FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


そうですね・・・・
この「Go! プリンセスプリキュア」第24話をもって、最近Goプリに対して感じていた私の
モヤモヤとした気持ちも完璧に吹っ切れて
見ていてとっても気持ちの良い回だったと思います。
やっぱり、「プリキュア」って本当に素晴らしいものですね!!

そうなんですよね・・・
どうしても4月下旬以降に登場したあの黒きプリンセスとしての誇り高きトワイライト様の圧倒的な
存在感に私の脳はすっかりトワイライト様の猛毒に侵されてしまったのですけど
あの誇り高きトワイライト様が・・・
まさか・・・こんな一人では何にもできない小娘・・・しかもポンコツ小娘に成り下がってしまうとは・・・・
うーーん、
正直・・・第22~23話辺りに感じた「違和感」は、結構大きいものがあったと思います。

だけど・・・

ここで改めて考えてみると、

「プリキュア5」シリーズにおいては、ミルクは「このクソ生意気お世話係野郎が・・・」と思わずしかめっ面に
なりがちなのですけど、
別にミルキィローズについては、そうした印象はあんまり感じない・・・
大のミルキィローズファンのうちの奥様が言うには
「ミルクとミルキィローズは確かに同一人物なんだけど、二人は別物と切り離して考えればいいじゃん・・・」とか
言っています。
そうした解釈で言うと、トワとトワイライト様を切り離して考えた方が実はすっきりするのかもしれませんが、
やはりそれは中々難しい・・・
話はまたまたそれてしまいますけど、
最近このブログでも昭和レトロアニメとして「めぞん一刻」を取り上げたのですけど、
物語のクライマックスで、裕作が発した響子さんに対するプロポーズの言葉の中に確か、
「あなたと出会った頃には、既にあなたの心の中に亡くなったご主人が存在していた・・・・
だから自分は、ご主人が心の中にいるあなたを含めて、あなたが好きだ・・・
自分は、あなたの心の中で生き続けているご主人と共にあなたを生涯大切に守っていく・・・」みたいな
言葉があったと思いますけど、
今回のGoプリに関しては、そうしためぞん理論を当てはめた方がむしろすっきりするような気もします。
すなわち・・・・
今現在のお嬢様育ちで一人では何にもできないポンコツ娘のトワなのですけど、
トワとトワイライトを別にあえて切り離して考える必要は全く無い・・・二人で一つみたいな存在・・
だから・・・
トワの心を内在させたままのトワイライトも好きだし、
トワイライト時代の己の「罪深さ」に怯えるトワも好き・・・
4月に一番最初にあのトワイライト様の御尊顔を拝し奉っていた頃から実はそこにトワの存在はあった・・
だから・・・・
トワイライト様も大好きだし、現在のトワも大好き・・・・
そういう事になると思います。

そして改めてなのですけど、
私自身は、今回トワがキュアスカーレットになった事は別に「贖罪」としてそうなったとは考えておりません。
というか・・・
別に、トワは「贖罪意識」を強く意識する必要はないと思っています。
というのも・・・・トワイライトとしての悪行は、あれはあくまで意識をディスピアに操られ洗脳された結果としての
ものであり、別にトワ自身が
「こんなあくどい事をして人間どもを恐怖のどん底に突き落としてやりたい」とか
「かつて私をバカにした者どもに一泡吹かせてやる・・・!!」みたいな意識で
自らの強い意志で悪堕ちしたものではないという事をまずは理解する必要があると思います。
ま・・・悪行と言ってもかつてのイースのようにスタジアムを丸ごと破壊したみたいなとてつもない悪事は
トワイライト自体していませんし、
何よりもトワ=トワイライトには、かつてのイース・セイレーンのように
自ら主体的に悪行の数々を繰り返してきたものではない・・・・
「心を操られた結果、そうせざるを得なかった・・・他に道は無かった・・」という事なのだと思います。
そうですね・・・
だから全般的な印象としては、トワは「贖罪」というか、自身の過去の行いに対して「罪の意識」を感じて
怯えているというよりは・・・
やっぱり・・・・
「自己責任」の観点から・・・・「笑顔」を現在失くしているという感じが濃厚なような気もしますね。
自分が絶望の森に入らなければ・・・
ディスピアの誘惑に乗りなければ・・・・
兄のカナタが行方不明になったり、多くの国民がディスダークの手によって囚われの冷たい檻の中に
入れられる必要はなかった・・・・
自分さえあの時もう少し強い信念を持っていれば・・・・というのは、
「罪の意識」というよりは純粋に過去の自らの行動に対する「後悔と反省」という気持ちの方が強いのだと
思われます。
それだからこそ・・・・トワは・・・プリキュアとして覚醒した・・・
それは「贖罪」という罪滅ぼしではない・・・
あくまで、自分がプリキュアになり、グランプリンセスとなり、それが故国を救うという事、すなわち、
自分自身と国民の両方を救済するという事で
「グランプリンセスになりたい」というかつての自分の夢と故国を救いたいという今現在の夢の二つを
「二兎を追うもの一兎をも得ず・・・」ではなくて
両方とも叶える事でこれまでの自分の過去の過ちを清算出来る早道という事に気が付いた
という事なのでしょう・・・

目覚めたからには・・私は・・全力でトワイライト様同様にトワも応援をさせて頂きたいと思います!!





それにしても・・・

今回の第24話は素敵なお話でしたね・・!!

きららがトワをシーツでくるんでコチョコチョ・・・しているシーンは本当に素晴らしかったですね!!
あのシーン何か、見ていて・・・
「いいぞ!! きらら・・・そのまんまトワを押し倒しちゃえ・・・!!」みたいな妄想も湧き起こってしまいましたし(苦笑・・)
二人で無言で見つめ合っているシーン何かは・・
「あれれ・・・この二人、まさか・・・キスでもしちゃうのかな・・・」と思わず感じたほどでした・・・・
うーーん、これは・・・・
最近このブログでも執拗に登場してきた
「響け! ユーフォニアム」の久美子と麗奈の濃厚すぎる百合シーンを彷彿とさせるものであり、
まさに・・・美しき百合の世界=女の子の園・・・という感じでしたね・・・
ま、というか・・・ノ―ブル学園は全寮制だから、元々が「桜の園」なんですけどね・・・(苦笑・・)
今回のきららとトワの二人を見てしまうと、
うーーむ・・・Goプリは、きららとトワの二人だけで「ふたりはプリキュア」やっていても全然違和感ないな・・・とすら
感じてしまったほどでした。

だけど・・・それにしてもトワは本当に中一でしたね・・・

中一プリキュアと言うと、私の中では「九条ひかり」が断トツに存在感を発揮しているのですけど
ひかりもとっても可愛いプリキュアで特に「おでこ」が魅力的でしたけど、
ある意味ひかりの存在すらも吹っ飛ばしてしまう強烈な中一プリキュアがここに誕生しましたね・・・
うーーん、「スマイルプリキュア」のポンコツ先輩共は、全員中二なのですけど・・・・
まさに・・
トワイライト様のお言葉じゃありませんけど、まさに月とすっぽん・・・そもそもの次元と言うのか「品位と気品」が
違い過ぎますね・・・・(苦笑・・)
本当に・・・つぼみとえりか、みゆきとやよい、ひめって・・・トワよりも学年が上なのかな・・・・??
ぶっちゃけ、ありえない・・・・
(by 初代のなざき大先輩・・・・)

第2話を見ていた頃から
「あれれ、きららってもしかして相部屋ではなくて、一人しかいないのかな・・・」と思っていたのですけど
確かにきらら一人で部屋を独占していたようですね・・・
私の予想では、トワがノーブル学園入学となると
(トワの学費等諸経費は・・・多分・・・白金さんを通して海藤家に請求書が送り届けられるのかな・・??)
トワイライト時代から濃密な関係だったはるはるとトワが相部屋となり、
可哀想に・・・・ゆいちゃんがはるかの部屋追放(?)となってきららの部屋に居候・・・みたいな感じになると
思っていたのですけど、
きららのクラスにトワが転入してきて、
きららの部屋にトワが相部屋として入ってくるというのは少し予想外な感じもありました。

あ・・・だけど、これってすごーーく的を得ているのかも・・・・

だって・・・

当初の私の勝手な脳内妄想では、トワのあの大人っぽい立ち振る舞いからトワは2年生として転校してくる
はずだから、当然トワとみなみは相部屋と思っていたのですけど
まさかのトワの1年生設定・・・
そうですね・・・
トワの視点から見てしまうと、みなみは、「優しい頼りになるお姉さん」みたいな感じ・・
一方、はるはるだと例の甘えん坊&人たらし設定から
はるはるは「甘えん坊のベタベタ妹」みたいになってしまう・・・
トワ自身、慣れない生活というのもあるし、元々のお姫様体質というのもあるし、
現時点ではややヴァイタリティーが弱く一人では何もできない感じもあります。
ここは・・・やはり・・・トワ自身にも色々な意味での「自立」を促したい感じもあります。
そうなると・・・・
このきららとトワの組合せはある意味理想的ですし、
トワの自立とか独り立ちを自覚させるためには、ある意味最強の組合せとも言えますし、
みなみだとどうしても姉的感覚、はるはるだとどうしても妹的感覚になりがちな所で、
「一人の人間対人間」という「対等な立場」で物事を考えると、このきらら-トワの組合せはまさに
理想的とも言えますし、これは素晴らしい構成&演出と言えると思います。

それにしても・・・OPのトワの着替えシーンですけど・・・

おーーっ!! プリキュア史上初の「生着替えなのか・・・!!」と思わず息を飲んでしまいましたけど、
ま・・・確かに・・・
プリキュアらしい演出でしたね・・・・(笑)

あのシーン、本当に素晴らしかったですね!!

それと・・・
トワ自身がその使命と責任の重さのやドレスアップキーはまだ残り三つもある等で
表情がこわがりがちなトワなのですけど、
それに対するはるかの言葉はやっぱりはるはるらしいまっすぐな言葉・・・
「笑って、笑って・・!! トワさん、スマイル、スマイル!!」とかいって両手で二―――ッとするはるはるはマジ天使・・・
あれれ・・・この光景最近どこかで見たような気が・・・
あ、そうだ・・・
テレビ埼玉で再放送中の「スマイルプリキュア」第2話で、
部活のバレー部でアタックがうまく決まらず凹んで泣いているようにも見えたあかねちゃんをみゆきが
「元気出して!! スマイル、スマイル!!」とかいってやっぱり両手で二――――ッと笑う場面が
そうでしたね・・・!!
やっぱり「笑顔」というのは「プリキュアの素晴らしき世界」の一つの「魔法」ですよね!!

それと・・・「ドレスアップキーがまだ三つ足りない・・・」とアロマが言っていましたけど、
「大丈夫・・・!! 東京駅構内のプリティーストアに行けば、幾らでも売っているよ・・・」と何か余計な
ツッコミを入れたくもなりました・・・(苦笑・・)


eb453b33_convert_20150721200020.jpg


さてさて・・・きましたね・・・(笑)

追加戦士=転校生の恒例の「自己紹介」が・・・・

そうですね・・・歴代プリキュアでは、もう言うまでもないことですが、このシーンで屈指の名(迷)シーンが
出現しました。
有名な所では、エレンとひめが黒板一杯に自分の名前を書いたり
逆に、照れ屋のつぼみは、誰も読めないような字で小さく書いたり、
エレンのように、巻物の自己紹介文を延々と読み上げたり、
ま・・・色々ありましたよね・・・(苦笑・・)
中には、満と薫、くるみ、せつなのようにまともな人もいましたけどね・・・

トワだから・・・まさか、ポンコツ自己紹介はさすがにないだろう・・・と思っていたら・・・
早速やってくれましたね・・・・
「ホープキングダム」・「この世界」・「私が希望の灯となって・・・」
うーーむ・・・
きららのクラスの人達は・・・トワの事を「痛い子」とか「残念な人」とか陰ではそう言っているのかも・・・(苦笑・・)
ま、だけどこれは仕方ないですよね・・
だって、トワは・・・・ほんのつい最近まで、あの誇り高きディスピアの黒きプリンセス・トワイライト様
だったのですよ・・・
ま・・・、慣れない人間社会で、何となくは・・・一応は・・・適合しているのは、ま、さすが・・!!と
いう事にしておきましょう・・・(苦笑・・)

だけど、数学の問題を易々と解いたり、ヴァイオリンやバレエを難なくこなす辺りは
さすが、正真正銘の王女様・・・!!という感じですね!!
ま・・さすがにこのあたりは、どっかの小国の青いポンコツプリンセスとはエライ違いですね・・・・(苦笑・・)
そういば・・・
せつなもSSの満と薫も数学の問題は易々と正解を出していましたけど、
追加戦士は理系科目が得意という傾向にあるのかな・・・?



3007f36a-s_convert_20150721195908.jpg


それにしても・・・・きららは「あだ名付け名人」なのかな・・・?
はるか→はるはる みなみ→みなみんだから・・・
トワは、多分・・「トワトワ」とか「トワたん」とか命名するのかな・・・と予想していたら、
まさか・・・「トワッち」できましたね・・・・
なんかこれ・・・SSのカレハーンのあだ名が「カレッチ」というのと似ていますよね・・・(苦笑・・)

最初、予告編で見た時は、きららに対抗意識を燃やすトワ・・みたいな構図を予想し、
プリキュア5の初期の頃のような「りんちゃんVSかれんさん」みたいな対抗意識バリバリの険悪な雰囲気も
想像していただけに、
まさかこの二人の「百合シーン」が色々とお目にかかれるとは・・・・!!

本当に本当に良かったと思いますし、なんか・・ホント、晴れてこの回からトワも真の意味での
GOプリのメンバーになったような気もします。

トワ:「私だって、洗濯でも何でも自分で出来ますわ!!」

きらら:「着替えもお茶の用意も人にやってもらってたのに・・・??」

というシーンは・・・あれれ・・・もしかして早くもこの二人一触即発・・・?みたいな雰囲気も
無くは無かったけど、
実際に一緒の部屋で二人で生活してみると、きららの多忙さと日々の努力の様子は
一目瞭然ですし、
トワだって・・さすがに「何か」は感じざるを得ないでしょう・・・
考えてみると・・・・
プリキュア同士が一つの部屋で相部屋し一緒に生活するというのは初めてですね・・・
ラブとせつなは「同棲」とかよく言われますけど
部屋は別々でしたし、
エレンとアコも同じ調の館ですけど、部屋はさすがに違っていたでしょう・・・

そうそう・・・モデルの仕事の際、きららの髪型は・・・なんか・・見方によっては
トワイライト様のようなお団子ツインテールみたくにも見えますよね・・・
あれって、やっぱりきららとしては、トワイライトの髪型はファッション的には参考になるものが
あったのかな・・・??
それと・・・夜遅く、寮に帰ってきた際、きららはお疲れモードで、そのまんま布団に直行・・・・
あれれ・・きららはそれではお風呂にも入らずに寝ちゃったのかな・・・??


a32aefca_convert_20150721195957.jpg


あくびをしているきららは本当にマジ可愛い・・・!!

そのあくびの原因は・・・・

うーーん、仕事半分、トワ様半分という感じなのかな・・・??



2c00af5e_convert_20150721195730.jpg


476f97ab_convert_20150721195823.jpg


うーーん、ここでもあまり笑わないトワ・・・
というか・・・笑顔を忘れてしまったようなトワ・・・
ま、そりゃ無理も無いですよね・・・
つい最近までトワイライト様だったのですから・・・・(苦笑・・)
色々と慣れない点も多いし、自分の事はなんでも自分でやらないといけない環境だし、
ホントに・・・環境が激変してしまいましたからね・・・
それに加えて冒頭で指摘したトワ自身の自責の念とか不安みたいな心理もあるでしょうし、
また・・・学園内では、例えばシーツ洗濯一つとっても、「皆に迷惑を掛けるんじゃないか・・」みたいな
見に見えない不安は本当に多いと思います。
そういう場合、そうした「不安」に対しては、
みなみのようにお姉さん的に接する事よりも、はるはるのようにベタベタ甘える妹のように接するよりも
やっぱり・・・きららのように対等の立場で
「ダメなものはダメ!!」とはっきり指摘する方がかえって、トワ自身が内在する「不安」というものは
解消できるような感じもあります。
だからこそ、この二人のカップリングは大正解みたいな感じもありますし、大変好感が持てますし、
最近Goプリで感じていた「ギクシャク感」・「違和感」みたいなものは、ここにきて完璧に払拭できましたし
とっても素晴らしい回だったと思います。

そうした笑わないトワに対してきららは何をしたか・・・

そのいたずらっ子っぼい笑顔もよかったけど
トワを突然シーツでくるんで全身をコチョコチョしてトワを強制的に笑わしたのはとっても素晴らしい光景でしたし
笑ってしまうのですけど
とっても・・・何か・・・感動的な光景でもありました。

きららの「方法何てなんでもかまわない・・・とにかく笑ってしまえばいいんだ・・!!」みたいな豪快な笑わせ方
でしたけど、
確かにそれはそれで一理あるような気もします。
落ち込んでいる人は・・失望している人に対しては・・・
「カタルシス効果」といって、まずその人が根本的に抱えている「悩み」を打ち明けさせ
気持ちをすっきりとさせた上で
とにかく一度大声で笑わせる・・・
これは心理的効果としても大変効果が高いようにも感じますし、それを無意識のうちにやってしまうきららも
やっぱりすごいと思います。
ま・・・きらら自身も前日までは、仕事関係で少し凹んでいたので
トワをイジることできらら自身も何かスッキリとしたものはあったのでしょうね。

プリキュア5の映画/「鏡の国のミラクル大冒険」で登場したダークドリームも
「私・・・どうすれば笑顔になれるか分からなかった・・」とか言っていましたけど、
これは・・是非是非・・・きららと相部屋になる事をお勧めしたいですね・・・(笑)


ec1d2a7b_convert_20150721195933.jpg


959e10c0_convert_20150721195844.jpg



とにかく・・・・

きららとトワの素晴らしき「百合の世界」・・・・

本当に、本当に・・・・ごちそうさまでした!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2327-aeaeb430
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |