FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


スマイルプリキュアのテレビ埼玉の再放送は、現在は・・・高校野球の埼玉大会のため、
またまた中断中・・・
うーーん、このままのペースでは、いずれもしかしてBSのスマイルの再放送に追い抜かれるかも
しれませんよね・・・
3年前のフレッシュの再放送の際は、9月以降週に2話放映して、何とかペースを戻していましたね。

さてさて、今回は中断前の第15話は、プリキュアとしては恒例の「母の日」にまつわるお話でした。
そうですね・・・
歴代プリキュアにおける「母の日」絡みのお話は・・・
多分誰がどう解釈しても、ハートキャッチのなみなみのお話が一番心にじーーんときますよね。
正直、私自身もあのハートキャッチのお話は・・・・
もう・・・涙をこらえるのがやっと・・・・と言う位、とにかくしんみりとさせられたお話でしたし、
感動しまくりのお話でしたね。
(マリンは・・・ラストシーンはずーーっと号泣していましたね・・・ああいう時、逆にブロッサムの方がメンタル的に強い
というのも何か面白いものがあります。
あっ、そうか・・・・スイートでも、一見強そうな響が意外と涙もろく、一見すぐに泣いちゃいそうな奏の方は
シリーズを通して実は・・・ほとんど泣くことが無いほど芯が強いという事とも重なるような気がします。)

そっか・・・今作のGoプリに「母の日」絡みの話が出てこないのは、そういえばノーブル学園は全寮制でしたからね。
個人的には・・・
母-娘の交流を描いた話としては、SSの咲のお母さんの「グローブ」を巡るお話も大変感銘深いものが
ありました。
母の日絡みではないけど、スイートのまりあさんと響の交流の話も本当に素晴らしい回でしたね。
あの時のまりあさんの・・・・
「頑張るのに疲れたら、弱音を吐いたっていい・・・・ママの胸はいつも響の特等席」というシーンは・・・
本当に本当に・・・素晴らしいものがありました!!
(私、このシーン、本当に大好きです!!)

さてさて・・・・それでは・・・「スマイルプリキュア」の母の日絡みのお話はどうだったかと言うと・・・・
そうですね・・・・
涙、涙・・!!の感動回・・・という事は、予想通りあるはずもなく、
スマイルらしいポンコツ話というのも、本当にいかにもスマイルらしい話であり、
本当に「スマイルプリキュア」は一年間を通して、「ポンコツと笑顔」を大切にしたシリーズなんだな・・・・と
その一貫したストーリー性と制作者サイドの意志の強さに本当に感銘を受けたりもします。
スマイルの場合、一年間を通してギャグ回をひたすら貫き通してくれましたけど、
例えば・・・やよいの亡き父親との心の交流を描いた話とかなおちゃんのリレーのお話とか、
たまーに感動的要素満開の話を持ってくるから、
その普段とのギャップに驚きながらも、ついついその「感動的要素」にコロッ・・・・と心が陥落してしまうのですよね・・・(苦笑・・)

そんな中、スマイルの母の日回では、
素晴らしい事実が判明していましたね・・・!!
そう・・・みゆきのママの星空育代さんの、あまりにも美人すぎるママ振りでしたね・・・・
(育代さんの陰に隠れがちですけど、やよいのママもかなりの美人でした・・・!
あかねとなおのママ達が・・いかにも関西のおかんと日本のおばちゃんというのは・・・
これは・・・・
ハピネスのめぐみ-ひめ対ゆうゆう-いおな以上の「プリキュア内格差」という奴なのかな・・・??)

改めてですけど・・・・星空育代さんの美人ママ振りは・・・歴代でも屈指と言う感じですね。
うーーん、これは・・・
みゆきのパパは・・・多分・・・仕事が終わったら、寄り道なんかしないで同僚や上司の誘いもキッパリ断って・・・
まっすく゜家に帰る事は・・・・間違いなさそうですね・・・・





abd946c6_convert_20150717160002.jpg


942ffd27_convert_20150717155904.jpg



プリキュアシリーズでは、ママ達の出番は多いようで少ないという感じてしょうか。

全般的にプリキュアシリーズの「大人」達は、真の意味の大人で
マヌケなプリキュア達を温かく見守り、時に励まし、時に正しい方向へ導く
という感じの役割を担っている気がします。
特にそれが顕著だったのは、
初代のほのかの祖母のさなえさんとか
プリキュア5の坂本じいやさんとか
フレッシュのカオルちゃんとか
スイートの音吉さんとか
ドキドキのセバスチャンとかが印象的です。
だから・・・・ドキドキのジョー岡田とかハピネスのブルーなんかは・・・大人ポジションなんだけど
とてつもなく胡散臭く感じてしまうのは、
ま・・・その辺りは・・ご愛嬌という感じですね。
そういば・・・現役のGoプリのこうした大人ポジションというと・・・白金さんと望月理事長なのでしようね。

プリキュアにおけるママさん達の役割としては、
初代・スプラッシュスター・フレッシュ辺りは登場頻度も高かったような気もしますが、
プリキュア5・ハートキャッチ・スマイル・ドキドキはそれ程
ストーリー全体に大きな影響を与えていない感じもありましたけど、
ま、その辺りは・・・・制作者サイドの考え方や全体を通しての演出で大分変ってくる傾向にありますからね。

その中で、印象に残るママ達は、個人的にはやはりプリキュア5ののぞみとりんのママですね。
(うららのママは亡くなっているし、かれんとこまちのママは登場すらしない・・・)

のぞみのママは、まさに「あの娘にしてあの親あり」という感じそのままですね。
というか、親子揃って、りんちゃん親子に足を向けて寝られないという
感じですね。
のぞみのママとりんママの中学生時代は、本当にのぞみとりんの関係そのまんまという
可能性すらありそうですね。
のぞみママは、昔・・・・洗濯機の中に食器を入れて洗おうとしたというエピソードは・・・
うーん、まさに娘ののぞみにそっくりそのまんま受け継がれてしまいましたね・・・・(苦笑・・)
多分・・・りんちゃんママは・・・
何かと手が掛るのぞみママを
「しょーがないわね・・・」と口ではブツクサ言いながらも、きちんと色々な面でフォローを入れていたと
思いますけど、
まそか・・・そうした光景が自分達のJr世代でも繰り広げようとは・・・当時の二人は知る由も無かった事でしょうね・・・

よく歴代プリキュアのママ達美人ランキングなんて聞きますけど、
その中では、みゆき・やよい・奏・美希・つぼみ辺りがベスト5という意見があります。

個人的には、りんちゃんママが好みというか、魅力を感じます。
気が強そうな反面、優しそうで面倒見が良い点は・・・まさにりんちゃんそのまんまという感じもしますし、
頭に被っている頭巾を取ると・・・結構な美人さんであるという事を知っている人は・・・意外と少ないのかも・・・??

スイートのまりあさんも結構気に入っていますが、設定上普段は外国の演奏旅行に
行っていて中々登場してこないのが、少々歯がゆい所です。

よくのぞみとみゆきは似ている・・という話がありますけど、
確かに、例えば「母親へのお手伝い」という事一つとっても二人のアホっ振りはよく似ていますよね・・・
ま・・・どちらも・・勉強も家事全般はダメダメ・・・というのは似ているけど
まだみゆきの方がいくらかマシなのかな・・・?
のぞみは・・・お約束通り(?)皿洗い時に皿を叩き割ってしまいましたけど、
みゆきは・・・一応は・・・無事に洗っていましたよね・・・(苦笑・・・)
ま・・・のぞみ大先輩も相当ひどかったけど、
コーヒーに砂糖と塩を間違えて入れたり、洗濯をする際に洗剤の代りに入浴剤を入れたり
ま・・・どっちもどっちでしたね・・・・(苦笑・・・)

ま・・そうした際のプリキュア達のママ達の娘たちを見守る温かい視線といものは・・・やはりいいものですね!!



3c063952_convert_20150717160138.jpg


今回の話はみゆきと育代さんがメインですので、
不器用で見た目の仕上がりが少々悪くてもみゆきが育代さんのために手作りしたチャームを
「一生懸命手作りしてくれたその気持ちが嬉しいの・・・」と優しく微笑む育代さんは・・・
まさに・・・
日本のお母さんの鑑という感じがしますね!!
ホント、この辺りは・・・まさにプリキュアの「母の日」回のエピソードとしてはベタすぎるのですけど
やはり・・・
いいものですね・・・!!

そうした中・・・プリキュア達とウルフルンの戦闘シーンの中で、キャンディがうっかりみゆきが手作りしたチャームを
落としてしまい、それをウルフルンに拾われ、
「下手くそ!」とか「こんなもん貰って喜ぶ奴がいるのかよ」と例によってえげつない事を言われ
「そうだよね・・・」と落ち込むハッピーに対して
「それは違うで・・・!!」と関西弁で反論し、ウルフルンに立ち向かうサニーは・・・
まさに・・・「兄貴」そのものでしたね!!
ああいう時のサニーは本当に男前で格好いいですし、ああいう時の関西弁は関東の言葉と違って
言葉自体に何か「切れ」とか「シャープさ」があるから
関東に住んでいる私にとっては、何か「爽快感」とか、「エライでサニー!! よう言ってくれた!!」みたいな
満足感みたいなものがありましたね。

また、今回のエビソードは、メンバーが全員「手作り」をしてそれを各自の母親たちに
プレゼントするという話でもありましたけど、
粘土をこねる所から開始しロクロを使って形を整え焼き上げ、こだわりの湯呑を作り上げてしまうれいかは・・・
やっぱり・・・ある意味すごい・・・
ま、やよいの母親のポートレイトを描きあげるというのも凄い事ですよね・・・
あれれ・・・
れいかって考えてみると、よくあんな短時間でこうした陶芸作品を作り上げましたね・・・
一体どうやってあんな短時間で・・・乾燥させて素焼きまでやったのでしょうか・・・??
うーーん、もしかして・・・「炎」が属性のあかね=キュアサニーに変身してもらって
サニーの炎で一気に湯呑を焼き上げたのかな・・・??

それにしても・・・この話で一つ面白いエピソードがありましたね・・・

お小遣いが無いから母の日のプレゼントを買えないと嘆くみゆきに対して他の4人は
何か特技を生かしての手作りを勧める事になったのですけど、
みゆきが・・・
「それじゃ、私の特技ってなーに?」と「例えば・・・?」とれいかに尋ねてみたのですけど・・・
「あれれ・・・このポンコツ娘のみゆきちゃんに何か特技ってあったかしら・・・?」という事に気が付き
困惑したれいかは・・・
即座に・・・隣のなおちゃんに・・・しれっとした顔で「例えば・・・?」と悪魔のようなスルーパスを出してしまうのが
とてつもなく楽しかったです・・・
そして・・・なおはやよいに・・やよいはあかねに、それぞれ「例えば・・・?」とスルーパスを出した挙句・・・
あかねがみゆき本人に・・・「例えば・・?」と振り出しに戻させてしまう辺りは、とてつもなく面白かったし
いかにも・・・ポンコツのスマイルらしい話でしたね・・・(笑)



baa97325_convert_20150717160305.jpg


最後に・・・・

みゆきを温かい眼差しで見つめる4人ですけど、座り方も四者四様というのが実に面白いというか
メンバーの「個性」がはっきりしているスマイルらしい設定ですね。
いかにもお嬢様らしいれいかに、いかにも少女っぽいやよい、そしてあぐらをかいているあかねに
足を組んでいるなお・・・

一年間「スマイル」を大切にしながらもメンバーの際立った個性と
5人のそれぞれの「夢の実現」のために、一生懸命羽ばたいたスマイルの物語も、私は・・・
本当に大好きです!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2319-14d0d95c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |