fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


この曲のタイトルですが、コンサートでのプログラム表記は色々あります。
「荘厳序曲」という場合もありますし、「大序曲」と表記される場合もありますし、
「祝典序曲」という場合もあります。
何か自分にとっては、「荘厳序曲」という方が何となくしっくりくるので今回はこの表記に
したいと思います。

ご存知の通り、この曲は、ナポレオン率いるフランス軍がロシア侵攻を図ったものの
冬将軍到来と各地での火攻めにさらされ、退却を余儀なくされたという歴史的事実を音楽で
表現したものです。

聴きどころは下記の二点かな

1.フランス国歌が、最初は勢いよくテーマとして表れ、フランス軍優勢を示唆しているのだけど
 ロシア軍が優勢となり、フランス軍が撤退する際の場面は、徐々にフランス国歌が
 消え去っていく非常に分かりやすい構成を取っている事。
 あまりにもシンプルすぎて、その辺が万人に受け入れられた。
 だけど当然ながらこの曲はフランス国内で演奏されることは皆無に近いそうです。

2.ラスト近くで、ロシア軍勝利を讃える際に、大砲がぶっ放たれますが、初演でも実際に
 大砲を打ち鳴らしたそうですで、CDや演奏会でも大砲が数発派手にドカーンと打ち鳴らされ、
 聴く方としては気分爽快・迫力満点という感じです。

実際にこの曲は都響と日本フィルで聴いた事があります。

曲がシンプルすぎる分、大砲の部分まで正直「冗長」に感じられます。
大砲の部分は、都響は、空気を送り込んで音を発生させる装置みたいなものを持ち込み
大砲に近い音を模写していました。
日本フィルは、確かシンセサイザーで代用していたような記憶があります。
確かに生で聴くと、この部分だけは迫力満点ですよね。
大砲に隠れがちですが、大砲の部分のメロディーは、ロシア国歌ですが、これはいかにも
勝利にぴったりのメロディーですよね。
ちなみに、同じチャイコフスキーの「スラブ行進曲」もラスト近くにロシア国歌が堂々と吹奏
されます。

CDの演奏では、個人的にはマゼール指揮の演奏が好きです。
演出を色々ゴチャゴチャ取り入れて、かえって訳のわからない仕上がりとなったのが
デュトワ=モントリオールかな・・・
序奏は合唱なんか入っちゃうし、後半の大砲の部分からシンセサイザーが乱入し、
メカニック的にガチャガチャ鳴らして、肝心の大砲が全然聴き取れないし、
正直よく分らない演奏です。
指揮者・演奏団体は忘れましたが、最後の和音が響いた後、協会の鐘の音がゴーンゴーンと
鳴り響いてフェイドアウトしていく演出の演奏もありました。

実は、吹奏楽編曲ですが、自分自身もこの曲を高校二年の定期演奏会で演奏した事があります。
正直クラリネットパートは16分音符の連続で、あまりに速いパッセージの連続に
ヒーヒー言っていました。
冬休み・春休みの誰もいないがらーんとした校舎の中、ストーブも暖房も何もない寒い状況で
一生懸命音符を追いかけていたさむーーい記憶があります。
原曲は、チェロを中心とした弦楽器が朗々と少しさみしげにテーマを語りかけていきますが、
元々の吹奏楽アレンジ版は何とこの部分をトランペット五重奏にしちゃっています・・・
いくらなんでもこれでは雰囲気ぶち怖しという事で、指揮者の判断でこの部分は
トロンボーン6本が吹奏しましたが、意外とトロンボーンの音色とこのさみしげな部分が
妙にマッチし、トロンボーン奏者もヴィヴラートかけまくっていたせいもあり、
結構良い評判でした・・・
肝心の大砲の部分は、指揮者は色々と悩んでいました。
その頃、仙台市内の一般吹奏楽団がいくつか集まってウィンターコンサートを開催し、
ラストの曲をこの曲で臨んでいました。
参考の為に聴きに行ったのですが、冒頭はトランペットのへなちょこアンサンブルだし、
大砲は、バスドラムが一台ヘロヘロと鳴るだけだし、あまり良い印象はありませんでした。
この演奏を反面教師にし、仕上がったアイディアが、冒頭のトロンボーン使用と
大砲部分を何と、計六台の大太鼓と二台のドラを同時に打ち鳴らし、大砲の部分を模写してみよう
というものでした。
大砲だけで打楽器奏者を8人も使用するので、実際にこの部分の練習が始まったのが、
新入生入部以降でした・・・しかも定期演奏会まで3週間を切っているのに・・・
最初は打楽器セクションの後ろで演奏していると、耳の鼓膜が冗談抜きで破られそうになる程の
強烈な破壊音に全員ドン引き状態でしたが、
練習の成果が見事に発揮され、本番ではうまくまとまり迫力満点の演奏が出来たと
思います。

ちなみに、本当の話ですが、この1812年の演奏は、
あのバンドジャーナル1983年5月号にも取り上げられています。
記事には「ホットな演奏」と好意的に書いてもらったのが幸いでした。

今となってはホント、良い思い出ですし、生涯の一つの「誇り」です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/222-490e63ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |