FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


密やかな結晶

私は、結婚以降はすっかり外出する事が億劫になってしまいました・・・

結婚する前は、色々な街を探索したり、知らない街でCD屋とか本屋とかおもちゃ屋とかを
探索するのも結構嫌いではなかったのですが、
特に最近は、休みの時は家でのんびりと本を読んだり、DVDを見たり、プリキュアシリーズを見たり
たまに近くの日帰り温泉に行く事が好きな「内向き」に変容してしまったような気がします。

これも年をとったせいなのかなと感じる時もあります。
普段顧客の家をお伺いする事も多いし、他人と色々話さなくてはいけないしなので、
その反動なのかもしれません。
うちの奥さんも、正直生きているのか死んでいるのかよく分らないようなタイプなので、
休みの時に二人で家にいても、
買い物に行く時など以外は、家の中も「シーン」と静まりかえっている事が多いです。
竹中直人主演の映画で「無能の人」という作品がありましたが、
(主人公は元漫画家で現在は何もせず家でぼんやりとしている。作品の中では親子で拾ってきた石を
 小屋で売っているが、当然そんなもの売れるわけもなく、ただひたすら小屋でじっーとしている)
そのワンシーンで、奥さんが
「何だかこうしていると世界で何が起きても私達はこうやって寂しく生きているのかしら・・」と
いったセリフがありましたが、
それに近い感覚を自分自身抱くこともあります。

正直今はいいけど、あと何十年かしたら、自分達二人はどうなっているのだろう・・・と漠然とした
不安を感じる事もあります。

小川洋子の作品の中で、「密やかな結晶」という素晴らしい長編小説があります。

「記憶狩りによって消滅が静かにすすむ島の話。主人公のわたしが書いた「声を失った女とタイピストの男」の小説と隠れ家にかくまったR氏との関係が交錯していく展開の話。香水も、鳥も、フェリーも小説も。どんどんいろんなものが消えていって、最後は自分自身まで消えていった。」
といったようなストーリーなのですが、
何となく自分自身とリンクするような感覚もあります。

自分自身も、自分自身の存在が消滅するというのならば、この小説のように
ひそやかに、誰からも気が付かれることもなく
誰にも迷惑をかけることもなく、
ひっそりと姿を消したいという消滅願望が漠然と自分の中にあるのには、この小説の
影響があるのかもしれません。

よくニュースで高齢者の孤独死なんてことが報道されていますけど、
誠に不謹慎な表現になるかもしれませんが、少々違和感を感じるのも事実です。
今こうやって体が自由に動くからこんな事が言えるのかもしれませんが、
他人に迷惑をかけてまで、他人に自分自身の生活の面倒を見てもらってまで
「生きたい」とは思えないのです。
他人に迷惑をかけて生きるのなら、
他人に自分自身の身の回りの世話まで委託するくらいなら、
小川洋子さんの小説ではありませんが、
ひっそりと自分自身を消滅させたいという感覚があるのです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/227-88cc81a5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |