プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです・・・・






0dfcdb3b_convert_20150525192511.jpg


それにしても・・・この回のきららの可愛さと輝く魅力は本当に半端無いものがあり、
Go!プリの中では・・・・きらら=トゥインクル一推しの私としては・・・・本当に嬉しいものがありました。
Goプリの場合、主人公=メインのはるか=フローラという図式が極めて明確になっており、
物語全体の構図も、どちらかというと、はるかからの視線で描いているという感じもしますので、
どちらかと言うと・・・・みなみ・きららは、はるかに比べると少し焦点が当たりにくい・・・という感じも
ま・・・、感じない事は無いですので、
そうした意味では、こうしたきららに焦点が当たる回と言うのは本当に感謝感激!!という感じでしたね。
改めてですけど、やはり・・・ステラの「計算され尽されたようにも見える一見悪役orボケ役」の演じ方は
すごいものがあると思います・・・・
やっぱり・・・・この子にしてこの親あり・・・という感じがありましたね。
きららの半端ない気負いの気持ちとかプレッシャーなどは・・・・そんな事は若い頃の駆け出し時代に
多分・・・・ステラ自体も色々と思い当る節があったのでしょう・・・・
だから・・・・ステラ自身は、きららの反発が来ることは百も承知でああしたある意味見え見えの挑発とか
「私、天才だもん・・・!!」発言とかをやったのかな・・・??
ま・・・、それに対して、単なる反発だけで終わらせずに、結果的に良い意味での「開き直り」の気持ちに
自分自身の感情をコントロール出来たきららは、やはり大したもの・・・・としか言いようが無いですよね・・・!!
本当にこの子は中一なのか・・・とも・・・、ま・・思わなくはないのですけど、
ま・・・それは・・・まさに「私は中一です!! ぶっちゃけ、まだまだおこちゃまです!!」そのまんまの
はるはるとの対比と言う意味ではかえっていいのかも・・・・??
そして・・・・結果的にはそうした母親の意図もきちんと理解した上で、更に自分の更なる上の目標を見つけ出し
その夢の実現に向かって歩き出すきららは・・・既に・・・・プリンセスそのもの!!
ま、そうした事は前回のみなみにも全く同じことは言えて、
ま・・・、みなみの方が正直、「夢の実現のハードルの高さ」は高いかな・・・・
だって・・・・みなみの肩には・・・海藤グループに在籍する膨大な数の社員の将来も掛っていますからね・・・・

その①でも書いたのですけど、
そのあたりが今後のGoプリ全体の課題なのかな・・・・??
みなみときららは・・・既に「プリンセス」という意味では完成形に近い側面もあり、
それぞれ明確な「ハードルの高い夢」を持っていて、その夢の実現のために・・・・日々の努力を怠らないし
そのためにノーブル学園に入学したという経緯があります。
みなみときららの視点に立つと・・・・
自分たち二人が「プリキュア」として頑張っているのも、プリンセスレッスンをこなしているのも
ある意味・・・・人ったらしで魅力が尽きない妹みたいなはるかのため・・・はるかのお付き合い・・・という
側面も決して否定は出来ないような気がします・・・
つまり・・・・現時点でのGoプリは・・・・
そうですね・・・ま、前作/ハピネスチャージにおける、
出来る子=ゆうこ・いおな対出来ないポンコツな子=めぐみ・ひめほど露骨ではないけど
何か・・・・目標が具体的で明確な子=みなみ・きらら対目標が抽象的な子=はるかという構図が
透けてみえる気がします・・・・
そして・・・・この事こそが・・・・何となくですけど、
トワイライト様につけ込まれる余地のような気もしますし、逆にトワイライト様がプリキュア側の立ち位置になってしまう
側面のような感じもあります・・・
アンラブリーがラブリーに対して「ほーんとダメな子・・・めぐみは誰も救う事が出来ない・・・」と
精神攻撃を仕掛けたのと同様に
トワイライト様がはるかに・・・
「ほーんと、ダメな子・・・他の二人は明確で具体的な夢を持っているのに・・・あなたは何一つ具体的な
夢を持っていない・・・・
あなたの夢のプリンセスってそもそも一体何なの・・・? そんな漠然とした抽象的な事を目指す意味って何なの・・?
第一・・・・あなたはプリンセスでも何でもない・・・
そう・・・・プリンセスとは・・・この誇り高き生まれながらの黒きプリンセスの私一人で十分・・・・
お前の存在価値など無い・・・!!」
みたいなえげつない精神攻撃を仕掛けて、はるかが凹んでしまう事も予想されますし、
逆に・・・・はるはるの例によって・・・あのとてつもない前向きさから
「そんな事ない!!」と言い切られてしまい、それが結果としてトワイライト様の何か・・・心境のご変化になってしまう
可能性もあります・・・

改めてですけど・・・・

トワイライト様・みなみ・きららって何かある意味似ているのですよね・・・・
「生まれながらのプリンセス」という意味では・・・・
ディスピアの娘であるトワイライト、親が既に「社会の成功者」であり、その血筋を受け継いでいて
本人たちの資質・才覚の面では申し分のないみなみときらら・・・・
一方・・・・はるか一人、そうした意味では蚊帳の外・・
(ま・・・はるはるは普通の庶民ですからね・・・・)
そうした「周囲」がたとえ、完成された人たちであっても、その人たちに追いつこう・・そのために日々の努力を
怠らないはるかの「前向きな気持ち」が
トワイライト様・みなみのような「生まれつきの血筋」にも決して劣る事は無いというに気付くことが
トワイライト様の「今後の変化」のきっかけになるのかな・・・・

ま・・・だからこそ・・・・「プリンセスの意義」に何か一歩踏み込みがありそうな予感もある次回の話が
とてつもなく興味津々という感じですね。
それと・・・・前述の話は・・・最近私が脳内妄想している「ディスピアとトワイライトに親子関係は無い」という事とは
明らかに矛盾していますので
そのあたりの・・・・展開も・・・とにかく目が離せそうもないという感じですね。



08f6a5bb_convert_20150525192650.jpg


でもな・・・・こういうきらら回なんですから、きららの単独変身にして欲しかったですね・・・・

た゜けど久しぶりに、きらら単独の「お覚悟は宜しくて?」の口上とあの指ぱっちんと流し目を見れたから・・・
それだけで・・・何か感激!という感じです。

この回ですけど・・・・
小ネタですけど、アロマがきららの家で菜っ葉を食べていて完全にペット扱いだったり
パフとアロマの紹介の中で
「パフは学園内のペットだけど、アロマはパフの付属品・・・」というのも何か笑ってしまいました・・・・
アロマも・・・・二つ前のお話では一応・・・・人間の執事だったのですけど・・・
それが菜っ葉なんて・・・・(苦笑・・・)
前回のみなみのリゾート施設訪問では、ゆいちゃんは・・・・思いっきりはぶられて
今回も・・・・ステラの家にお泊り出来ず、今回もはぶられたか・・・と思ったら
ファッションショーにはちゃんと招待されていたのですね・・・・よかった、よかった・・・
はぶられていなくてよかった・・・・

0c6b9a3b_convert_20150525192446.jpg


2f060fc7_convert_20150525192538.jpg


最後に・・・・

トワイライト様ですけど・・・・

シャットに「あのドレスアップキーを奪い返してきなさい!!」と上から目線で言う辺りは・・・
多分・・・このお方は・・・・
「自らの手は汚さず、嫌な事は全て部下に押し付けてしまう」上司みたいな感じなのかな・・??
ま・・・そのあたりはいかにも「生まれながらのプリンセス」という事なんでしょうけど・・・

それにしても・・・・

「トワイライト様あぶない!!」と駆けつけたまではよかったものの・・・
トワイライト様が、咄嗟に無言で青の光線をを作り出し、その光線の巻き添えを食った挙句、
今回も敗戦というシャットは・・・・
うーーん、このお方はクローズ同様、いつ退場しても不思議ではない感じですね・・・・(苦笑・・)

だけどな・・・・
誇り高きトワイライト様に「連戦連敗」は似合わない・・・
今回は・・・・引き上げの際は、珍しく悔しそうな表情を見せていましたけど
さすがに・・・・そろそろやばい状況になるかな・・・
次回・・・ディスピアとの謁見があるようですけど・・・・
まさか・・・・
「こんな敗戦続きとは・・・・・お前は、もう私の娘ではない・・・!!」みたいな「解雇通知」(?)を貰ったりは
しませんよね・・・・
次週、フローラとの一対一のバトルがありそうな予感もありますけど、
その時は・・・・
私は一体どちらの応援をすればいいのだろう・・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2231-d10228fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |