FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


6.柳町中学校

 B/歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲(ニコライ)


 私の記憶なのですけど、吹奏楽専門雑誌の「バンドジャーナル」(通称、BJ)の1983年1月号の
 82年の全国大会・総評の記事において、
 誰だったかな・・・
 この年の超難関課題曲B/序奏とアレグロについて、
 「この課題曲Bのシリアスな曲想をキープしつつ、アレグロの部分においてテンポを一定に保ちながら
 無機質に且つスピード感さとシャープさを内在しながら曲を進めていくという作曲者の意図を理解できた
 演奏が出来たチームは意外と少なく、
 秋田南・仁賀保・名古屋電気・瀬田中・柳町中の演奏くらいしかお目にかかれなかった」みたいな事を
 書かれた先生がいましたけど、このコメント、何か分かるような気がします。
 私の中では、この課題曲B/序奏とアレグロの全部門を通した最高の名演は仁賀保高校だと今現在でも
 確信しているのですけど、
 その他には・・・・銅だけど長野の屋代高校とか東北大会のダメ金だけど花輪高校とか
 尼崎西高校とか神奈川大学の演奏が大変素晴らしいものだったと思います。
 その中で、BJの前述の記事の中で、この柳町中の課題曲Bについてもそうした演奏の一つとのコメントが
 ありましたけど、
 私自身も、それで間違いないと思っています。
 柳町の課題曲Bは、多分・・・中学の部の中では最優秀に近いと思います。
 序奏は・・・トランペットソロを含めて少し固さが感じられ、特段強い印象は無いのですけど、
 アレグロに入ってからの「安定度」は半端無いものがあり、すごーく淡々と進展しているのですけど、
 少しも「淡泊」という印象は無く、スピード感と音の切れを終始保ったまま、
 最後までこの無機質な曲想を保ち続けているのは凄いと思いますし、こんな難しい課題曲も
 わずかなミスも無く集中度を保っていたのは賞賛に値すると思います。
 個人的な感想なのですけど、
 最後のトロンボーン等による最後の三つの音が少しだけ・・・せせこましいというか、
 指揮者の解釈としては「一気呵成にたたみかけるように終わらせたかった・・」という意図は感じたものの
 少し乱暴な終わらせ方だったのかな・・とも思いました。

 一方、自由曲ですけど、課題曲との極端な対比が実に面白いし、指揮者もそれを狙っていたと思いますけど
 課題曲の無機質なスピード感と
 自由曲ののんびり・おっとりとした感じの「極端な落差」が実に「ブラボー!!」でした。
 というか・・・・
 このチームの場合、課題曲の時点で、ほぼ金賞確定みたいな貫録はありましたけどね・・・
 この自由曲の歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」は、原曲のヴァイオリン部分を担当するクラリネットセクションは
 ずっと吹きっぱなしという印象が強く、
 「大変だっただろうな・・・」と思うのですけど
 クラリネットセクションは、そうした大変さを全く感じさせず、むしろのびのびおおらかに吹いていたのが
 とても素晴らしかったですし、
 曲全体としても流れが実に自然で申し分なかったと思います。
 ラスト近くのピッコロの高音が、いかにも「曲が終わる・・」みたいな雰囲気を醸し出してくれていて
 この序曲の素朴さ・楽しさを改めて私達に伝えてくれていたと思います。
 
 本当に、文句のつけようが無い素晴らしい演奏でした!!

 この柳町中ですけど、この学校ある意味凄いですよね・・・
 全国大会出場は1979年なのですけど、
 中学校の吹奏楽部の場合、一度指揮者が異動してしまうと、全国や支部への出場そのものが
 中々難しくなるという傾向が強い中、
 (最近、色々とネタにしたアニメ「響け! ユーフォニアムも実はそうでした・・・・北宇治高校はかつては全国大会にも
 出場した事がある関西の名門チームだったのに、指揮者が変わると没落し、滝先生が赴任する前は
 ずっと府大会銅賞が続いていた・・という設定でしたね・・・)
 この柳町中は、このB/ウィンザーで全国大会の初金賞をもたらした内田先生→小池先生→石川先生→
 青木先生→山岸先生と指揮者が何代に渡って変わり続けてもつい最近までずっと全国大会の常連チーム
 だったというのは凄い事だと思いますし、これは偉業に近いとさえ思います。
 この学校は内田先生時代、
 1979年→イベリア 80年→狂詩曲「スペイン」 81年→寄港地~ヴァレンシアとなぜかずっと「スペイン」に
 こだわった選曲をされていたのですけど、
 1982年は「スペイン」系から離れた所で・・・・念願の初金賞を受賞します。
個人的には、小池先生自体の幻想交響曲と石川先生時代の「ガイーヌ」と「エスタンシア」が大好きです!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ついでですので、オットー=ニコライの歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」について
少しだけ書きたいと思います。

シェークスピアの戯曲を音楽化した例って色々ありますよね。

オセロ・ロメオとジュリエット・マクベスなど色々ありますし、
例えば・・・・
メンデルスゾーンの劇付随音楽「真夏の夜の夢」とか
プロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」とか
ヴェルディーの歌劇「オテロ」とかあったりします・・・・
(個人的には、吹奏楽オリジナル作品ですけど、リードの「オセロ」は不滅の名曲だと思います・・・)

上記以外には、小品なのですけど、、印象的な作品として
ニコライの歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」があると思います。
ちなみに、ニコライという方は、ウィーンフィルの創設指揮者です。
詳細は私もよく分かりませんが、ニコライは、作曲家というよりは指揮者としての仕事の方が
忙しかったのかもしれませんよね。
ニコライの曲で、現代でも演奏され続けている曲は
この歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲くらいなのかもしれません・・・
だけどこの序曲は8分程度で短いけれど、
底抜けに楽しくて明るくて軽くてノリがよくて、それでいて品が良い
素晴らしい名曲だと思います。
出だしは、ゆったりと始まるのですが、展開部以降はずっとアレグロで進展し、
ラストまでキビキビと曲を進めていきます。
シェークスピアの戯曲は、私も一度読んでみたことはあるのですが、
一言で言うと、浮気好きのバカ亭主どもを、策略と機智で懲らしめる
奥様方のユーモアを描いた作品なのですけど、
そうしたウイットが実に8分足らずの序曲に集約されていると思います。

この曲何度か生の演奏会でも聴いたことがありますが、
結構印象的だったのは、N響のホルストシュタイン指揮の演奏だったかな・・・
.レナルド指揮の新星日本の演奏も地味ながら印象的でした。

しかし・・・・古今東西、どんな時代においても・・・
男ども・・・特にバカ旦那たちは・・・「浮気」の虫は・・・付き物なんですね・・・・
そして・・・
奥様方によって、それがバレバレになっても、シラを切り通し、最後は・・・・
「ごめんなさーーーい、二度と浮気はしませんから、是非是非お許しを・・・」という事になるのは・・・
「お約束」なのですよね・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

唯一の!

柳町中、地元では「りゅうちゅう」と呼ばれてる様ですね(長野県民談)

内田先生時代の演奏、どれも好きです。派手さはないんだけど、聴いててホッとする感じ。和むんですよ。

たしか唯一の金賞でしたね。ウインザーは。

「はかなき人生」も素晴らしい演奏でした!!

渚スコープ 様


あの学校は地元では「りゅうちゅう」と呼ばれているのですね・・
「やなちゅう」ではないのですね・・(笑)
あ・・確かにご指摘の通り、あれだけ全国大会に何度も出場しているのに金賞は1982年のウインザーというのは
意外な感じがします。
個人的な意見としては、石川先生時代は全て銀賞なのですけど
あの素晴らしい積極果敢な演奏は、全て金賞と評価されても決しておかしくはないと思いますし、
ガイーヌ・エスタンシア以外では、特に特に・・・
ファリアの「はかなき人生」から間奏曲とスペイン舞曲が大変素晴らしかったと思いますし
前半と後半のダイナミックスレンジの巾の広さが大変印象的でした!!

光が丘女子と…

石川先生時代の演奏もいいですね。
確かにファリャの演奏もとても良かったのに、銀賞は惜しいです。

エスタンシア、はかなき人生(翌年スパルタクスもかな?)同じ東海代表の光が丘女子も同年に演奏。
当時は両校ともアレンジャーの仲田守氏とプロジェクトを組んでたと噂で聞きましたね。

光が丘女子のエスタンシア

渚スコープ  様



光が丘女子の全国大会初出場がこの渡辺先生時代の「エスタンシア」でしたよね。

だけどこのエスタンシア、現在の日野先生の演奏から考えると、考えられないほど
粗っぽく豪快なドライヴの演奏でして、
この演奏、私も普門館で聴いていのですけど、とにかくエキサィティングで
ひたすら荒っぽいけど、「音楽の躍動感」は感じさせてくれる演奏でした。
小太鼓奏者3人によるラストの終曲の踊りがとっても楽しかったです。
だけど翌年の「はかなき人生」はエスタンシアとは打って変わってしっとりとした演奏を聴かせてくれていたので
正直・・・・驚いたものでした・・・

柳町の1995年の「スパルタカス」は、それまで慣れ親しんでいたハンスバーガーのアレンジではなかったせいもあり、
調が高めというか原曲通りの調設定だったと思いますが
逆に違和感を感じてしまったものです・・

エスタンシアからはかなき人生、成長著しく

おっしゃる通りだと思います。
93年の荒々しさも好きですが、94年はまるで別なバンドの様にしっとりしたサウンドが良かったです。

95年は惜しくも代表なれず。しかし会場で聴きましたが前年よりも更に素晴らしかった。
初代表の安城学園ももちろん良かったですが、個人的には光が丘女子のラメセス&スパルタクスの方がインパクト有りました。

思わずビデオまで購入した次第です(笑)

Re: エスタンシアからはかなき人生、成長著しく

渚スコープ 様


この時代の東海ブロックは、光ヶ丘・安城の他に富士見という女子高も私、結構好きで
いつの日にか全国大会代表になってくれないかなと思っていたら、今のところは実現できていないようですね・・
光ヶ丘がまだ無名の頃の、古祠とかロシアのクリスマス音楽あたりは、1994年のあの「しっとり感」を先取りするような
感じもあり悪くはないと思います。
1988年の富士見の「小組曲」なんか東海第一みたいなヘンな曲を代表にするくらいなら、こちらの方が
むしろ相応しいような気もしますね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2316-93619200
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |