プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私が「プリキュアシリーズ」・西尾維新の「物語シリーズ」・「ガールズ&パンツァー」と
同レヴェルで大好きで大好きで仕方がないアニメと言えば
「デート・ア・ライブ」があるのですけど、
この作品は元々はライトノヴェルです。
だけどこの作品もシリーズ累計でついに・・・350万部を突破する事になってしまい、
この原作もつい最近やっと全巻読み終えた私としては・・・何かそうした人気は嬉しい限りです。
ま、この作品・・・
設定もぶったまげの連続なのですけど、
やはり・・・登場人物のキャラが全員それぞれ魅力的なのがいいのですけど、
やはり、私としては・・・このブログでもしつこいくらい執拗に何度も何度も書いている通り
「時崎狂三」という最悪にして最凶の精霊の魅力にどっぷりとはまってしまった・・・という感じが濃厚ですね・・!!





この作品が、ついに満を持して、2013年のアニメ第一期、2014年のアニメ第二期を経て
この夏、ついに・・・待望の完全オリジナルストーリーとして映画化が決定され
ついに、ついに・・・来月、8月22日より全国一斉ロードショーが開始されます。
埼玉での公開は、さいたま新都心一か所のみですけど、ここは・・・ま、私の庭みたいな所ですので
近いし大歓迎です!!
一度何の映画だったか忘れたのですけど、どうしても見たい映画の埼玉県での上映映画館が
深谷方面だったかな・・・
とにかくとてつもなく遠い所でしたので、行くのが大変面倒だった事はありましたけど、
今回はそうした事も無くホッ・・としています。


万由里


公式HP上でも結構前から
その精霊の姿がティザービジュアルとして発表されていますけど、
正直、よく分からない・・という感じで謎がつのります・・
「人類に災厄をもたらす精霊」という万由里という少女は・・・・
精霊なのか人間なのか・・・それすらも現時点では何も情報はありません・・・
この万由里というオリジナルキャラについての情報は・・・ほぼ皆無・・・・
という事は・・・・
要は、詳しい事を知りたければ劇場まで足を運べ!!という事なんでしょうね。

そして・・・万由里は・・・・

私が「デート・ア・ライブ」の登場キャラの中で特に特に大好きでたまらない「時崎狂三」と絡むのか
絡まないのか・・・・
何より時崎狂三に何かしらの「見せ場」はあるのかないのか・・・

とにかく「公開」が待ち遠しいところです。


yjimage.jpg


改めてですけど・・・ホント、この作品に登場するキャラは・・・皆濃い人ばかりですね・・・・

本来主人公であるはずの夜刀神十香ですら・・・何か幾分影が薄い感じさえありますからね・・・(苦笑・・)


B00C39XNL4_01__SCRMZZZZZZ_SX1000_CR10,60,960,854__convert_20150721203735


そうそう・・・

この映画の前売り券なのですけど、
一般券は特に特典らしきものは無いのですけど
デート券という「ペアチケット」はとてつもなく魅力的な特典が結構てんこ盛りです・・・


・橘公司先生 書き下ろし劇場版プロローグ ショートストーリー
・つなこ先生 万由里ラフ画
・キャラクター相関図
・TVアニメ『デート・ア・ライブ』『デート・ア・ライブⅡ』あらすじ
・天宮市解説
・おまけ:『劇場版デート・ア・ライブ』絵コンテちょい見せ

といった特典が付いている小冊子がおまけとして付いてくるとの事です。

うーーん、私は一緒に行く人がいないので、一般券で十分なのですけどね・・
というか・・・なんで一般券にもそうした特典を付けてくれないのかな・・・・??
うちの奥様は・・・この「デート・ア・ライブ」には全く興味なしという感じですし、知らないストーリーの映画は
絶対に観に行く人ではありませんからね・・・・
うーーむ・・・どうしたものか・・・・(苦笑・・)
ま、そのうち・・・・ヤフオクかなんかでこの小冊子は多分・・・出品されてきますよね・・・??




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2328-9cb5fec5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |