FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど・・・・






さいたま市見沼区のスーパー・マルエツでお昼ご飯を買っていたら、掲示板に
「ストップ! 寝たばこ!!」というたばこ火災防止キャンペーンの消防庁のポスターが貼られていたのですけど
これってよく見てみると・・・・
登場キャラは・・・「めぞん一刻」のヒロイン、音無響子さんではありませんか・・・!!

わーーー、なんかなつかしい・・・!!

「めぞん一刻」なんて言っても多分・・・・最近の若い世代の皆様にはピンとこないのかもしれませんけど、
1980年代にサンデーとかスピリッツを読んでいた人にとっては・・・・
「うる星やつら」と共に大変強い「郷愁」を感じる漫画作品の一つなのかもしれませんよね・・・・

このポスターで登場している場面は・・・・

確か原作漫画の中盤回あたりだったかな・・・・
帰省する五代裕作が慌ててアパートを出る際に、うっかり室内のトースターの電源を落とすのを忘れてしまい、
慌てて公衆電話から管理人の響子さん電話を掛けて
トースターを切るように依頼したものの、トースターを切るためには裕作の部屋に入る必要があり、
その際の室内の散らかった様子が・・・・
あのポスターなのです・・・

うーーん、何か時代を反映していますね・・・

だって・・・・今時・・・スイッチを下に下げるタイプのトースター何か使う人っているのかな・・・・
ま・・・今は・・・オーブンレンジとか電子レンジがトースターの役割を担っていますからね・・・
それと・・・・
この時代(1980年代・・)は・・・現在のように、携帯もメールもラインも何も無い時代なのですよね・・・
あのポスターの場面では、裕作は公衆電話から連絡を取っていますが、
現在ならば・・・・
LINEを使う・・っていう感じなのかな・・・
ま・・・確かに・・・あの時代は・・・
まさか数年後に、各人が携帯電話を持ち、別に自宅にいなくても通話が出来る時代が来るなんて・・・・
予想もしていなかったですよね・・・(苦笑・・)

そうなんですよね・・・・

あの時代、というか・・・1990年代中盤の頃までは・・・・
女の子に連絡する事自体・・・結構面倒だったですね・・・・
ま・・・その女の子がアパート等で一人暮らしをしていれば全然問題ないのですけど、
実家に同居となると・・・・
吹奏楽団の連絡とかなら、ま・・・いいのだけど・・・
「あ・・・この娘・・・チャーミングで性格もいいし、素敵だな・・今度・・・思い切って声を掛けようかな・・・」と思っても・・・
その娘の自宅の電話番号を知る事がまず難しい・・・
ま・・・百歩譲ってなんとか電話番号を知ったとしても・・・・
その自宅に℡しても・・・その娘が確実に電話に出るという保証は一切無い・・・・
万一・・・・親父が出た場合は・・・・一体どう話せばいいのだろう・・・という感じで、
とにかく・・「一山も二山もある・・・」という感じでしたね・・・・
ま・・・今の感覚ならば・・・・その娘に直接電話とかメールすれば簡単なんですけどね・・・(苦笑・・・・)

ま・・・その位・・・・昭和の頃というか・・・・1990年代中盤までの男女のやり取りは・・・・
面倒極まりないものですぞ・・・!!
(by ハピネスチャージプリキュアのナマケルダ・・・・)




120012928.jpg



この「めぞん一刻」なのですけど・・・・

この漫画を一言・・・ほんの一言で表現すると・・・

「奥ゆかしい微妙な世界・・・」という事になるのかな・・・・

うーーん、こうした微妙な世界と言うのは・・・・最近の10代辺りの若い世代には分からないかもしれませんよね・・・

コミュニケーションツールが現代のように、メール・直接通話の携帯・LINEではなくて、
固定電話か直接の対話しか無い時代背景と言うのが・・・・
何か・・・ミソになっている感じはありますよね・・・

つまり・・・

この物語は・・・・ある意味・・・現代のようなコミュニケーションツールが無い時代の男女の誤解とすれ違い・・・
そして・・・そこから生ずる「妄想」の世界なんですよね・・・
この物語の舞台となっているぼろアパート「一刻館」においては・・・
貧乏学生の裕作の部屋には固定電話すらない・・・
アパートの共有廊下にピンク色の公衆電話が設置されてはいるのですけど・・・
(少し解説しておくと・・・公衆電話そのものにも電話番号があり、外部の人がその公衆電話に直接電話を
掛ける事は・・・実は・・全然可能なのです・・・
だけど・・・公衆電話ゆえに誰が電話を取るかは・・・分からない・・・)
裕作と、そのガールフレンドのこずえと響子の三角関係において、
こずえから裕作あてにかかってくる電話を・・・トラブルを楽しむ悪癖を持つ四谷さんや一ノ瀬さんなどの住人が
取り継ぐなど、携帯電話が広く普及した現在ではまず考えられないシチュエーションから生ずる数々のすれ違いと誤解
というのが・・・この物語を語る上では外すことが出来ないファクターとなっています・・・

ま・・・とにかく・・・今現在では・・・「ありえない光景」のオンパレードなのですけどね・・・

それと・・・もう一つ特筆すべきことは・・・
この時代は・・・まだ・・・一応は・・・・こうした共同住宅でも、「他人のプライバシー」何かしったこっちゃない
住民同士の「交流」がまだ許された時代でもあったのですよね・・・・
ま・・・現在だったら・・・
マジで・・・隣の住民の職業はおろか、名前すら・・果てには性別すら分からないで住んでいる…という事も
決して・・・
珍しくは無いと思いますけどね。

この作品は・・・断然、原作の漫画の方が素晴らしい!!
一応・・・アニメ化されましたけど・・・・あれは・・・私としては・・・完璧な失敗作と思っています・・・
ま・・理由は色々とあるのですけど、最大のミスは・・・・
同じ原作者という事で当時アニメ化では大成功を果たした「うる星やつら」の世界観を
そのまんま「めぞん・・」の奥ゆかしい微妙な世界に同化&持ち込みわしてしまった事にあるのかな・・・・??

考えてみると・・・・

響子さんの亡くなったご主人さんは・・・響子さんの通う女子高の教師であり、
あれは・・・元々「禁断の愛」だったのですね・・・
響子さんと裕作は・・・年は幾つぐらい離れていたっけ・・?? 響子さんの方が四つくらい上だったかな・・・
でも・・・・この漫画・・・・
最後は「ハッピーエンディング」で終って、ホント・・・よかったですね・・・・
めぞんの原作の最終回を迎えた頃、私は大学4年の春で、
「やばい・・・そろそろ就職活動の時期だ・・・だけど・・・同時に最後の吹奏楽コンクールの年だ・・」という大変微妙な頃でも
あったのですけど、
そうした頃のあのハッピーな最終回でしたので、余計・・・なんか印象的でしたね・・・
最終回で誕生した響子さんと裕作の子供の名前は・・・
そうそう・・・「春香」でしたね・・・・
(何かこの名前は・・Go! プリンセスプリキュアの主人公の名前を思い浮かべてしまいますね・・)
この春香も・・・そのまんま成長していたら・・・多分今年・・・29歳くらいかな・・・・
響子さんに至っては・・・・多分・・・60歳を越しているはず・・・・
うーーん・・・「時の流れ」は・・・何だか早いものですね・・・・(苦笑・・・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

PIYOPIYOエプロン

めぞん、持ってます(笑)
五代君と響子さんは2歳差ですね。

学生時代は自宅通学だったので、一刻館の下宿生活に憧れたこともあります。

ぬくぬく先生、こんにちは。
この作品は、当時の多くの男性諸君の憧れですよね~(私はババアですがね)

懐かしいなぁ…。
当時は斬新だったこの作品も、今の時代だと「よく分からない感じ」になってしまうんですかね?

「うる星やつら」も、ながら観してたなぁ~
懐かしい!

ぬくぬく先生さん こんばんはです☆

おおおおお~☆めぞん一刻のポスター、近所にもあります☆響子さんは、本当に当時は大好きでしたね・・・☆

Re: PIYOPIYOエプロン

某大学の卒業生  様


まずは・・・

先日「アメリカの騎士」関連でコメントを頂けていたのに、今回の一時的な仮閉鎖でご返事が遅くなり
申し訳ありませんでした。
某大学の卒業生 様もまさかめぞんをご覧になっていたとは・・!!
意外だけど少し嬉しいです。

あ、そうなんですか・・・
響子さんは裕作とは二つ上だったのですね・・・
なんか「未亡人」という響きがついつい「かなりの年の差」という妄想みたいなものを生み出してしまいますね・・・
響子さんの「PIYOPIYOエプロン」も懐かしいですね・・・(笑)

私は高校卒業以降、結婚するまでずっと一人暮らしでしたけど、
個人のプライバシーにずけずけと入り込んでくるあの一刻館の雰囲気は・・・
多分・・無理なのかも・・・(笑)
だけど同じ建物のすぐ下にあんな可愛い未亡人さんがいたら、
うーーん、ついつい居ついてしまいそうですね・・(苦笑・・)

めぞん→「未亡人」という言葉に憧れましたね・・(笑)

タルトFC2 様


コメントありがとうございます!!
また、タルトFC2 様の記事でも私の「ど根性カエル」のコメントにも素敵なご返事を早速頂戴し
ありがとうございました!!
そうですね・・・
このめぞんですけど、
同じ建物内にあんなお美しい未亡人さんがいたら、やっぱり・・・ついつい惹かれてしまいますよね・・・(笑)
この作品は、最近でもないけど、伊東美咲主演でドラマ化もされましたけど、
携帯もメールもLINEも何も無い時代ゆえに
今だったらメールで済む内容が「他人の伝言」みたいな余計なツールを経由するおかけで
さまざまな誤解や妄想を生み出すというこの原作漫画のエッセンスは、かなりいい所まで
描かれていたような気もします。

「うる星やつら」もなつかしいですね!!

私は・・・錯乱坊(チェリー)とサクラさんが大好きでした!!

めぞん一刻

ゆ~ゆ~ 様


コメント頂きありがとうございます!!
改めて先日はご心配コメントありがとうございました!!
でもこうやって無事に復活しておりますので、どうぞ今後とも宜しくお願いします!!

ゆ~ゆ~様のご近所にもあのポスターがあるのですね。
私はあのポスターはほとんど見た事が無いですね。
家の近くの消防署にすら貼られていなかったと思います。

響子さんは本当に美しい未亡人でしたね。
だけどそれ以上に焼きもち焼きで鈍感キャラというのも楽しかったですね。
裕作が勇気を出して「僕のために味噌汁を作って」というプロポーズにも何も反応せず
ただ普通に味噌汁を出していたシーンは、何か笑ってしまいました・・・
ま・・亡きご主人墓前でのあの感動的なプロポーズは・・・
本当に屈指の名シーンでした!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2301-7c9a7bc5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |