プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8.小禄中学校

 C/黙示(ジェイガー)

 現在の感覚としては「沖縄サウンド」という言葉自体を言う人はあんまりいないと思いますけど、
 1970年代~80年代前半の頃辺りまでは、
 例えば・・・首里高校・那覇高校・石田中学校などに代表されるような「沖縄サウンド」という言葉が
 結構使用されていたような記憶もあります。
 そうですね・・・一言で言うと1974年の首里高校のA/エルザの大聖堂への厳かな行列とか同高による
 77年のB/ニュールンベルクのマイスタージンガー前奏曲とか79年の石田中の歌劇「運命の力」序曲とか
 72年の真和志中のトッカータとフーガ二短調などの演奏に代表されるように
 木管系のしっとりとした響きをベースにファンタジー溢れる演奏というのがその一つの特徴なような
 感じもします。
 だけど・・・80年代に入るとその辺りも大分様子が変わってきたような感じもあります。
 82年の首里高校(ショスタコの5番)や88年の首里高校(ローマの祭り)のように
 金管を主体にバリバリと鳴らす事を優先したような感じの演奏がむしろ増えてきて、
 その一つの象徴がこの小禄中の演奏のような感じもありました。

 そうですね・・・・

 とにかく・・・課題曲も自由曲も音量過剰・・・・

 特に自由曲のあのヒステリックな叫びは・・・耳をつんざくような不快な響きそのものであり、
 うーーん、正直・・・・あの演奏を聴いて「何か」を感じるという事はありえないかも・・・
 その位、かなり雑で粗野な響きであり、
 ま、このジェイガーのこの曲自体、金管をバリバリに鳴らし不協和音全開で変拍子と変則リズム炸裂の
 ヒステリックな曲ですので、そうしたヒステリックな響きはむしろ作曲者の意図そのまんまという感じも
 しなくはないのですけど、
 それにしても・・・少し雑すぎる演奏でした・・・・

 だけど面白いもので、
 翌年以降この学校には、前年まで石田中を指導されていた屋比久先生が赴任されるのですけど、
 わずか一年でサウンドがガラッと変わってしまい、
 1983年には兼田敏の「パッサカリア」で全国出場を果たすのですけど、
 この際の演奏は大変しっとりとした優しい響きに変っていて、
 やはりスクールバンドというのは、特に中学の部は本当に指揮者次第でどうにでも変わるもんだな・・・・と
 改めて感じたものでした。
 


10.大月東中学校

 D/バレエ音楽「ガイーヌ」より

 うーーん、結果としてこのチームは銀賞と言う評価に留まってしまうのですけど
 大変惜しい銀賞だったと思います。
 逆に「なんで銀賞なんだろう・・・どこにマイナスポイントがあったのかな・・・」とも感じる演奏です。
 そうですね・・・
 やはり聴く人によって音楽の評価なんて変わるものですし、
 100人いれば100通りの聴き方・解釈があるという事をまさしく実証した演奏なのだと思います。
 課題曲D/サンライズマーチはとにかく斬新な演奏だったと思います。
 この曲は冒頭でシンバルがジャーンと鳴って、金管の華麗なるファンファーレで開始されるのですけど
 大月東の場合、
 ファンファーレとファンファーレ以降のマーチ部分をはっきりと明確に区切って演奏し、
 聴き方によっては「ファンファーレとマーチの二つの楽章から構成される行進曲」みたいにも聴こえる
 演奏だったと思いますし、
 その対比が極めて鮮やかでもあったのでとても個性的で印象に残っています。
 マーチ自体もテンポが大変落ち着いていて力むことなく更けていましたし、トリオの部分も大変丁寧に
 演奏されていました。
 とにかくサウンドが温かったのが素晴らしいと思います。
 自由曲の「ガイーヌ」は、アィシェの目覚めと踊り・レスギンカ舞曲から構成されていましたけど
 アィシェの冒頭は、1979年の島田第二中とか81年の嘉穂高校のように
 ピッコロで奏でられるアレンジが多いのですけど、大月東の場合は、確か・・・オーボエとフルートを使っていて
 「土臭い」というよりは「ファンタジー」色を幾分強めて解釈していたのが大変印象的です。
 サウンドも大変透明感に溢れているので、むしろこうしたファンタジー色を強めたのは正解だったのかも
 しれませんよね。
 レスギンカ舞曲も大変落ち着いた演奏で指揮者による強弱のバランスも的確にコントロールされていて
 大変お見事でした!!

 面白いもので、この年の関東大会は全国を決めた3チームのうち2チームは山梨の学校で、両校とも
 全く同じ課題曲と自由曲を選択しているのに、
 大月東は理性的、甲府南西は元気溢れるけどとてつもなく粗雑という対照的な演奏になってしまったのですけど
 こういう所も、スクールバンドではよくある話で
 大変興味深いものがありますよね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2329-079632e3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |