FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


世間では・・・・7/18~7/20は「三連休」となっていますが、
毎回毎回書いている事ですけど、世間が土日を挟んで三連休の間は、私は毎回毎回仕事で出勤・・・
7/18も普段はあまり混んでいない道路も行楽関係の車が多いせいでどこも渋滞ばかり・・・
とあるクレーム対応のため、指定された時間に間に合うかどうかギリギリのタイミング・・・
だけど遅れずに間に合ったとしても、クレームでギャーギャー怒られるだけ・・・・
うーーん、遅刻しても地獄、間にあっても地獄・・・
ま、世の中そんなものですね・・・(苦笑・・)


そうですね・・・・
この埼玉銘菓「十万石まんじゅう」の「うまい、うますぎる・・・」のネタは・・・
本当にこの「浦和の調ちゃん」ネタとしてこのブログでも
しつこいほど多用していましたね・・・・(苦笑・・)

ま・・・それだけ、埼玉県には、「これぞ埼玉!!」という全国的知名度がある名産品が少ないという事で・・・
ま・・・、その大目に見て頂けるとありがたいです・・・

例えば・・・

秋田県ならば、はたはた・きりたんぽ鍋

宮城県ならば、萩の月・牛タン・ずんだ餅・ほや貝

静岡県ならば、お茶・みかん・うなぎパイ

愛知県ならば、ういろう・ひつまぶし・味噌カツ

広島県ならば、広島風お好み焼き・もみじ饅頭・牡蠣

などのように、この県ならばこの特産品・名物というようなものが一つぐらいは思い浮かぶのだと
思うのですけど、
埼玉は・・・うーーん、何も無い・・・(苦笑・・・)
ま、せいぜい・・・狭山茶と草加煎餅くらいなのかな・・・
だけど、お茶は静岡には足元にも及ばないし、煎餅は・・・うーーん、正直どこにいってもあるし・・・
やっぱり埼玉県は・・・
日本の首都・東京の隣の県=東京都のベッドタウンとしての魅力が一番大きいのかな・・

そんな中・・・数少ない「これぞ埼玉!!」というのが「十万石まんじゅう」なのかな・・・・??

だって・・・この「浦和の調ちゃん」でも真っ先に埼玉ローカルネタとして登場したのが、これでしたけど、
正直・・・・
他には・・・・
なーーんにも無い・・・というのが埼玉県ですからね・・・・

ま、その「なーーんにも無い」とか「無国籍・無県民性」というのが埼玉県の一つのステイタスなのかも・・・・






この「うまい、うますぎる・・」ネタは第三話で使用されていましたけど、

実は・・・

このブログでも既に書いている通り「浦和の調ちゃん」は、既に再放送もスタートしています。
先日、その再放送の第一話を何気なく見ていたのですけど、
本編とEDの歌が終わって、CMに入ったのですけど、
そのCMが・・・・
例の・・・
尺八がホワーーーーッと入ってきて「風が語りかけます・・」と例の十万石まんじゅうのナレーションが入ってきたので
「あれれ、第一話の再放送から既に十万石まんじゅうがCMとして流れてくるのか・・・」と苦笑していたら
なんとこれが・・・・
十万石まんじゅうのCMではなくて、
「早い、早すぎる・・・・テレビ埼玉の高校野球速報・・・」というナレーションが流れてきて、
何か・・・・
思いっきり全身から力が抜けてしまいました・・・・(苦笑・・・・)

うーーん、テレビ埼玉(テレ玉)もなかなかやるものですね・・・・(苦笑・・・)

まさか・・まさか・・・、埼玉県民ならば多分・・・・30%程度の認知度はあると
思われるあの十万石まんじゅうのパロディーをやってくれるとは・・・
いやいや、テレ玉も中々お茶目な所もあるんだな・・・と何か妙に改めて感心したものです・・・・


20150410-u001_convert_20150714171723.jpg


d70dd65a_convert_20150714172140.jpg



ま・・・・この「浦和の調ちゃん」第一話は、
調ちゃん(うさぎちゃん)の調神社(つきのみや神社=通称・うさぎ神社)への参拝シーンと
登校シーンだけで終わるというもので、
内容は・・・・まさに何も無い・・・
だけどこの「何も無い」・「何も起きない」という「ゆるさ」こそがこのショートアニメの良いところでもありましたし、
本当に、ほのぼのとした感じとか
「日常の小さな幸せを大切にしましょう」みたいな制作者サイドのメッセージも伝わってきて
改めて・・・・
「ああ、素敵な作品だな・・・」と思ったりもしましたけどね・・・・

うーーん、改めて第一話を見てしまうと、常盤・南・緑もいいけど、高砂調は、本当に可愛くて
素敵な魅力に溢れていましたね!!

そんな調ちゃんも何も無い埼玉も・・・私は大好きなんでしょうね・・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは^^
私も、十万石饅頭とコラボ?した
高校野球速報のCM観ました(笑)
なんと言えば良いのか・・・
一つ言える事は、ぬくぬく先生があのCMを観た、
という事が、非常に嬉しかったです。。。
自分だけではなかった・・・という(苦笑)

主人と、
おおー、すごいねぇ、神社が正にそのまま描かれてるよぉ〜
なんて観ていたら、3分半くらいであっという間に終わってしまって、
5分とは分かっていたものの、短くてびっくりでした。
その短さが良いのでしょうけれど。

埼玉県の名産と言えば、
今はやっぱり深谷ネギっぽいですね。
サザエさんが放送45周年という事で、
日本橋の三越ででサザエさん展をやっていたのですが、
ここで売っていた『ご当地タマ ストラップ』の猫のタマが、
頭にネギを乗せておりました。
東京はパンダでした。
私はパンダが好きなので、
東京のストラップを買いました。
埼玉県民なのに!^^;

うまい、うますぎる・・・・

碧色珊瑚 様


あのテレ玉のパロディーは・・・
これは分かる方は・・多分・・・碧色珊瑚 様しかいないのかなと思っていただけに
こうしたコメントを頂き、私は・・
大変感動しております・・・!! 感涙ものですね・・・(笑)

確かに調神社の描写はまさに的確という感じでしたね。
第11話の北浦和駅西口の描写は・・・
多分あれは地元民が見れば「すごい・・・」と思わず感じてしまう程の
素晴らしい再現力に溢れていましたね。

埼玉名物は・・・あ、そうですね・・「深谷ネギ」がありましたね。
そういばそれを使った片岡食品の「ねぎ味噌煎餅」というのがありましたけど、
このねぎ味噌煎餅も
この「浦和の調ちゃん」のネタで登場していて、何か面白かったです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2313-af504a35
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |