FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東京MXの「プリキュア5 GoGo!」もついに第40話まで進んでいます。
うーーむ、やっぱり週に二回も放映されると進展速度が速いですね。
つい最近第一話が始まったと思ったら・・・あと少しで最終決戦突入ですからね・・・
ファイブ DE チャンス前後回が終わった次の回に「ドリーム&ローズ」でもってイソーギン&ヤドカーンの幹部を
撃破し、
そしてここから5話連続で各プリキュアの「個人回」、つまり・・・2年間のシリーズの総仕上げというのか
各人のそれぞれの「夢」についての方向性の最終確認が提示されていきます。
この5話連続の個人回が全て素晴らしい話ばかりなので
この辺りは・・・プリキュア5GoGoの一つの大きな見せ場だと思いますし、
中盤の「シロップの一時的な裏切り→シロップとココの和解、そしてシロップの真の意味でのプリキュアの仲間確定」
あたりと並んでとっても印象的な回が当面続いていきますね。
私個人としては・・・第41話のりんちゃんのアクセサリー回のお話は
とってもとっても気に入っていて大好きな回です!!
あの回のおまけみたいなものですけど、ブンビーさんがケーキ店でバイトしている時に
偶然にも(?)のぞみ・りんちゃん・ムカーディアと遭遇し
「ええーーーーっ」と絶叫しているシーンは本当に・・・大好きでした!!





さてさて、今回のお話は「うらら」がメイン回です。
うららというと・・・・初代のひかりと並んで長らくの間プリキュアシリーズの数少ない中一キャラを
演じていたのですけど、
現役のGOプリでは、はるか・きららに加えてなんと・・・トワ(旧・トワイライト様)まで中一設定なので
うららの「価値」がその意味では幾分低下したのかな・・・(苦笑・・)

長年のプリキュアシリーズの一つの特徴として、各人が「夢」を抱き
その夢の実現に向けて各人がそれぞれに課題を持ちながら頑張っていく・・という事があげられ、
どちらかというと、
その「夢」の具体的な中身が決まったとか
その夢の実現に向けて現在奮闘中という所で終る傾向があり、
夢が具体的に何か体を為して具現化したというパターンは正直少ないのかもしれません。
のぞみ・かれんさんが先生・医師になりたいという夢は持ったけど、その夢の実現に向けて
第一歩を歩き始めたとか
ピアニストになって両親と共演したいという響の夢は、まさにスタート地点に立ったばかりとか
将来総理大臣になりたいというマナの夢は・・・まだまだ道半ば・・・・
などのように「夢の実現」によって目標をかえって見失うという事よりも
「夢はまだ実現できていないけど、その実験のために私は今もこれからも頑張り続ける!!」という事を
明確に子供たちに伝えたい・・・という制作者サイドからの「メッセージ」があるようにも感じられます。

そうした中・・・

うららの場合は少し例外的・・・

「亡くなった母親と同じミュージカルの舞台に立ちたい!!」といううらの夢は・・
この回のオーでティション合格をもって無事に叶えられます。
こういうパターンは歴代でも珍しいかもしれませんよね。
ま、うららの場合、無印時代から日々の努力は怠らない子でしたし、
結構オーディションにも落ちていた印象があるから、最後の最後で夢が叶えさせたと思いますけど
ま・・うららの場合、むしろここからが更なる飛躍のための第一歩に過ぎない・・・という感じもありますし、
現役のきらら共々、モデルとか女優の「道」は遠く険しいものがありますからね・・・・
うららもきららも本当の夢は「親子共演」という事なのかもしれませんけど、
既に母親は他界しているうららはそれは既に不可能な夢・・・・
だけど、シリーズを超えて、うららの7代後輩のきららがうららの夢を受け継ぎ、そうした「夢」を一足先速く
実現している事は
シリーズを超えてプリキュア達の「夢」が受け継がれていく事を示唆していて
大変好感が持てます。

さてさて・・・・今回のお話は、いよいよ「自分にはもう後が無い・・・ここで失敗するとエターナルでの自分の立場が
なくなる・・・」と追い詰められたシビレッタの策略が炸裂する回です。
(ま・・・シビレッタは、この次に登場する回で浄化=消滅してしまいますけどね・・・)
オーディションに向けて日々努力を重ねるうららの「歌声」を奪ってしまい、その歌声とローズパクトを
交換しようと持ち出す、プリキュアにしては珍しく敵側がえげつない事をしてくる内容なのですけど
これは多分・・・「人魚姫」をモチーフにしたのでしょうね。
だけど・・・
だからといってプリキュア達を人魚に・・・ココナッツシロップをタコ・フグ・亀にまでする事ないのに・・・・(苦笑・・)
ま・・・現役のGoプリにも正真正銘の「キュアマーメイド」がいますけど、
プリキュア5の場合は・・・そうですね・・・個人的にはかれんさんが一番人魚が似合っているような
感じもしました・・・
そういえば・・・・歴代でもスマイルプリキュアが人魚に一時的になってしまいましたけど、
あの時は・・・
やっぱり・・・・ポンコツのスマイルらしく、水中の中なのに、キュアピースがピースサンダーという
電撃を放ってしまったため、敵味方関係なく全員が感電してヘロヘロになってしまうというのは、
いかにも・・・「ポンコツプリキュア」らしいお話でしたよね・・・・(苦笑・・)

そうそう・・・・特にプリキュア5シリーズを見ていて思うのですけど
よくこの2年間のシリーズの中で、敵幹部がドリームコレットとかローズパクトのように
敵側にとっては「奪取して自分達のものにしなくてはいけない」至上命題のものを一旦はその手中に収めながらも
プリキュア達が横でギャーギャー言うもので煩くてついつい・・・
「えーーい、そんなにゴチャゴチャ言うのならお前たちを今倒してやる!!」と余計な事をしたばかりに
結果的にプリキュア達とのバトルに敗れただけでなく
そのローズパクト等も逆に取り返されてしまうパターンが多かったのは・・・
何かいつみても・・・「しょーがねーなー・・・」と苦笑していたものです。
プリキュア5の敵幹部の至上命題は主に二つ・・・
一つはドリームコレット・ローズパクト等のプリキュア側の重要アイテムを奪う事
二つ目はプリキュアを倒す事
なのですけど、
それだったら、一度ローズパクト等を手中に収めたのならば、別にあえてここでプリキュアと戦う余計な事は
しないでまずは一旦撤収して
親玉=上司にその奪取物を提出すればいいのに・・・と毎回毎回苦笑してしまうのですけど、
ま・・・その「ゆるさ」がプリキュアシリーズのポンコツマヌケ敵幹部の一つの持ち味にもなっていますからね・・・
「二兎を追うものは一兎をも得ず・・・」とはまさにプリキュア5の敵幹部にそのまんまあげてやりたい「格言」ですね・・
折角瞬間移動できる特殊能力があるのだから、まずはローズパクト等を入手したら
そのまんま瞬間移動すればいいのに・・・
またまた余計な闘いを挑んで・・・・と
ついつい・・・「またか・・・このマヌケ幹部は・・・」と楽しい意味で苦笑してしまいますね・・

ま・・・その点、プリキュア5【無印】のカワリーノとかスマイルのジョーカーとかスイートのメフィストは
ちゃんと分かっていて
アイテムを奪取と同時に自身もすぐにどこかに消滅していましたからね・・・


img_12_convert_20150721193730.jpg


1227323398.jpg



今回のお話も・・・上記の典型のような流れだったのですけど、
うららの歌声とローズパクトの「人質交換」を提案するシビレッタ・・・・
うららは・・「皆がこれまで必死に守ってきたローズパクトを渡すのは絶対に嫌!!」という感じなのですけど、
ま・・これはどうみても本心ではありませんね・・・
それを察したのぞみは・・・
「うららの長年の夢の実現の方が大事・・・ローズパクトはまたいずれ奪えばいい・・・」とメンバーを説得し
勿論他のメンバーも心地よく同意します
そして人質交換と言う流れになったのですけど
「まずはローズパクトをお渡し!!」というシビレッタの要求をそのまんま何も文句も言わないで素直に従ってしまうのは
いかにも・・・
「人を疑う事を知らない」純粋無垢なのぞみらしいお話・・・・

そして当然ながら・・・うららの歌声は返して貰えず、
ホシイナーに「プリキュアを倒せ!!」と命じられてしまう始末・・・・

ま・・・この辺りは・・・いかにもお人よしののぞみの「限界」を露呈した話にもなってしまいます・・・

あれれ・・・・このお話どっかで聞いた様な事が・・・とも思ったのですけど
そうそう・・・スイートの最終決戦にて、アフロディテとモジューレの交換というやはり「人質交換」のテーブルについた
響の姿と重なるものがあります・・・

あれは・・・・

まさしく「交渉人・響」という感じでしたね・・・・

アフロディテを人質に取られ、絶対的に不利な状況に対して、
「アフロディテに何かをしたら、あんたが欲しがっているモジューレをこの場で破壊する」という風に
響側も「交渉をする上での材料」を咄嗟に見つけ出し
一旦はファルセットに、交渉のテーブルに着かせる事を了解させた交渉人振りはなかなかのものでしたし、
あの時の響の「男前振り」は素晴らしいものがありましたし、
とにかく格好良かったです!!
ま・・・のぞみもかつては・・・
「私をナイトメア本部に連れて行け! でないとドリームコレットをこの場で破壊する」とカワリーノを恫喝した事は
あったのですけど、
あの時の危機的な状況に比べたら、今回の方が
「なんとかなるなるーぅ・・」と判断したのかな・・・??

ま・・・結果的にココの俊敏な判断で、くるみにタコとなった自分をシビレッタに向けて投げさせ
そこで大量のスミを吐き水中煙幕を張り、そのドサクサに紛れてシロップがドリームコレットと歌声が隠された貝を
無事に奪取し、
何とかなりましたけどね・・・
だから言わんこっちゃない・・・
シビレッタもローズパクトを人質交換で入手したのだから、ちゃんと素直にうららの歌声を返してあげて
自身は速攻で撤収していれば
この2話後での「自身の消滅」も避けれたはずなのにね・・・・(苦笑・・・)


img_31_convert_20150721193754.jpg


うららは無事にオーディションも合格し、
まずは・・・「自分の当面の夢」も実現します。
ま・・・うららは「自己上昇度」が高い女の子だから、次から次へと自らに更なる「難易度の高い夢」を
提示し続けるのでしょうけどね・・・
ま、それは・・・Goプリのきららも同じですけどね・・・

この回のラストシーンが実に秀逸でした!!

このシリーズの前期EDのテンポを落としたBGMを背景に
シロップと共に空中散歩をして、うららとシロップの二人でその夢を実現した人だけが味合う事が出来る
「幸福感」をたとえ一時的であるにせよ共感できていたのは
大変・・・ジーーンとくるシーンでありました!!

あの時のうららはマジ天使・・・という感じでしたね!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2326-b8c95d50
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |