FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


歴代プリキュアにおいては、毎年恒例ともなっているのですけど、
大体20~23話前後辺りに前半の「クライマックス回」を持ってくるのがお約束にもなっているのですけど、
前作/ハピネスチャージの場合は、ひめといおなの和解とキュアフォーチュンの再生というのがそれに該当
していましたが、
今年のGoプリは・・・・やはりというか、予想通りトワイライト様の四番目のプリキュア化という事に
落ち着きましたね・・・
それにしても・・・・あの「誇り高きトワイライト様」が比較的あっさりと・・・闇落ちならぬ光堕ちしてしまい、
本来の姿のトワになってしまうとは・・・・
この辺りの過程はもう少しじっくり展開してくるのかな・・と思っていただけにあっさりとトワイライト様が
ただの「小娘」・・・(泣・・)になってしまい・・・
4月下旬から、何かと言うと「トワイライト様、トワイライト様・・・」とすっかりトワイライト様の猛毒に侵された私の脳は・・・
一体どうすればよろしいのでしょうか・・・??(苦笑・・・)
ま・・もっとも、この回の次の回には、予想通り、トワはキュアスカーレットになってしまい、
つい最近まで、「黒き悪のプリンセス」として君臨してきたあの誇り高きトワイライト様とトワ=スカーレットの
あまりのギャップに・・・・そうですね・・・
正直、私自身があまりついていっていない感じがします・・・・
ま・・・・そのあたりが、世間的な評判とは全然異なる印象になってしまうのですけど、
今作のプリキュアの中盤のクライマックスが何か・・・・今一つしっくりこない・・・・という私自身の感想になっているような
感じもします・・・
そうですね・・・・前作/ハピネスチャージの計5話に渡る、プリンセスとフォーチュンの和解の流れがあまりにも
神的なクオリティーと展開でしたので、
どうしても・・・正直に書くと、私の中では今作/Go! プリンセスの方が全然見劣りがしてなりません・・・・
(ま・・・そのように感じる人は・・・・多分・・限りなく少数派だと思いますけどね・・・・)

ま・・・・それはどうでもいいとして・・・

21話と22話を見た感想を改めて簡単に書いてみると・・・・

第一話冒頭シーンとの鮮やかな対比が印象的です。
第一話においては、はるかが「私・・・プリンセスになれるのかな・・・」と思い悩んでいる時に
「なれるよ・・・」と声を掛けたのはカナタ自身・・・・
そしてカナタの言葉は・・・まさに「希望」の象徴でした。
一方・・・まだ幼くヴァイオリンすらまだ上手く弾けていなかったトワがやはり「私、(グラン)プリンセスになれるのかな・・」と
思い悩んでいる時に声を掛けたのが・・・まさに・・・ディスピアで、
そのディスピアの言葉は・・まさに・・・「絶望」の象徴・・・
そのように、全く「同じ言葉」でも、結果として全く対蹠的な「運命の違い」がその後の二人に襲い掛かる訳なのですけど、
その事は・・・
これは第22話の内容になってしまうのですけど、
カナタが奏でるあの明るいヴァイオリンのメロディーラインと
トワイライトが奏でるあの陰鬱で哀しい響きのヴァイオリンのメロディーラインのあまりの違いなんだけど・・・・
実は・・・
この二つの対照的なメロディーラインは、二つで一つの曲であった・・・
みたいな事を示唆しているような印象もありました。
ま・・・これは・・・・スイートプリキュアの「幸せも不幸も表裏一体の世界であり、二つで一つ・・・」の世界観を
シリーズを超えて、プリキュアとして受け継がれたものなのかもしれませんけどね。

過去のプリキュア作品からの継承という観点から述べると、
第21話と第22話は、過去のシリーズの話とかなりリンクする点はあるのですけど、
それは別に「パクリ」とかそんなものではなくて、むしろ、「継承→発展→新しい発見」みたいな雰囲気があり、
そこにGoプリとしての独自性も色々と感じられ、
大変興味深いものもありました。
そうですね・・・・
これは随分以前から書いていた事なのですけど、
トワイライトがプリキュアになる必然性・動機をよほどうまく描かないと、この物語が崩壊してしまう危険も
孕んでいると危惧していたものですけど、
この辺りについては、
過去のシリーズの「伝統」を継承しながらもGoプリらしい解釈も盛り込み大変面白かったです。
その動機とは何かと言うと・・・・
これは既に第20話でも提示されていた事なのですけど
幼きトワ自身が望んでいた夢・・・・すなわち・・・「グランプリンセス」になる事・・・・
だけどこの「グランプリンセス」というものは、まずは・・・その第一関門として本人がプリキュアとして覚醒しないと
なりたくてもなれるものではない・・・・
だから、そうした意味においては、トワイライトとしての呪縛が解放されたトワがプリキュアとして覚醒してしまうのは
まさに自明・・・・というかストレートな必然性があるのですけど、
それに加えて・・・・
トワの「グランプリンセスになる事」を「贖罪意識」以上にプリキュアとしての覚醒要因にもってきたのは
大変個人的には・・・・興味が魅かれました。

ま・・・・この贖罪=罪滅ぼしというワードは別に特に目新しい事ではありません・・・

歴代プリキュアでこれが最も顕著に表現された事例は・・・そう、言うまでも無くキュアパッションなのですけど、
キュアビートもそうでしょうし、
広い意味で言うと、ハピネスにおける地球の平和を取り戻した後にブルー-レッド兄弟と共に惑星レッドの
復興のために地球を去ったクィーンミラージュもそうなのでしょうし、
キュアプリンセスのフォーチュンに対する謝罪も
そうなのでしょう・・・
ま、何と言っても感銘度という点ではパッションの一連の流れが大変印象的ですし、
「私は笑っていけないし幸せになってもいけない」と思い悩むパッションの姿は、まさに・・・
第23話で「私は笑顔を見せてはいけない」と自らに釘を差すトワと思いっきり被るものがあります。
フレッシュの場合、物語の「軸」は、私の解釈としては、プリキュア達の活躍というよりも
むしろ「せつなの救済の物語」という方が強いと思っているのですけど、
せつなの場合、
まさにトワが自身のトワイライト時代の様々な悪行とか
自身の「(ディスピアにそそのかされたという側面はあるにせよ)のこのことディスピアについていき
結果としてホープキングダムの国民を冷たい檻の中に閉じ込めてしまい、
ホープキングダムの滅亡とカナタの行方不明を招いた事で自分自身を限りなく責め続けている事と
強烈に被ってしまうものがあります。
そんな時・・・ラブ達はどのようにせつなに接したか・・・・
いやいや、あれは本当にプリキュアらしいストレートなものでした・・・
「罪は罪・・・だけど罪を憎んで人は憎まず・・・・
罪を犯したイース=せつなは確かに良くないのだけど、せつな自身も幸せにならなくちゃいけない・・・・
罪を犯した人に対して自分達はどう接すればいいのか・・・
そんなの簡単じゃん、
せつなを含めて皆が幸せになればいいんだよ!!」と断言できちゃうラブは・・・・やっばり凄いし
まさに女神様そのものでしたね・・・!!
イースは、ミユキさん達のコンサートをぶち壊しただけでなく、何と・・・コンサート会場のスタジアムを
ほぼ全壊させるほどの悪行をしていましたけど、
それを・・・
赦してしまう事が出来るピーチは・・・やっぱり歴代プリキュアでも屈指の「菩薩様・・・」という感じもありました。

だけど・・・・

ここで注意を喚起したのは、
パッションもビートもプリンセスも、そして・・・クィーンミラージュも
広い意味で解釈するとプリキュア5【無印版】のデスパライアも・・・・
更に更に広い意味で言うと、ハピネスの映画のつむぎちゃんも・・・・
その「贖罪」=罪滅ぼしへの目覚めは、プリキュア達のそれまでの言動を通して、まさに「心が揺り動かされたもの」、
つまり、プリキュア達が起点になっていると思います。
しかし、トワイライト=トワの場合、
その点が少し違っているような気もします。
パッションやビートのような「プリキュアに対する心情の変化」というようなものがまさに自身がプリキュアとして覚醒する
きっかけにもなり、それが結果的に「贖罪」という方向性にもなっていったと思われるのですけど
トワイライト=トワの場合、少しこの辺り違うような気も・・・
それは、第23話におけるトワ自身の
「わたくしが奇跡的にキュアスカーレットになれたのは、天が償うチャンスをくれたからです。
あなた方とは違うのです!」という発言にも象徴されている通り、
トワ自身は・・・どちらかと言うと、「自身の悪事」に対する贖罪というよりは
自身のディスピアにノコノコついて言った事で始まる一連のホープキングダムの悲劇に対する自責の念の方が
強い様な印象すらあります。
そうですね・・・・今風に表現すると、トワは・・・「自己責任」をどう取るのか・・・
そちらの方の意識が幾分強いような感じもあります。
勿論、それはそれで全然OKなのだと思いますけど、何かそれもプリキュアらしくはない・・という印象も
実はあったりもします。
そうですね・・・過去シリーズを見れば分かる通り、プリキュアにそんなに過剰に「贖罪意識」を
押し付ける必要もないし、それを過剰にしてしまうと
かなり窮屈な感じにもなりかねません・・・
フレッシュの場合は、それについては
「そんなの皆が幸せになればいいじゃん」というストレートな解釈で解決し
ビートの場合は、「ごめんなさーい」と一度大泣きし自身が素の自分(ポンコツ化?)する事で
決着を図れたと思いますし、
プリンセスの場合は、いおなに「プリチュンカードを全てあげる→自分よりもいおなの夢を優先させる事」で
贖罪はある意味果たせたとも思えます。
それではトワの場合はどうすればいいのか・・・?
それに対しての一つの回答が、
「そんなのあなただってプリキュアになって私達と一緒にグランプリンセスを目指せばいいじゃん・・
それが結果としてあなたのお兄さんを救ったり
ホープキングダムの国民を救う唯一の道なのよ・・・」という道筋は・・・・
まさに「プリキュアの王道」という感じなのでしょうね・・・

あ・・・この辺りは・・・この第21話ではなくて、22~23話の感想の領域になってしまいますね・・・・(苦笑・・・)






cf018ebf_convert_20150708021554.jpg


最近のGoプリを見て感じるのは・・・・

マーメイドとトゥインクルがその戦い方において、ほぼ完璧にフローラの援護・フォローに徹しているという
印象が大変強いです。
トゥインクルの場合、どちらかというと・・・
「あたしが主役!!」みたいな雰囲気もあったりするのですけど、
きちんとフローラのサポートに徹している辺りは・・・トゥインクル自身の一つの「成長の証し」なのかも
しれませんよね。
マーメイドVSシャット トゥインクルVSロックの対決という見せ場もありましたけど、
ま・・・今の所は・・・
シャットもロックも・・・
プリキュア達・・・そしてトワ=スカーレットの咬ませ犬というのか引き立て役という感じがしますけどね・・・
(ロックがいきなり大人になってしまう展開は・・・ある意味驚きでしたけどね・・・)



e9d16236_convert_20150708021454.jpg


冒頭で「過去シリーズからの継承」と書いた事ですけど、
例えば・・・・
カナタとトワイライト様の兄妹対決というのは、前作/ハピネスのキュアテンダーVSフォーチュンの姉妹対決を
彷彿とさせますし、
トワイライト様の「仮面」が砕ける場面は・・・
プリキュア5【無印版】第24話の絶望の仮面の粉砕をついつい・・思い出してしまいます。

やっぱり・・・プリキュアシリーズというものは、
過去シリーズを色々と受け継ぎながらも、自分達の代でそこに「新しい解釈」を色々と生み出している点は
実に・・・・
素晴らしいものがありますよね!!


a501e6c6_convert_20150708021320.jpg


7e5027b8_convert_20150708021148.jpg


めでたく(?)トワイライトの仮面が砕かれ、昔のトワに戻り・・・・
めでたく兄妹再会は果たせましたけど・・・・
うーーん、これでトワイライト様が見納めかと思うと・・・・
その辺りは・・・非常に微妙なものがありますね・・・・

これは・・・シャットの・・・「あのトワイライト様が・・・ただの小娘になってしまった・・・」というロックの言葉に
すっかり落胆するのも・・・
なんかよーく分かるような気もしますね・・・・

ま・・・それは・・・シャットに限らず自分自身もそうなのですから・・・・(苦笑・・・)

あの「誇り高きトワイライト様」がキュアスカーレットになるのはこの一話先の話、
そして・・・トワがポンコツ化するのは・・・更にもう一話先・・・

うーーん、この辺りを全て受け入れて、自分自身が納得できる解釈が出来るかどうかは・・・
まだまだ現時点では微妙なのかな・・・??


※追記

うーーーん、自分で言うのもなんですけど、この記事かなりひどいですね・・・
正直、何か全然自分らしく書けていなくて、なんかよそ行きの感じです・・・
読んで頂いている皆様、本当に申し訳ありません・・・
何でかな・・
そうですね・・・
本来「プリキュア関連記事」は、私が一番ノリノリで書けてしまうカテゴリなんですけど、
今回の仮閉鎖の流れの元々の発端となったのが実はGoプリという事情もあるのかも
しれませんが、
このブログの再開以降、何度かGoプリの記事を書こうとしていたのですけど、
書いていて全然楽しくないし、
楽しくないから、何か・・あまり自分らしくないよそ行きの感じの記事になってしまう・・・
スマイルとかハピネスの記事は相変わらずノリノリで書いてしまうのですけどね・・・
当然ながら、Goプリには何の罪もないだけに、私自身が本当に自己嫌悪に陥ってしまいそうです。

こんなところにも・・・先日の一件は影を落としているのか・・・と自分自身少し凹んでいます・・・
やはり・・・自分の未熟さが結果として自分の「本来の楽しみ」を損ねているというのは
歯がゆい思いはあります。
ホント、まだまだ色々な意味で「発展途上・道半ば」という感じですね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは^^

まさかの(いえ、予想通りの?)トワイライト様のプリキュア化。
闇落ちならぬ光落ちには共感します。
やっぱり、クールビューティーはそのままで魅了して欲しいです。
光落ちでは東せつな(パッション)が好きなんです(´艸`*)
めちゃ、かわいかったです^^

イース=せつなも良かったですよね・・!!

紫水晶 様

紫水晶様も歴代プリキュアをご覧になられていたとは・・・!!
うーーん、私、感激という気持ちで一杯ですね・・・(笑)
今回のGoプリに関しては、出来ればトワイライトは、怒りで髪の毛がほどけて目が吊りあがった状態の
まさに鬼神そのもののあのお姿を最終決戦まで維持して欲しかった気持ちはあるのてすけど、
プリキュアになった以上は・・・
お覚悟を決めて「凛」とした戦いぶりを見せてほしいな・・と思います。

ま・・・トワももしかして・・・多分・・ポンコツ化すると思われるのですけど
歴代プリキュアの「追加戦士」でポンコツ化しなかったのは、フレッシュのイース=パッションだけ
なんですよね・・
イース時代の悪行とせつなとしての愁いを帯びた真面目さのギャップがとても素晴らしく
私もせつなは大好きですしとっても共感が持てますね。
ちなみに・・・
「パッション」とは「情熱」という意味以外にも「贖罪」という意味があるのですけど、
こうしたネーミングもなかなかお見事だと思いました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2310-d22571ab
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |