FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


シューマンと言っても、前回書いたアメリカの作曲家のウィリアム=シューマンではなく、
あまりにもメジャーな楽聖ロベルト=シューマンの方です。

この名だたるピアノ協奏曲は、なぜかしらないけどグリーグのピアノ協奏曲とのカップリングで
発売されることが多いです。
なぜなんでしょうね??
雰囲気が似ている訳でもないし、
音楽の方向性は全然バラバラだし、あまり共通性はないと思うのですがね・・
似ていると感じるのは、強いて言うと出だしなのかな・・?
グリーグは、ティンバニーのクレッシェンドからピアノは入らないといけないし、
シューマンは、オケのジャンという第一音の次の瞬間には演奏がスタートしなくてはいけないし、
出だしはかにり神経を使う協奏曲なのかもしれませんよね。

グリーグのピアノ協奏曲は、一言で言うと「抒情性の高い、誇り高き協奏曲」という感じなのですけど、
シューマンの方は、どちらかと言うと協奏曲というよりは、シンフォニーのようにも
聴こえるくらい、管弦楽との融合性が高く感じられる曲です。
そうですね、協奏曲というよりは、ピアノと管弦楽のためのファンタジーとも言えるような
構成に近いと思います。
グリーグの場合、ピアノが完全に主役で、オケはピアノの引き立て役という感じ濃厚です。
シューマンの場合、ピアノとオケが完全に一体化しているような錯覚もありますし、
特に第三楽章の、ピアノとオケのかけあいの場面は、完全に一つの楽器として融合しているような
感じさえします。

話は違いますが、グリーグのピアノ協奏曲を日本のオケで聴く場合、なぜか知らないけど
大体50%の確率でソリストは仲道郁代さんというパターンが多いです。
仲道さんは、自分が休みの間も終始指揮者の方向に顔を向け、
「自分が休みの時こそ、音楽が動いている」を本番でも実践しているすごい人だと思います。
古い話で恐縮ですが、阪神淡路大震災の頃、たまたま東京交響楽団の定期演奏会で
ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番を聴く機会があったのですが、その時のソリストが仲道さん
でした。
「綺麗な人だなー」というのが第一印象だったのですが、演奏も誠実さと清楚さがあふれた
自然体な演奏で素晴らしかったと思います。実は、この演奏会の時は、仲道さんは、
あと数か月後には出産という事だったらしいのですが、そうした事情は感じさせない所が
いかにもプロらしいと思います。
その時のお子さんは、女の子で確か名前が「まこと⇒真琴」だったと思いますが、
ドキドキプリキュアのキュアソードと同じ名前というのは、単なる偶然??
ま、それはどうでもいいお話・・・

話をシューマンのピアノ協奏曲に戻します。

それにしても第三楽章は、本当に難しいと思います。
オーケストラとの掛け合いの難しさ・次から次へと出てくる転調の切り替えの難しさ
まさにソリストと指揮者泣かせの曲だと思います。
第三楽章は、その転調があまりにもお見事なので、次から次へと場面が変わっていき、
終わりそうで中々終わらないこの楽章も、全然長いとは感じさせません。
オケとピアノが完全に音楽の中で溶け合っていますので、聴いている方も「うっとり」としか
言いようがない曲だと思います。

シューマンのピアノ協奏曲は生で聴く機会も多かった曲ですが、
新星日響の仲道さんソロの演奏が一番印象に残っています。
変わったところでは、
同じく新星日響の定期で、指揮が確か、パスカル=ヴェロ、ソリストは記憶にないのですが、
比較的著名な人だったと思います。
指揮者がタクトを振りおろす直前の所で、ソリストがストップをかけて
ソリストはなぜか舞台から下がってしまいました。
会場がざわつく中、指揮者のヴェロが、
両手を左右に分けて「まいったねー」ポーズをしたり、ウィンクポーズをしたりと
会場をなごませていたのは、さすがにプロという感じでした。
5分くらいたって、何事もなかったかのようにソリストも現れ、普通に演奏していました・・・

今にして思うと、あれは一体何が起きたのでしょうかね・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/226-a756e9b7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |