FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


3.弘前第三中学校

 A/交響詩「ローマの祭り」


 この年の課題曲A/吹奏楽のためのカプリチオは・・・これって昔からよく言われる事ですけど、
 吹奏楽コンクールの課題曲史上「最低の出来栄えの曲」という酷評がなされます。
 ま・・・というか・・・この1982年の課題曲って、以前も書いたのですけど、恐らくは・・・・長い吹奏楽コンクールの歴史の中でも
 「課題曲不毛の年」というか、要は・・・課題曲B/序奏とアレグロ以外は・・・・ほぼ全て「駄作」と切り捨てられても
 ま・・・仕方が無いかな・・・という出来栄えの曲ばかりですね・・・
 だけど・・・こんなしょーもない課題曲でも、各学校・職場・一般の吹奏楽団においては、半年程度も
 こうした課題曲に取り組まないといけないから、
 本当に課題曲の出来栄えが悪いと・・・指揮者も奏者も・・・まさに拷問ですね・・・・
 でも改めてですけど・・・この年の課題曲Aは本当に「くだらない・・」としか言いようが無い曲で
 本当にマジで・・・・中身が全然ない薄っぺらい曲です。
 音楽評論家の故・上野晃大先生は・・・かつてこの年の東北大会の審査員を務めていた時にBJ評にて
 この課題曲の事を
 「どうして公募作品にも関わらずこんな内容が無いうすべったい曲が採用されたのか全く理解できない」と
 かなり酷評されていましたけど、
 それは・・・「まさに・・その通り!!」としか言いようがないですね・・・・(苦笑・・)

 課題曲A/吹奏楽のためのカプリチオは、私自身、何度か吹いた事はありますけど、
 (私の高校の課題曲はC/アイヌの輪舞を選択していました・・)
 クラリネットパートから代表して意見を言わせて頂くと・・・
 こんな吹きにくい曲は無い・・・というか、クラリネットの主要メロディーが・・・
 シドーシドラレードシドラシソラソラーラソラシラーという感じのものですけど、これって中々クラリネット奏者以外には
 伝わりにくいのですけど、
 クラリネットの中音域の「ラ」は左手の人差し指のキー一本のみ・・・中音域の「シ」は両手の指を全て使う指使い・・
 こんな・・ラとシを交互に音符に書かれても正直・・・困っちゃう・・・という感じでしたね・・
 正直・・これは・・・「替え指」を色々と発掘しないで譜面通りにまともに吹いちゃうと・・・
 多分相当もたつく演奏になるパタンーが多いと思います。
 事実・・・・県大会や東北大会あたりでも、このクラリネットの指使いのやっかいさがそのまんま「音の不安定感」に
 繋がっている演奏もかなり散見されましたよね・・・・
 そしてこの課題曲でやっかいなのは・・・・ホルンの高音域なのかな・・・
 あれは・・・
 確かプロの奏者の方も・・・「これは少しやっかい・・」と確か言われていたような・・・?
何て言うのかな・・・・内容も無いし、正直・・・技術的にはそんなに難しい曲ではない・・・だけど・・・
 一部のパートにとっては・・・・大変やっかいな技術的やっかいさがあるという・・・
 コンクールとしては確かに「面倒な曲」というか、労あって実りが極めて少ない曲と言えるのかもしれません・・
 この課題曲って何で「カプリチオ」=気まぐれというタイトルが付いているかと言うと・・・・
 オーボエのゆったりとしたソロで開始され、ゆったりとした序奏から突如、ティンパニーの一撃から
 アレグロに展開していくといのが理由なのですけど・・・
 ハイドンが交響曲第94番「驚愕」第二楽章において、深い眠りにおちそうな聴衆を叩き起こすみたいな意図が
 あったかどうかは定かではありませんけど、
 第二楽章の静かな繰り返しの部分で、ティンパニーの一撃と全楽器のffで聴衆を「夢の世界」から叩き起こした・・・
 そんな感じの意図が・・実は・・あの課題曲にもあったのかな・・・??
 (多分・・ないない・・・苦笑・・)

 それにしても・・・・この課題曲Aは人気が無かったですね・・・
 全国大会でもこの課題曲を選択したのは9チームに留まり、そのうち5チームが結果的に銅賞と言うのも
 なんか・・・あの課題曲の不毛振りを象徴している感じがします。
 その中で・・・・この課題曲Aを選択して、全国大会で唯一金賞を受賞したのが・・この弘前第三中なのです。
 こんな内容が幾分うすい課題曲でしたけど、逆に言うと・・・
 そんな曲自体の内容の薄さがあまり伝わってこないほど、大変高い技術でまとめあげ、
 前述のクラリネットやホルンの問題も難無くこなしていたという感じがあります。
 ま・・・悪く言うと無難過ぎるという感じもします・・
 この課題曲Aの場合・・・・「隠れた名演」というのが実は一つだけありまして、それはどこかというと・・・
 間々田中学校なのだと思います。
 ま・・・確かに・・・・ものすごーーくダーダー吹きというかすさまじいレガート奏法なのですけど、
 とてつもなく美しいサウンドにあのベタベタ奏法が意外と合っていて、私は結構この間々田の課題曲Aは好きです・・・

 結果論になるのですけど、このチームは、この年から1988年まで8年間同じ指揮者のもとで全国大会出場を
 果たしているのですけど、
 吹奏楽オリジナル曲で臨んだのは1981年のアルメニアンダンスバートにのみ・・・・
 あとは全てアレンジものでコンクールに臨んでいるのですけど
 あの素晴らしいアルメニアンダンスハートⅡを聴いてしまうと、
 「出来れば他の吹奏楽オリジナル作品も聴いてみたいな・・・」という気持ちにさせてくれますね・・・
 このチームは、吹奏楽コンクールにおいて、一つ特筆すべき痕跡を残しています。
 何かと言うと、「ローマの祭り」を吹奏楽コンクール自由曲の定番中の定番にまで飛躍させたのは
 私は、この弘前第三中の功績だと思っています。
 ま、一応「ローマの祭り」は、駒澤大学とか兵庫高校が過去の全国大会で演奏していますけど
 その演奏がきっかけとなって後年になって、「ローマの祭り」が吹奏楽コンクールでスタンダードになったかと言うと、
 必ずしもそうとは言い切れない面があります。
 だけど、1982年にこの弘前第三が「ローマの祭り」~チルチェンセス・主顕祭を演奏して以降、
 爆発的にこの曲が吹奏楽コンクールの人気自由曲になっていったような気がしてならないのですよね・・・・
 そして、確かに1982年の弘前南のローマの祭りは、誰がどう聴いても中学生の仕上がりとは思えない
 素晴らしい爆演だと思うのです!!
 チルチェンセスのトランペットの高音も確かにすさまじく鳴ってはいるのですけど、それが全然音が割れていないし
 かなり美しく響いています。
 主顕祭も・・・確かに現在の視点で聴いてしまうと・・・少しサクサク進展し過ぎ・・・という印象はあるのですけど、
 それでも曲の盛り上がりは実に自然だと思います。

 この弘前南の素晴らしい演奏を翌年の高岡商業が更に素晴らしい名演で受け継がれていき、
 現在の流れにまでなっているような感じすらあります。

 だから・・・その意味においてもこの年の弘前南の演奏は、大変歴史的意義が大きいのだな・・と改めて
 感じてしまいますね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

いま聴くと、、、。

「カプリチオ」懐かし〜、と思ってyoutubeでさっき聴いてみたら、ティンパニーの一撃以降が、なんだか水戸黄門の挿入曲っぽい?ような気が、、、、。
助さん格さんが悪代官一味と乱闘するシーンあたりの。
あれ?こんなに時代劇っぽい曲だったかしらん?
そんなしょうもないことを考えながら聴いておりました。

この曲、BJではそんなに酷評でしたか。知リませんでした。
私には、最近の課題曲Vのほうがわかりにくくて「ちょっとな〜」って感じです。

カプリチオ

ゴーヤーサンド 様


今更「吹奏楽のためのカプリチオ」の話を出来る人は多分・・まずいないと思うので
このネタで色々とお話しできること自体が感涙ものです・・・(苦笑・・)
「水戸黄門」ですか・・・
確かにあの番組の挿入歌に近いような雰囲気はありそうですね。
私の高校のメンバーは、
当時のNHKの大河ドラマ「峠の群像」のテーマ音楽に少し似ているとか
イモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」の出来損ない音楽とかいう人もいましたけど、
こんな古い曲を出すと、年がばれそうですね・・・(苦笑・・)

最近の課題曲・・・たとえば・・・
「君は林檎の樹を植える」なんかは・・
そうですね、これは私もさっぱりわかりませんね・・

弘前三中の名演

「吹奏楽のためのカプリチオ」がバンド・ジャーナルにて故・上野氏から酷評された件、当時購読していましたので覚えてますよ。
あれは作曲した吉田氏に失礼ではないかと思えるぐらいでした。私自身は今ではいい曲ですが、確かに当時は好きになれない曲でしたね…。表現しにくい曲だったと思います。
一方の「ローマの祭り」は管理人様が仰るとおり、弘前三中が間違いなくこの曲をコンクール自由曲の定番曲にさせた立役者だと思います。当時NHKFMで放送されていた「ブラスのひびき」で聴いたときは「これ、同じ中学生の演奏…?」と思いました。
今では当時の指導者の「一戸則夫先生」が既に他界されてしまい残念です…。
弘前三中は残念ながら現在は低迷していますが、また全国のステージに上がる日が来ることを期待したいです。

Re: 弘前三中の名演

一秋田県民 様


上野晃氏もそうでしたけど、BJの講評と言うと村方千之氏の激辛コメントも当時自分達の周囲では
結構話題になっていました・・
というかこの先生、
「なにも中学生相手にそんなむきになって激辛コメントしなくても・・・」と思えるくらい
とにかく辛口コメントの連発で、そのせいか・・・
1981年以降は登場しなくなりましたね・・・

「ローマの祭り」はとにかく素晴らしい名演ですね!!

あの演奏は今聴いても「これが本当に中学生・・?」とうなってしまうような素晴らしい演奏だったと
思います。
課題曲Aもきちんとアプローチできている所が素晴らしいと思います。

一戸則夫でググっていましたら、こちらのブログに辿り着きました。
当時、弘前三中でカプリチオ&ローマの祭りを演奏した者です。
82年の課題曲の中で私的には、カプリチオが一番まともかなと思っていました。
序奏とアレグロやアイヌ的な曲は弘前三中ではやらないし、サンライズ・マーチもいまいちかな?
カプリチオがBJでそんな酷評だったとは知りませんでした。

自由曲のローマの祭りはアルメニアン・ダンスと同じくらいの難易度だったと思います。どちらも好きな曲でしたけど。
正直言うと、その次の年の三角帽子を演奏したかったなぁと思った当時でした。

実は・・・

ローマ大好き 様


弘前第三中学校で全国にも出場されたOBの方からの貴重なコメントに感謝いたします。

こんな拙いブログの拙い記事に反応して頂きありがとうございました!

実はですけど、私自身の生まれは青森県八戸市でもありますので、青森県の学校が普門館のステージの上で
演奏している姿を見ると、なんか思わず「頑張って・・」と応援したくなってしまいます・・(笑)
そして私自身は実は、81年の山形で開催された東北大会にては、弘前第三が全国初出場を決めた
アルメのパートⅡの大変勢いとエネルギーのある演奏も生で聴いておりまして、
あの演奏は本当に素晴らしかったです!
fffになっても音は決して割れずサウンドも清潔で、なおかつ勢いがあるという見事な名演だったと記憶しています。

弘前第三時代の素晴らしい記憶は一戸先生の記憶と共に是非是非生涯大切にして頂きたいと思います。

素敵なコメントを頂きありがとうございました!

あれから35年

当時、私は81年アルメルニアン・ダンスⅡ、82年ローマの祭りを演奏しておりました。

今夏、弘前三中を卒業35年そして50歳を記念し、弘前で同期会が開催され、久し振りにあの当時の仲間と会うことが出来ました。
当時の全国大会の動画の演奏を皆で聴き、あの頃の苦労を思い出し思わず涙してしまいました。
素晴らいい想い出です。

当事者なので演奏の出来に満足はしておりませんが、お褒めいただきありがとうございます。

とにかく「ローマの祭り」は大変でした・・・。

ローマの祭り

弘前三中OB  様


当事者のコメントを頂きありがとうございます。

82年の「ローマの祭り」は、現在に至るローマの祭り大人気のきっかけとなった演奏であり、
その歴史的意義は大変大きいものがあると言えると思います。
82年は湊中がまさかの県大会落ちでもありましたので、湊中の分まで青森県の吹奏楽の存在を普門館に
轟かせた素晴らしい歴史的名演なのだと思います。
同年の弘前南高校の特別演奏の「ぺリアスとメリザント」も伝説の名演ですので、この頃の弘前は
吹奏楽的には神がかっていたのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2299-59e4585f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |