プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです・・・





a0f841ac_convert_20150602135015.jpg


改めてですけど、やはりこの回のトワイライト様の存在感と煌きは圧倒的・・・
前回と前々回の主役のマーメイドとトゥインクルの存在感を完璧に消し去っていましたね・・・・
マーメイドVSトワイライト様 トゥインクルVSトワイライト様の戦いもよかったですね・・・・!!
特に・・・マーメイドのあの悲鳴・・・・トゥインクルの珍しく鬼気迫った表情・・・・多分、これからもそれ程お目にかかる事は
無い光景だと思うだけに、
あのシーンは・・・・とても貴重なものになりそうですね。
対マーメイド戦でトワイライト様が放った言葉は・・・・「その立ち振る舞いと気品さは認める」と・・・・
対トゥインクル戦でトワイライト様が放った言葉は・・・「その才能の煌きは・・・」と才能の点はちゃんと認めていた・・・
だけどフローラに対しては・・・・
まるでアンラブリーがラブリーに対して
「めぐみは・・・誰も救う事が出来ない・・・」と囁いたように
「キュアフローラ…気品も才能も持ち合わせないあなたのような存在がプリンセスの名を穢す・・・・」と
結構えげつない事を言っていましたけど、
これって・・・・現時点のフローラは、気品も才能も何も無い・・・あなたはマーメイドやトゥインクルよりもかなり
見劣りする・・・・みたいな事の別の言い廻しなのかな・・・??


20150601014156_convert_20150602134922.jpg



今回の話は・・・・後半のトワイライト様の印象があまりにも強すぎるのでついつい見過ごしてしまうのですけど、
前半の望月先生の絵本の話も中々素敵なものがありましたね・・・
なぜラストシーンを描かないのか・・・・なぜその後プリンセスがどうなったのかを記さないかについては・・・・
その①で書いたと思いますが、
要は・・・「プリンセスとしての多様性の許容」なのだと思います。
色々なタイプのプリンセスがいたってそれはそれで全然OKなのだし、
プリンセスと言うものは・・・「こうあるべきもの!!」と型にはめるものではないという事なのだと思います。
そうした意味では・・・・
望月先生の視点から見てみると、
前作のハピネスのブルースカイ王国のポンコツ姫も・・・・一応、あれはあれで一つの「プリンセス」という事に
なるのでしょうね。
そういう観点から見てみると・・・・
やはりトワイライト様の「唯一無二の存在としてのプリンセス」とか「生まれながらのプリンセス」とか
「プリンセスとは努力をしたところでなれるものではない・・・」という価値観は・・・・
結構歪んたものがありそうですね・・・・
やはり・・・、長年プリキュアを見続けた人間の感覚で言うと、
確かにフローラの「私だけが目指せるプリンセスがあるかもしれない・・・」というのは、一理も二理もありますし
むしろこちらの方が妥当性があると思いますね。
もしも・・・トワイライト様の「唯一無二としてのプリンセスの存在」が本当にあるのだとしたら、
もしも・・・トワイライト様が(私の脳内妄想の中にあるように)万一ディスピアと親子関係が無い場合とか
あまりにもプリキュアに連敗が続き、その屈辱により自己のアィディンティーが崩壊した場合は・・・
そうした言葉は真っ先に自分自身に跳ね返ってきますからね・・・・
ま、トワイライト様の場合、トワイライト様が悪いというよりは・・・・
小さい頃より母親のディスピアからそのように叩き込まれたものと推察されますので、
現時点では仕方が無いのかな・・・・とも思ってしまいますね・・・・
それにしても・・・トワイライト様の視点から眺めてみると、ハピネスの「キュアプリンセス」という存在は
どのように映るのかな・・・・??
確かに・・・・血筋は本物のプリンセスですし、努力をした所でなれる訳ではない地位に一応は・・・・就いている
キュアプリンセスは・・・・
トワイライト様の理論ではどのように説明付けされるのかな・・・??
何か・・・・この点は・・・とてつもなく興味があります・・・

何となくですけど・・・とてもうがった見方なのですけど
ハピネスとGoプリは同じ柴田プロデューサーなのですけど、
まさか・・・・実は2年越しに「プリンセス」の構想を練っていて、
「こんなポンコツプリンセスがいたっていいじゃないか・・・」という事をハピネスで事前に提示をした上で
本命の(?)Goプリで「プリンセスとしての多様性」を描きたかった・・・・というのは・・・
さすがに考え過ぎなのかな・・・??

望月先生の言われる「あなただけのプリンセス」とか「思いの数だけ物語はある」とか
「色々なラストシーンや様々な未来があっても構わない」というのは、
自分が結末を決めることで子供たちの考えを否定したくないという事でもありますし、
やはり・・・・
前述のトワイライト様とプリキュアのの価値観の相違ではありませんけど、
「多様な読者の価値観を尊重した・・・」という事になるのかな・・・
ま、それは・・・・「自分だけがプリンセス」という幾分頭が硬い事を言われるトワイライト様に対するあてつけ・・・
という事もあるのかな・・・・
同時に・・・
「いやいや、トワイライト、そういう絶対的な考えではなくて、世の中には色々な人がいて色々な考えの事がいて
そうした多様性を認める事は決しておかしなことではないんだよ・・・」みたいな事を
後日誰かが言わなくてはいけない事を暗示しているのかな・・・・?
ま、それを伝えるのは、どう考えてもはるかなんでしょうけどね。

望月先生のそうしたラストシーンというのは・・・
何か、スマイルプリキュア第6話の中でも似たようなシーンがありましたね・・・
ポップが「プリキュア絵本」を提示し、途中から白紙になっている事を聞かれると
「ここから先は、君達自身が作り上げる物語」と言っていましたけど、ま・・・それに近い様な感じなのかな・・・・
ま・・・スマイルのあのポンコツメンバーの中で
そうした「価値観の多様性」について考えられる人は・・・・多分・・・一人もいないか、せいぜいれいかくらいなのかな・・・(苦笑・・)

余談ですけど、望月先生の絵本の中で登場した「悪い鳥さん」というのは・・・・もしかして・・・・
スイートの「ぴーちゃん」の事なのかな・・・・(苦笑・・)

だけど・・・・

それにしても・・・・髪がほどけたトワイライト様の
「絶対に認めませんわ。プリンセスは、この私だけよ!!」のシーンは・・・本当に素晴らしかったですね!!



b0229545_convert_20150602133414.jpg


a38d63d9_convert_20150602133310.jpg


最後に・・・・

トワイライト様は、最近特に「ニセモノのプリンセス」とか「唯一無二の本物の・・・」という言葉を多用される
傾向にありますけど、
この本物ニセモノについては、プリキュアシリーズではないけど
私が大好きな西尾維新の「物語シリーズ」の中の「偽物語」で興味深いシーンが一つありました・・・

前述の「本物とニセモノ」については、つきひフェニックスの下巻の中で、
かなり印象的なセリフがあり、
それがとてつもなく印象に残っています。

戦場ヶ原ひたぎの確執の因縁の相手でもある、詐欺師・貝木泥舟のことを話す陰陽師・影縫余弦が
暦との会話の中のワンシーンなのですけど、
これがかなり色々な事を示唆していてとても面白いものがあったりします。

「これは貝木くんが昔、よう言っとった思考ゲームやねんけどな――本物と、それとまったく同じ
区別もつかんような偽物と、どっちのほうが価値があると思う?」

「これに対するうちの答は、当然本物のほうが価値がある、やった。忍野くんは等価値やゆうとったかな。
けど、出題者によれば、それは両方間違いやねんて。貝木くんはこない言うとったわ。
偽物のほうが圧倒的に価値があるってな」

「そこに本物になろうという意志があるだけ、偽物のほうが本物よりも本物だ――」

でもこの「本物とニセモノの違い」についての3人の見解の違いはかなり面白いものがありますし、
「本物に近づこうとする強い意志がある場合、ニセモノの方が本物よりも上」というのは
何となくですけど、ヘンな説得力はありそうな気がします。
ま、そのニセモノ理論を認めてしまうと、例えば、それじゃニセ札はどうなのかとか
女装男子の方が本物の女の子よりも綺麗だった場合はどうなるのかとか、
ま、確かに細かい事を考え出すと、その理論自体が破綻してしまうのですけど
最初は「本物の模倣」から始めたニセモノも、「本家本元を超えよう!!」と努力・改善を重ねる過程で
意外と・・・・
その本物自体すらも超越してしまう・・・・という感じなのかな・・・・

そして・・・同様な事が・・・・なんか・・・Goプリ・・・特にトワイライト様とはるかの間で
起きそうな予感もありますね・・・・
「別に生まれながらのプリンセスだけがプリンセスじゃないんだよ・・・
私のように・・・・たとえ今はニセモノかもしれないけど、
本物になろうとする本物みたいなニセモノプリンセスでもいいじゃない・・・
問題は・・・どういう過程の中で努力をしたか・・・という事じゃないの・・・?
かつてのあなたのように、別に努力もしないで血筋だけの正統さを盾にプリンセスを主張する事自体
ニセモノと大して変わりがないじゃないの・・・??」
みたいな事をもしも・・・・はるかがトワイライト様に言ったとしたら・・・・

私は・・・・
命を落としても構わないと思った・・・・(by 響け! ユーフォニアム第8話・・・・)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2250-86a11c66
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |