つで一つなのです。

結局・・・人は一人では生きていけない・・・・

例え世界が「静粛」に包まれ、自分の事を悪く言う人間がいなくなったと仮定しても
結局は「孤独」に陥ってしまう・・・・
人は「完全な孤独」に耐えられるのか・・・・
その答えは「ノー」だと思うのです・・・
嫌なんだけど、他人と関わっていく生き方をせざるを得ない・・・・
確かに・・・・世の中に自分以外の人間がいなくなり、静かで楽な世界なのかもしれないけど、
一人だけの世界になって出来る事は・・・・
そんなにないかもしれないのですよね・・・・

だから・・・・

人と言うものは、確かに不本意な側面はあるのだけど
誰かと関わって生きていかざるを得ない・・・・

それならば・・・・

どうせ誰かと関わって生きていくのならば、
少しでも楽しい方がいいのではないのか・・・・??
確かに「人との関わり」は面倒・・・・うざい事もしばしばあるもの・・・・
だけどそうした人の嫌な側面だけをクローズアップしないで人の良い面、長所もみてあげましょう・・・・
長所も短所も二つで一つ・・・
幸せと不幸も二つで一つ・・・・
長調と短調も二つで一つ・・・・
二つのロジックの内、一つだけを一方的に排除する事は出来ない・・・・
片方が片方をも認めて受け入れる「寛容さ」というのか「価値観の多様さ」を認めてあげよう・・・

そして一度「失敗」をしてしまった人間に対しては・・・・
もう一度「やり直すチャンス」を与えてみましょう・・・

そうした事がスイートプリキュアの世界にて私達に提示したものだと思うのですけど、
こうした世界観がこのGo! プリンセスブリキユアでも見事に受け継がれていたと思います。
あの時、フローラが奏でていたのはまさしく長調の象徴・・・
トワが奏でていたのはまさしく短調の象徴なのだと思います。
そして最終的にはフローラとトワのメロディーは二つで一つに重なり合って融合していたと思います。




432619dd_convert_20150725153930.jpg


7192e6a7_convert_20150725153844.jpg


68ac03ad_convert_20150725153755.jpg


8136521a_convert_20150725153950.jpg


ま・・・改めて書くのも何ですけど
とにかく・・・トワのキュアスカーレットへの初変身シーンは、気品と情熱の二つが融合した本当に
お見事なものでした・・・!!
個人的な感想としては・・・・
あの「キュアスカーレット」は・・吹奏楽オリジナル作品なのですけど
田中賢作曲/紅炎の鳥という素晴らしい曲を彷彿とさせてくれました!!
特に・・・赤と白の衣装の対比が実に秀逸だと思います!!

それと・・・Goプリの場合、イースのように「元々が悪の組織」という立ち位置ではないので
過度にトワに「贖罪意識」を持たせなかったのは大正解だと思います。
「贖罪意識」ではなくて、
その代わりに・・・
「グランプリンセスに自らがなる事」で
元々の自分の夢を叶えるという事と故国の救済が出来るといういわば「一石二鳥」を図る事が出来るというように
物語の中心部をその辺りに持ってきたのは
むしろ自然な事のようにも感じられますね・・・・
だからこそ・・・
この後のお話で多少トワがポンコツ化してもそれ程違和感は感じない理由にもなっていると思います。
その辺りを無理に「贖罪意識」に結び付けてしまうと
かえって物語自身が窮屈になってしまい、
「それ本当にあなたの夢なの・・?」とも感じさせてしまう危惧もあったので
その辺りの構成は大変良かったとも感じますね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2334-83112763
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |