プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「浦和の調ちゃん」第8話ですけど、
なぜか唐突に「クイズ大会」モードに突入・・・・(苦笑・・・)
ま、このクイズにて、多少は埼玉に関係する事を取り上げて、いかにも「ローカルアニメ」に相応しい
ネタ作りに邁進する・・・という感じなのかな・・・??
ま、以前も何度も書きましたけど、埼玉県は・・・・他県と違って「これぞ埼玉!!」と全国的に知名度がある
名物名所が少ない県でもありますし、
県民の「帰属意識・郷土愛」は・・・多分47都道府県の中では、47位前後なのかな・・・・??
だからこそ、こうしたアニメを通して、他県の方というよりはむしろ埼玉県内に住んでいるいわゆる「埼玉都民」の皆様に
少しは埼玉の事も知って欲しい・・・みたいな意図は・・・
ま・・、そんなに無いのかな・・・??
ま、これはあくまで「ゆるーーいショートアニメ」ですからね・・・(苦笑・・・)





20150529-u023_convert_20150602124151.jpg


それにしても・・・・

上木崎常盤と生徒会長の沼影彩湖は・・・・事前の想像はるかに超えた「犬猿の仲」という
感じですね・・・(笑)
ま・・・あれは・・・
犬と猿の喧嘩というよりは、チワワとリスのたわいもない痴話喧嘩の範疇ですけどね・・・・(苦笑・・)
でも・・・・鉄道部って本気でこのクイズ大会に勝つ気があるのかな・・・・??
ま・・・普通に考えれば、田島桜と道祖土緑を出場させた方が、多分・・・・圧倒的に有利なのかも・・・??

そうそう・・・・

改めてですけど、このアニメも第8話まで進展しているのに
「三室美園」がいまだにたった一回しか登場していないというのは・・・・何か気の毒な気も・・・・??

もしかして・・・・

第5話で職員室に行く途中で迷子になって以来、いまだに迷子になったままなのかな・・・・??



うらとこ


さてさて・・・
第8話の中で、地元民すらあんまり知らない「彩の国21世紀郷土かるた」なんて言うローカルネタが
登場していましたけど
改めてですけど・・・・
あのかるたの札を眺めても・・・・
私自身、「なんだそりゃ・・・??」みたいに聞いたことが無いネタのオンパレードですね・・・(苦笑・・・)

例えば・・・・

おりづるに 願いをこめて 小川和紙

伝統の ささら獅子舞 受け継ぐ子

林業に 命捧げた 本多静六

なんかは・・・・正直・・・・よく分からない・・・・・(苦笑・・・)

ま、中には・・・

「サクラソウ かれんに優しく 県の花」みたいに既にこのブログでも取り上げたものもありますし、

「宇宙まで 夢をとどけた 若田光一」
「ホイッスル ひびけ心の スタジアム」
などのように、いかにも「最近のネタ・・・」みたいなものもあったりしますね。

そして・・・

「まが玉は 過去と未来の 首かざり」とか
「古墳群 武蔵の豪族 眠る墓」
なとのように、埼玉は・・・意外と古墳とかそれに伴う出土品が意外と多いという事を提示してるものも
あったりします。

個人的に「あ・・・なるほど・・・」と感じたのは、
「ケヤキの木 セミも木かげの 夏休み」の札かな・・・・

埼玉県とさいたま市は、実は「ケヤキの木」を県と市の「シンボルの木」として指定していますけど
埼玉県には、実は「国道463号」(地元の人間は、通称「うらとこ」と呼んでいます・・・浦和と所沢を結ぶバイパス
という意味があったりします・・・)沿いに・・・・
約17kmにわたって続く日本最長のケヤキ並木が・・・・実はあったりします・・・・
その街路には、埼玉県の木であるケヤキが2,400本ほど植えられ、「日本一長いケヤキ並木」
として親しまれていますけど、
確かに・・・あの風景は圧巻ですね・・・!!
私自身も、2001年から2006年に当時在籍していた住宅メーカーの展示場が所沢にあり
毎日毎日、この国道463号(うらとこバイパス)を車で通っていましたけど
確かに・・・思わず「自然って凄いな・・・」と何か圧倒されるオーラはありましたね。
ま・・・だけど平日の国道463号の交通渋滞はすさまじく、特に混雑していなければ普通はさいたま市から所沢まで
45分程度でたどり着くのですけど
平日の朝は・・・・大抵1時間半からひどい時は2時間程度も掛る事が多々あり
結構あれは・・・・イライラしたものですね・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2248-302fac96
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |