プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今回のお話は・・・・キュアアクア回でも無くて、勿論キュアロゼッタ回でも無くて・・・・
純粋にマーメイド回です・・・・(笑)
歴代プリキュアにおいて「お金持ちのお嬢様」と言うと、かれんさんとありすが思い浮かびますけど、
かれんさんも相当の御令嬢でしたし、島一島を丸ごとお持ちになっている大変なお金持ちなのですけど
ま、かれんさんの御両親は・・・・忘れられがちですけど、別に大企業のオーナーとか財閥ではなくて
一応・・・・世界を旅する音楽家ですので・・・・
(言われてみると・・・・そうした設定はスイートの響の母親のまりあさんもそうでしたよね・・・・
 響は・・・歴代でも屈指の寂しがり屋さんみたいな感じもありましたけど、
 かれんさんは・・・・あんまりそうしたイメージは持たせなかったのは、さすがに孤高なお方らしい話でしたね・・・)
果たして・・・
海藤家と四葉財閥は・・・・どちらがよりお金持ちなのかな・・・・??
ま・・、何となくですけど・・・・四葉財閥にはどうあがいても勝てそうもない・・という感じですね・・・(苦笑・・)
何となく感覚としては・・・・
四葉財閥は既に完成された世界に冠たる世界的コンツェルン・・・・
海藤家はこれから飛躍しようとする新興勢力・・・・
なんかそんな感じがありますね・・・(笑)

それにしても改めてですけど、
みなみは・・・・既に一人の人間として「完成された様な」イメージすらありますね。
本当にこのお方は・・・・歴代プリキュアの中でも稀有といってもいいくらい、欠点と言うか修正すべき個所が
見当たらない・・・・
(ま・・・お化け嫌いというのは・・・軽い余興ですね・・・)
人としてのバランスが見事に取れている方ですし、
既に「強く、優しく、美しく」というGoプリの共通理念を確立されていると言っても過言ではないという印象すら
あります。
それでいて・・・・今回の話の中では、
実は今一つ具体的ではなかったのかな・・・とも思われるみなみの将来の「夢」が具体的にきっちりと
描かれていた事は大変好感が持てると思います。
多分・・・・みなみは・・・・将来は・・・・企業人としても「魅力溢れる経営者」・「誰からも尊敬を集められる経営者」に
なるのかな・・・とも既に中二の段階から感じさせてくれますね・・・・
お兄様からも愛されて、イルカからも愛されて、おまけに・・・・はるはるからももっと愛されている・・・
うーーーん、みなみ様・・・・なんという大物ぶり・・・愛されぶり・・・!!
すごいよ・・・、凄過ぎるよ・・・!! みなみ様!!

余談ですけど、よくみなみとプリキュア5の水無月かれんはよく似ていると言われますけど
少し違うかな・・・??
かれんさんの場合は・・・・実は、物語の前半頃までは、みなみのような「明確な将来の夢」というものを
確立は出来ていなかったし、
バランス感覚溢れるみなみに対して、かれんさんは・・・・
ま・・・、ちと怒りっぽいし、意外と短気で喧嘩っ早いし、意外とボケ要素もあったりして
たまーにですけど、こまちからいじられて困っちゃっている時もありましたよね・・・・(笑)
ま、そういうかれんさんが、私は大好きでしたけどね!!






さてさて・・・・今回のお話は当然、みなみがメインなのですけど・・・・
やっぱり・・・・私は・・・・トワイライト様なんですよね・・・・(苦笑・・・)
でも・・・・今回のトワイライト様は・・・少し「変化」があったように感じもありましたね。
みなみとお兄様のイチャイチャ振り(?)を見せつけられて、何か瞬間的に胸がチクッ・・・・となられたようですけど・・
あれは・・・・
「キュアスカーレット」になるためのフラグが立ったというか・・・
いよいよ「プリキュア」に転身されるまでの準備段階が始まった・・・という感じなのかな・・・??
「胸がチクッ・・・」と言うとドキドキのレジーナを思い出してしまいますけど、
レジーナの場合、瞬間的にプリキュア側の立ち位置になってしまったのは、
自分の話に耳を傾けない父親にイラッとしてついつい反抗的態度を取ったら・・・父親から本格的に
折檻を食らってしまった・・・・
その場の雰囲気というか流れの一環みたいな形で、そのまんまマナ達と一緒にいわば「家出」みたいな形に
なってしまったけど、
最終的には・・・「自分が父親を守らないで一体誰がこの人を守ってあげられる・・・」みたいな形になった上
結局は再度父親から洗脳されてしまったみたいな感じでした・・・・
レジーナの場合、あの時点で「なぜプリキュアになれなかったのか・・・」と言うと
やはり・・・、ま、歪んではいたけど、父親-娘という親子関係が確立されていたからに他ならないからです。
それでは・・・・
トワイライト様は・・・本当に巷で囁かれているように「プリキュア」におなりになってしまうのか・・・??
ま、その答えは・・・制作者サイドとスポンサーしか知らないのでしょうけど(笑)
私としては・・・・
何度も書いているように、現時点での状況だけでは、トワイライト様がプリキュアになってしまうには
あまりにも「動機」・「必然性」が無いという事なのです。
その上・・・現段階では、トワイライト-ディスピアという「母娘関係」に特に問題性があるとは思えませんし、
トワイライトがディスピアを裏切り離脱する動機が全く見いだせない・・・という大変厄介な問題を内在
させています。
これまでのプリキュア的ロジックでは・・・・
「友達と偽って友達の振りをしていたら、いつの間にか自分自身が本当にプリキュアと仲良くなってしまった・・・」とか
「プリキュア側の温かいハートについつい自らの心が動揺してしまった・・・」みたいな感じになっていましたけど
従来のロジックが簡単に通用するほど
トワイライト様は・・・・決して甘くは無いと・・・私は確信しております・・・!!

少し前の記事でも触れましたけど
この点をクリアにし、トワイライト様のプリキュア化を図る事が出来る今の所、考えられる方法で
スッキリと妥当性があるのは・・・
やはり・・・・
どう考えても、トワイライト様とディスピアの間に実は親子関係は存在していない・・・という事なのかなと
思っています。
実は既に何人かの方が提唱されているようですけど、
意外と・・・・
トワイライトは実はカナタ王子の妹だった・・・というのも決して的外れではないような気もします・・・
いやいや、それは何か大いに可能性としてはあり得るのかな・・・とも思っています。
ディスダークの侵略の際に、実は・・・・カナタ王子の妹も奪ってきちゃって
自分の子供として育てながら洗脳をしてきた・・・・
今後物語が進行する過程の中で、どこかでそうした事実が明らかにされ、
トワイライト様の洗脳が解けていく・・・・
何かそれがトワイライト様のプリキュア化という観点からは一番妥当性があるような気がしてなりません・・・・

但し・・・・!!

それはあくまで「予想」の話・・・・

私個人は、あくまで・・・・出来ればトワイライト様は誇り高き黒のプリンセスとして、最終決戦あたりまで
フローラ達と激戦を繰り広げて欲しい気持ちに変わりはありません・・・・
もしも・・・・トワイライト様がプリキュアになってしまったら・・・・
ディスピア様から
「裏切り者・・・!!」とか散々精神攻撃を受けそうだし、
育ての親と実の親の愛情という観点からも色々と諸問題が発生しそう・・・・
反面・・・・・
もしもトワイライト様がプリキュアになったとしたら・・・・当然ノーブル学園入寮という事になるのでしょうけど、
そもそもトワイライト様は・・・学年で言うと一体何年生・・・・??
ま、少なくともはるかと同じ中一というのは・・・・さすがに無理があるかな・・・・(苦笑・・・)
もしも仮に3年生だったとしたら、一条らん子と同室になったとしたら・・・・・
毎回毎回らん子にイラッとしながら、ついつい・・・・蹴りを叩きこんでしまう事になるのかな・・・・・??

それにしても・・・・

みなみとお兄様が仲良く談笑している際にトワイライト様の胸がうずかれる・・・・という事は・・・・
何か過去の「兄-妹の絆」に思い当る節があるという伏線なのかな・・・・??
トワイライト様は・・・・ディスピアの洗脳により、
「過去のカナタ王子との楽しい思い出の記憶」は全て抹消されているのだけど、
何かの出来事で、瞬間的にそうした「過去の記憶」が蘇っていく・・・・という事になるのかな・・・・??



a281ac54_convert_20150518183046.jpg


cc1b0032_convert_20150518183113.jpg


それにしても・・・・トワイライト様は・・・本当に魅力たっぷりのお方ですね・・・・
私、トワイライト様の登場までは、比較的、きららとかはるかの視点から物語を見ている傾向に
あったのですけど、
その辺りは完全に一転してしまいましたね・・・・
前回も・・・・
フローラがゼツボーグを撃破した際も・・・・
フローラに対しては・・・「チッ!! こらこらフローラ、お前余計な事しないで、たまにはゼツボーグに倒されろ!!」とか
プリキュア愛にあるまじき独り言を呟いてしまいましたし(苦笑・・・)
今回の話も・・・・
タコに捕捉されて身動きが取れないフローラとトゥインクルを援護するマーメイド様に対しても・・・・
「チッ!! こらこらマーメイド、今回は・・・二匹もゼツボーグがいたのだし、たまには撃破しないと、
さすがに連敗続きでは、トワイライト様の立場も無いだろうから
一度くらいは負けたっていいじゃん・・・」と思わず心の中で叫んでしまいましたからね・・・・(苦笑・・・)

引き上げる際、トワイライト様は、
マーメイドすらにも「偽れのプリンセス」と言っていましたけど、
フローラに対してこの言葉は、「ま・・・現段階では確かにそうかも・・・」となってしまいますけど、
マーメイド様は・・・・トワイライト様同様、既に「完成されたプリンセス」の域に達していますからね・・・
でも・・・・
「キュアマーメイド・・・名前を覚えておくわ・・」と
今回でようやくマーメイドもトワイライト様から「プリキュア」として認知されたようですね・・・・
よかった、よかった・・・・(苦笑・・・・)

あれれ・・・、そうなると・・・・いまだにトゥインクルは・・・・
トワイライト様から名前すら憶えられていない存在という事になるのかな・・・・??


20150517131841_convert_20150518183013.jpg


最後に・・・・

今回の話で「タコ」のゼツボーグが登場しましたけど、
タコの怪物というと、思い出すのは・・・・フレッシュの「美希とせつなの大切なもの」の泣かせる回ですね・・・
せつなの「私が本当に怖いのは・・・・あなた達がいなくなる事・・・」と言う話がメインでしたけど
あれは本当にいい話でしたね・・・・!!
あの回、私も大好きなのですけど・・・・・
同時にウエスターのバカ振りが全開になった回でもあり、
「これからたこ焼きは恐怖の食べ物になる・・・んでもって残ったたこ焼きはぜーんぶ、俺が食べる!!」とか
タコのナキワメーケに対して
「こら、このタコ!!」とツッコミを入れてタコのナキワメーケから「たこです・・・」とツッコミ返される
ウエスターは・・・・本当に大好きでした!!

Goプリは・・・・多分・・・・シャットの殉職も時間の問題なのかな・・・・??
(ま・・・・ご本人は・・・麗しきトワイライト様のために散る事が出来るならば・・・・本望なのかな・・・??)
トワイライト様が、本当にプリキュア化したら・・・・
ディスダークの幹部の人手不足は一目瞭然・・・・
そうなると・・・・
ウエスターみたいな「愛すべきバカ」とか
同じくフレッシュのノーザみたいな知的で狡猾な敵幹部の登場があってもいいのかも・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2209-78e86c20
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |