プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず本編の前に・・・・

改めてですけど、この15日間に渡るブログの仮閉鎖状態で多くの皆様にご心配をお掛けたした事を
改めてお詫び申し上げます。
そして同時に、先日の「ブログ再開」記事で、あんなにも数多くの方よりコメントを頂けた事に
深く深く感謝を申し上げたいと思います。
本当に・・・

「ありがとうございました!!」

まさか・・・・あんなにも多くの方からこうした温かいお言葉を頂けるとは全くの想像外でしたし驚きでした。
本当に・・・本当に嬉しかったですし、
再開してよかったな・・と実感したものです。
相手への配慮の気持ちも忘れずに同時に「自分が伝えたい事」も的確に記すという
難しいテーマを発見したような気もしますけど、
とにかく・・・
こんなしょーもない管理人&ブログですけど、
改めて今後とも宜しくお願いします!!

頂戴したコメントは・・・・順次ご返事をさせて頂いておりますが、
まだ半分程度しかお礼のご返事が出来ておらず誠に心苦しく思っています。
私は土日が出勤で、今週は月火が休みのシフトになっていますので、
必ず早めにご返事をいたしますので、何卒・・・しばしお待ち頂けると幸いであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あーあ・・・、4月から毎週楽しみに見ていた埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」も
6/25の放送で最終回・・・
元々5分間の深夜ショートアニメという事もありましたけど、何か12回で終らせるには
何か勿体無い感じもありますね。
せっかく・・・・47都道府県の中で、もっとも「県民愛・帰属意識」が希薄とされる「埼玉県」のご当地アニメが
誕生したのですから、
せめて一年・・・いや半年ぐらいは続けて欲しかったですね・・・
出来れば・・・・今後続編を大いに期待しています。
第二期もいつの日にか制作してくれると・・・私・・・信じている・・・
(by フレッシュプリキュアの祈里・・・・)

ま・・・ですけど、この三か月間とっても楽しく拝見させて頂きましたし、
ま・・・私自身は、さいたま市浦和区民ではなくて川口市民なのですけど、
職場がさいたま市浦和区ですし、自宅だって・・・・限りなく・・・・さいたま市南区に近いですから
やっぱりなんだかんだ言ってこの「浦和の調ちゃん」はとっても愛着と親しみやすさがありましたね・・・・

今回の8人の主要キャラの内、職場に一番近い地名に由来する「上木崎常盤」の関連ネタについて
ごく簡単に書かせて頂きたいと思います。


005_convert_20150625170430.jpg


上記交差点の地名表記が「上木崎」となっています。
ま、ここは、旧中山道沿いで与野駅とさいたま新都心駅の丁度中間地点のローソン前あたりに位置しています。
考えてみると、「上木崎」って結構広いのですよね・・・
1丁目から8丁目までありますし、
浦和西高校近辺も上木崎ですし、与野駅の西口のラフレさいたま辺りも実は・・・上木崎なのですよね。
全くのローカル話になってしまいますけど、上木崎8丁目を過ぎると、唐突に見沼区上山口新田に
入ってしまう印象があるのですけど、上木崎と見沼区がかなり接近しているというのも、何か意外な感じが
あります。





002_convert_20150625170318.jpg


003_convert_20150625170342.jpg


004_convert_20150625170406.jpg


浦和区上木崎には、「足立神社」という住宅街のまさにど真ん中に建立されている足立神社という神社が
建立されています。
ここの神社は、産業道路からも結構近く、
「あれれ・・・、なんでこんな所に神社があるのかな・・・?」と思わず思ってしまう程
住宅街の中に突然神社とかその参道が唐突に出現するという印象すらあります。
だけど、そうした住宅街の中に比較的長めの参道とか樹木を見ると、何か気持ち的には癒されるものが
ありますし、
やはりこうした神社の独特の「荘厳な雰囲気」には、心を洗われるものがあったりもします。
「浦和の調ちゃん」では、主人公の高砂調は、毎日浦和区岸町にある「調神社」へのお詣りを欠かさない感心な
女子高生ですけど、
上木崎常盤は・・・・たまには足立神社等に参拝とかには来ないのかな・・・??
ま・・・・常盤の実家の北浦和とここの足立神社がある上木崎では、結構な距離があるから、多分・・・
それはないのでしょう・・・

ここの神社の境内社は五社あり、小さいですけど、それぞれ向拝には竜、木鼻に獅子
前柱にも昇り竜と下がり竜が設えられ、ユーモラスな表情が中々可愛いと思います。
参道脇は子供の遊園地となり、荘厳な中にも明るさが感じられたりもします。
境内社に風天社というのがあり、仏教の「風天」に由来していると思われますけど、
仏教と神社が融合しているという意味では中々ユニークなものがありそうですね。

ここの神社は、普通の狛犬でした。
以前このプログでも取り上げた南浦和の大谷場氷川神社の「狛雉」とか
岸町の調神社の「狛うさぎ」というのは・・・・
さすがに・・・・珍しい方なのかもしれませんよね。



008_convert_20150625170517.jpg


以前このブログで「調神社」のすぐ目の前のミニストップで、「浦和の調ちゃん」とのコラボについて
書かせて頂きましたけど、
ああしたコラボとかグッズ販売は是非当分は続けて頂きたいですね!!
7月初旬にこのミニストップに立ち寄った際は、既に・・・・アクリルキーホルダーは、
沼影彩湖・三室美園・田島桜以外の5人は・・・・完売状態でした・・・・

本当は・・・・上木崎常盤とか大谷場南のキーホルダーが欲しかったけど、代わりに・・・
調と常盤の「ステッカーシール」を一枚購入させて頂きました。
やっぱり・・・・この二人は「浦和の調ちゃん」の「華」みたいな位置づけですね。



007_convert_20150625170452.jpg


このミニストップのレジ前は・・・・
なんと・・・!!
「上木崎常盤」のタペストリーが展示されていました。
常盤にああやって「ソフトクリームもお楽しみください」とあの笑顔で語りかけられてしまうと・・・
なんかついつい・・・・
ソフトクリームの一つや二つ買ってしまいそうですね・・・・
常盤のああいう笑顔を見てしまうと、大谷場南に対して発動するあの凶暴キャラとしての常盤とのギャップが
やはりとっても楽しかったですね。

ちなみに・・・・

「浦和の調ちゃん」は終了してしまいましたけど、
テレビ埼玉で、7/13から毎週月曜のPM20:55~に再放送が早くも決定しております。


892d57bc_convert_20150424144903.jpg


最後に・・・・

このブログの常連様の五航戦のタカ様・・・・

今回の当ブログの閉鎖中に、五航戦のタカ様の記事内で

この「十万石まんじゅう」→「うまい・・・うますぎる・・!!」に触れて頂き、本当にありがとうございました!!

この場を借りて御礼申し上げたいと思います。

その浦和の叔母様のお土産、楽しみですよね!!
そして・・・
是非是非あの決め台詞を口ずさんで頂ければ、埼玉県民としては大変嬉しい事であります!!(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おはようございます♪

ぬくぬく先生♪はじめまして!のコメントです^^
いつも楽しく拝見しています☆
更新をお休みされていたので心配していました。。。
色々ありますよねー
実は私もブログを通しての悲しいことを経験してます^^;

お話変わりますが。。。
私は中学生から社会人まで吹奏楽をやってたことと
次男が高校、現在大学の吹奏楽団に入っていることもあり、
いつもぬくぬく先生の吹奏楽の記事に感心してました☆
すっごく詳しいですよね~!
そして、その次男は今、さいたまの見沼区在住なんです^^
そんなこともあり、ぬくぬく先生に親近感^^

これからも更新を楽しみにしていますね☆

復活ありがとうございます。

ぬくぬく先生 初コメントさせて頂きます。
復活おめでとうございます。&ありがとうございます。
いつもアニメそしてプリキュアの情報ありがとうございます。
参考にさせて頂いてます。
これからもよろしくお願いします。

コメント頂きありがとうございます!!

pinkberry* 様


コメント頂きありがとうございます!!
同時に・・・色々とご心配をお掛けしたことをお詫び申し上げたいと思います。

それにしても・・・
少し驚きました・・・!!
pinkberry* 様も息子さんも吹奏楽に関わっていたのですね。
私なんか・・・全然詳しくないのですけど、それでも中学から大学まで10年間吹奏楽コンクールに出場したり
やはり・・・
「吹奏楽」は私そのものでしたね・・・(笑)
その息子さんが見沼区在住とは・・・!!
何か色々と不思議なんだけど素敵な偶然もあるものですね。
だから・・・ネットでの交流は楽しいと思います。
一度くらい嫌な事があったとしても、それを乗り越えていけるだけの「強さ」と
他人に対する思いやりの心だけは、今後絶対に忘れるべきではないという事にも改めて
気が付いた・・・という感じもありますね。

こんなしょーもない管理人&プログですけど、
今後とも宜しくお願いします!!

こちらこそありがとうございます!!

ヌノゾウ  様


今回はこんな私事で色々とご心配をお掛けし申し訳ありませんでした。
今後は、とにかくマイペースで自分の思いを的確に伝えていければいいかな・・と思っています。
とにかくこんなしょーもない管理人&ブログですけど
改めて今後とも宜しくお願いします!!

そうそう・・・

私は、ヌノゾウ 様が制作されている初音ミクなどはとっても大好きですよ!!
今後共あの素敵な布のフィギュア製作の公開記事を楽しみにさせて頂きます!!

こんばんは^^

月曜日から、浦和の調ちゃん再放送、を撮り始めました。
娘が神社前の絵画教室に通っているので、
神社のベンチでよく待っておりました。
今の時期は蚊に刺されちゃうので車で待っております。

上木崎・・・(笑)
あまりに近所すぎて、つい笑ってしまう記事でした。

浦和の調ちゃん


碧色珊瑚 様

「浦和の調ちゃん」ですけど、本当に難のドラマも盛り上がりも無い淡々としたほのぼのアニメですけど
やっぱり地元住民にとっては「あ、これ知ってる」とか「行ったことある」みたいなネタがたまーにちらほら登場する事は
何か微妙に嬉しいものですね。
「調神社」のあの描写は素晴らしい再現力がありましたね・・・

そうそう・・・

「上木崎」周辺の写真ですけど、あれは・・
もしかして碧色珊瑚 様だったら、多分分かってくれるはず・・・という意識が少しはありましたので
そのあたりをきちんと分かって頂けて、記事にした者にとっては大変嬉しい限りです!!

ありがとうございました!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2305-043a56a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |