プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


6/14の「Go! プリンセスプリキュア」の事を書こうかな・・と思ったのですけど
よくよく見てみると・・・・
既に月曜の記事で、結構熱く語っていましたね・・・(苦笑・・・)
あの時、「改めて感想等を別の機会に書く」とか言っていましたけど、既にメインなものは
ガッツリと書いていましたね・・・・
ま・・・そんな訳でここでは、トワイライト様以外の事を簡単に書いてみたいと思います。

と言うか・・・・

この回を見ていた方の大半の感想は・・・・二つの事に集約されそうな気がします。

一つ目は・・・カナタ王子は、前作のどっかのクズ神とはエライ違いで大変好感度が高い・・・
二つ目は・・・・
カナタの立ち位置から見ると・・・・

しばらく見ない間に・・妹が変わり果ててしまった・・・・
という事になるんじゃないのかな・・・・
何かこういう表現は・・・まるでどっかのライトノベルの原作をアニメ化したタイトルみたいなもんですね・・・(苦笑・・)






でも改めてですけど・・・
Goプリのカナタ王子は大変好感度が高いというか、男性の視点で見ても、この方は本当に共感度が
高いと思います。
理由は色々とあると思うのですけど、
一番ポイントが高いのは、多分・・・誰しもが感じている事だと思うのですけど
これまでの歴代プリキュアの男性系妖精は・・・確かに・・・プリキュア達の精神的支えという位置づけの為か
戦闘能力はほとんど皆無・・・・
ココとナッツに至っては・・・多分・・・限りなくゼロなんでしょうけどね・・・(苦笑・・・)
それに対して、カナタ王子は、プリキュア達だけに任せるという事はせずに「自らも戦っている」という事が
大変大きいと思います。
要は・・・他人任せではない・・
「自分の故国を救う」ためには、プリキュア達の力も確かに借りるけど、自分に出来る事は
自分自身もきちんと行う・・・
そして・・・プリキュア達にも特に隠蔽とか情報操作をせずに、的確に情報を伝え、アドバイスをしている点も
大変ポイントが高いと思いますし
(ドキドキのジョー岡田はその点が全くなっておらず、終始・・・「胡散臭い・・」という印象を与えてしまったのは
大変マイナスでしたね・・ま、あれは・・・自業自得なのかな・・・苦笑・・)
何よりも・・・はるかの成長をきちんと認め高く評価し、
みなみ・きららに対してもきちんと「感謝の念」を伝えている事は・・・本当に素晴らしいを通り越し、もはや・・・
「美しい・・・」という感じすらしますね・・・

だけど・・・

それも・・・言うまでも無い事ですが、前作/ハピネスのあのクズ神様があまりにも評判が悪すぎた・・・・というのも
一因になっているのかもしれませんよね・・・(苦笑・・・)
一年間あのクズ神様の非誠実な対応とか優柔不断振り、他人任せばかりで自分は何も行動しないというのは・・・
まさに・・・
カナタ王子に対する強烈なアンチナーゼなのかもしれませんよね・・・

今回の話で一番感銘度が高かったのは、はるかとカナタの馬上での会話シーンかな・・・

「マーメイドとトゥインクルは大丈夫だろうか・・・」と心配するカナタに対して、
はるかは・・・
「大丈夫・・・きっと光に従って必ず合流できる」と力強く言うはるかは・・・まさしく・・・カナタと共に戦う立派な戦友!!
何か・・・地味なんだけど、個人的にはこのシーンに何か・・・ジーンとくるもがありましたね・・・
それにしても・・・フローラは・・・このシーンでプリキュアの変身を解いていて大丈夫なのかな・・・?という
余計なツッコミは置いておいて・・・
「ボクが笑顔を取りもどせたのは、はるかのおかげなんだよ」
「君のおかげで…僕は夢の大切さを思い出せた・・・」
「君と出会えたから、僕はディスピアとの戦いにも耐えることができた・・」
「はるか、僕と出会ってくれてありがとう!!」

本当に・・・カナタは・・・・前作のブルーとは、大変な違いがありますね・・・

何よりも・・・カナタは、感謝の意をきちんと言葉にしているし、自分の言葉ではるかの存在を認め、
高く評価をしている・・・
この点は・・・何となく、全ての責任をめぐみ一人に押し付けて陰でコソコソしているブルーとは
本当に・・・天と地ほどの違いがありそうですね・・・


a39dbec1_convert_20150616140646.jpg

c511869b_convert_20150616140716.jpg


それにしても・・・・カナタの立ち位置から考えると・・・・

あんなに可愛くて全国民のアイドル的存在というか「生きる力を与えてくれるシンボル」だったトワが・・・
ああなってしまうとは・・・
まさに・・・
「しばらく見ない間に妹が変わり果ててしまった・・・」という意外の何者でも無いですね・・・

これって結構厄介な問題を孕んでいるのかも・・・・

だって・・・トワがディスダークに拉致されて現在に至るまで・・・多分・・・「相当な時間が経過している」のですよね・・・
この「時間の経過」というものは大変なクセモノでして、
トワイライト様の立ち位置からすると・・・
もしも・・・自身の洗脳か゜溶けたり、過去の記憶が蘇ったとしても・・・
「それではこの長期間のディスダークでの私の存在意義は一体何だったの・・・!?」
「私がもしも・・・本当にホープキングダムのプリンセスであったとしても・・・この長期間のディスダークでの生活で
得たものを全て否定するなんて・・・私にはとても出来ない・・・」
「私は・・・私は結局いったい何者なの・・・? 私の存在意義って一体何なの・・!?」みたいな
自問自答的な内面的な狂乱と錯乱がいずれ・・・待っているのかもしれませんよね・・・・

ホント、そういう時こそ・・・はるかが優しくトワイライト様を抱きしめてあげて
「いいんだよ・・私は・・・ディスダークの黒きプリンセスとしてのトワイライトも大好きだった・・・
勿論・・今のトワも大好き・・・
私は・・・過去も現在も、そして未来も・・・トワイライトの全てがだーいすき!!
あなたは・・・しばらくは私だけのプリンセスとしていてくれるだけでいい!!」
なーんていう泣かせるシーンを本当に・・・・期待してしまいますね・・・

あとこれは・・・どうでもいい話ですけど
今回の話の中で、はるか達の先代のプリキュアが登場し、
「かつて、私達3人は力を合わせ、闇の力を封じました。
しかし、いつか必ず闇が再び蘇るのも知っていました。
そこで、私達はもう1つパフュームを残したのです。
しかし、今そのパフュームに闇がせまっています。
急ぐのです!
パフュームを闇に染めてはなりません・・・」と指令を出していましたけど、
「おいおい、先代の皆様・・・分かっているならば、先代の代の時に、完全に息の根を止めて
完璧に封印しておけよ・・・
今更・・・自分達の仕事の詰めの甘さを後輩達に押し付けるなよな・・」と
何か・・・思わずツッコみを入れたくもなりました・・・(苦笑・・)



4ce43575_convert_20150616140916.jpg


それと・・・

今回の話で大変興味深かったのは・・・・
序盤の段階で、一人のプリキュアVS敵幹部の個人戦が・・早くも実現した事ですね・・・
(ま・・・ラブリーは・・フォーチュンがプルースカイ王国滅亡の秘密を暴露した回で、
何と・・・敵幹部二人と二匹のサイアークとたった一人で戦っていましたけどね・・)

まずは・・・・

マーメイドVSシャット・・・

何かこの二人のバトルは・・・・深窓のお嬢様対変態さんの対決みたいなものですね・・・

マーメイドの「あなたを構っているヒマはないの・・・」のお言葉は・・・・
シャットにとっては・・・・大好きなトワイライト様からも相手にして貰えず、プリキュアからも
「あんたはどうでもいい・・・」扱いにもなってしまい・・・
少しだけ気の毒・・・(苦笑・・・)
ま・・・このお方は・・・プリキュア化したトワイライト様(キュアスカーレット・・??)から必殺の浄化の一撃を
食らえば・・・
「私は・・・トワイライト様に倒されて浄化出来るとは・・・これぞまさしく私の本望あるのみ!!」とか何とか言って
恍惚の表情で浄化されるのかな・・・・


aa58ec0f_convert_20150616140824.jpg


こちらは・・・トゥインクルVSロック・・・

何か・・・イタズラっ子っぽい雰囲気のロックには・・・イタズラっ娘っぽい雰囲気も漂う小悪魔系のトゥインクルが
一番お相手としては相応しい・・という感じもありますね。

何となくですけど・・・

ロックって本当に男の子なのかな・・・

実は・・・女の子で・・・・真の正体は・・・・ディスピアの娘だった・・・みたいな「驚きの展開」とかは今後・・・
あり得るのかな・・・・??
ディスピアは・・・本当に悪巧みの神様で、
トワイライト様を「自分の娘」と偽って育てたのは・・・・
実は・・・ロックを隠して温存させるための策略で、
トワイライト様は・・・ロックの単なる「咬ませ犬」だったみたいな線は・・・・あり得るのかな・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2281-2dea399b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |