プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我ながら「またか・・・」という感じではありますが、
この「誇り高きトワイライト様」ついて少々補足を・・・・
ホント、最近我ながら「自分はプリキュア見る資格もないし、語る資格も無いのかな・・」と思う瞬間も
ありますし、
特にひどいのは・・・・
フローラがゼツボーグを撃破した時に、思わずトワイライト様の視点に立ってしまい
「チッ・・・・!!、お前なんか倒されればいいんだ・・・」みたいに感じた事もありましたし、
フローラが「ごきげんよう」とか「お覚悟は宜しくて・・・?」みたいないつもの決め台詞を言った際は
「お前、何て失礼な事をトワイライト様におっしゃるのだ・・・・、お前がそんな大口叩くなんて100年早いわ・・!!」
みたいに思わず呟いてしまう事すらあります・・・・(苦笑・・)
でも、これって「プリキュア愛」を自負する自分にとっては極めて異例な事だと思います。
というか、ほとんど感じた事がない感情ですね・・・・
あ、勿論歴代のポンコツ的幹部、例えば・・・・・キントレスキーとかブンビーさんとかウエスターとか
ウルフルンとかオレスキーにたまらない「共感」を感じた事はありますよ。
だけど・・・・・
プリキュアが倒されても構わない・・・・と感じた事は一度も無かった・・・・
だけど今作のGoプリだけは・・・・唯一の例外なのかもしれませんよね・・・・

これまで何度も書いていますけど、トワイライトのような敵幹部がプリキュア側の立ち位置に
ポジション変更した事例はかなりあります。
そしてそうしたケースの場合は、プリキュア側の立ち位置に変更した元・敵幹部に対しては
例外なく「これからも頑張って・・・」みたいに無条件で応援してしまう・・・・というのが
これまでの私のスタンスだったと思います。
SSの満と薫は、あまりにも分かり易い流れでしたし、
もしもSSに二期があったと仮定して満がキュアブライト薫がキュアウィンディになったとしても
あの4人は無条件で祝福していたと思います。
フレッシュのイースに関しては・・・・
うーーん、そうですね・・・・
私としては、かえってミユキさんが4人目のプリキュアになって史上初の女子高生プリキュアが誕生した方が
分かり易かったのかな・・・と思える時も、ま、確かにありましたし、
あの時点でイースがプリキュアになった際は、正直「なんで・・・」みたいな違和感は感じました。
だけど、結果論なのですけど
あの時は・・・・・
ラブの「罪を憎んで人を憎まず」と「悪い事をしている友達を正しい道に導くのが自分の使命」という
美しい論理と
ラブとイースの涙なか゜らのガチンコバトルを見てしまうと・・・・・
「ああ、やっぱりイースはプリキュアになるべくしてなったんだ・・・・」と妙に感動を覚えたのも紛れも無い
事実ですし、イースがキュアパッションになって以降は・・・・
時にパッションが「贖罪と懺悔」の念に悩まされている際は・・・・思わず
「そんなに悩まなくても・・・・もうあなたは十分自身の罪に向き合い、罪滅ぼしをしてきた・・・」と
心の中で叫んでいたものです・・・・
セイレーン(エレン)については・・・・あんまり語る必要はないですね・・・・
だって、元々はメイジャーランド=プリキュア側の立ち位置だった人ですし、
エレンがプリキュアになった際も・・・・
感覚としては・・・・「おかえりなさい・・・」という感覚の方が強かったかな・・・・
ま、エレンもイース同様、罪の意識は相当感じていたようですけど、例の「ごめんなさーい」以降は
すっかり吹っ切れて、れいかも真っ青の「ボケ道」一直線になってしまいましたから、
エレン=キュアビートに関しては、本当に心の底から「プリキュアとして頑張って・・・!!」と応援したものです。
ドキドキのレジーナの場合は・・・・
結局はプリキュアにはならなかったものの、
あの時点では・・・・レジーナがプリキュアになる必然性も動機もまだまだ弱かった・・・・というか
「なんでレジーナがプリキュアになる必要があるのか・・」という事が明確に論理化できなかった・・・・
だから・・・・レジーナはプリキュアにはなれなかった・・・という感じがします。
何て言うのかな・・・・
レジーナの場合は、一時的にせよプリキュア側の立ち位置になったのは、父親との関係性の問題・・・・
あれは・・・・
例えは極めて悪いけど、
家庭内で日常的に父親からDVを受け続けた娘が、父親を恨むという感覚すらも超越し
「父親がこうなったのも自分のせい・・・・自分がいなくなったら父親はどうなるのだろう・・・もっと悪い人になる・・」という
ヘンな錯覚に陥るというものに何か被るものがあるような気がします。

こうやって歴代プリキュア達を振り返ると
敵幹部がプリキュアになったとしても、こにはそれぞれの必然性がありましたし、
結果的にプリキュアの立ち位置になったとしても、それぞれに「よかったね・・・」と言ってあげたいというのは
ほぼ共通項目だと思うのです。

だけど・・・・

なんかトワイライト様は全然違うのですよね・・・・
これまで何度も書いている通り、トワイライト様にはプリキュアになる動機も必然性も全く無い・・・・
そして、レジーナのように「親子関係としての問題性」も今の所・・・特に感じられない・・・
それじゃ、なんでトワイライト様はプリキュアにならなくてはいけないのだろう・・・・
その必然性はどこにあるの・・・・とやはり感じずにはいられません。

そこで・・・・・提起したいのは・・・・
意外な人の名前を出すかもしれませんが、前作/ハピネスチャージプリキュアの
歴代最高の(?)「ポンコツプリキュア」たる「キュアプリンセス」の存在なのです。
確かに・・・・
キュアプリンセスとトワイライト様には一つ共通点があるのです。
何かと言うと「生まれながらのプリンセス」であるという事・・・・・
(ま、厳密に言うとスイートのミューズもそうなのですけどね・・・)
だけど・・・・・言うまでも無くキュアプリンセスとトワイライト様では・・・・
うーーん、ひめには本当に申し訳ないのですけど、まるで「月とすっぽん」以下なのです・・・・(苦笑・・)
ま、例えば・・・・
キュアプリンセスがトワイライト様に対して、
「生まれながらのプリンセスを名乗り自慢するとは何たる体たらく・・・・、ここは私があなたの腐った根性を
叩き直してやる」とかほざいて決闘を申し込んでも
多分・・・・ほんの一秒でキュアプリンセスはトワイライト様にボコボコにされてしまうでしょう・・・(苦笑・・・)

だけど・・・・

キュアプリンセスは・・・言うまでも無い事ですが、一年間を掛けて得たもの、学習したものは
本当に多いと思うのです。
あのぐらい「成長」と「学習効果」・「学びと気づき」が感じられたプリキュアは珍しいとさえ感じます。
ここで何を言いたいのか・・・・
別に「生まれながらのプリンセス」だって、全てが完璧という事ではない・・・・
必ず・・・・何かしらの「伸びしろ」というか「得るモノ」はあると思うのです。
それは決してトワイライトですらも例外でないと思うのです。
勿論、トワイライト様の現時点での「完成度」は極めて高いのは言うまでもありませんし、
別にプリキュアにならなくてもそのままで十分なのかもしれません。
だけど・・・・・
やはり「何か」が足りないような気もします・・・・・
そしてその「何か」とは何なのか・・・・
それがもしかして・・・・・フローラ=はるかが無意識に持っているものではないのかな・・・と思っています。
はるかが歴代プリキュアの中でも群を抜く「人ったらし」というのは
何かそのあたりを意図しているのかもしれません・・・
事実・・・・・トワイライト様自身、はるか=フローラを見る視点は初登場時に比べると
幾分・・・・変化しているような感じも無くは無いのかな・・・・・???

トワイライト様のお心に何かしらの変化があるとすれば・・・それを誘発しているのは
やはりフローラ=はるかの「人としてまっすぐな心・夢に向かってひたむきにまっすく゜に進んでいこうとする思いの強さ」
なのかな・・・・






99cd588d_convert_20150513225457.jpg



先程、レジーナの「父親との問題」について触れましたけど
その観点においては、今の所は、特段ディスピアとトワイライトの母娘関係に問題があるとは
感じられません・・・・
そうなると・・・・・
仮に本当に本当に、トワイライト様がプリキュアになってしまうとすると
その母娘関係とか
子供が親を裏切ってまでプリキュア側に付いてしまうその「価値観」とは一体何なのか・・・・というのが
やはりどうしても気になってしまいます・・・・

トワイライト様がかなり強調されている事は・・・・

「私は生まれながらのプリンセス」・「私は生まれながらにしてプリンセスの資質を備え持っている」
という「選ばれし者」という選民思想なのかな・・・・
だけど・・・・・
もしも・・・・ディスピア様との間に・・・・実は「親子関係」が存在しないとするならば・・・・・
このトワイライト様の選民思想は根底から崩壊する事になってしまいます・・・
そうなってしまうと・・・・
トワイライト様がフローラに対して挑発するお言葉、「偽りのプリンセス」とか「自称プリンセス」というのは・・・・
そっくり自分自身に向かう結果となってしまいます・・・・
でもな・・・・
今の所、私のポンコツ脳内貧弱妄想においては、
トワイライト様が母娘関係を捨ててまでプリキュア側の立ち位置になる際の動機・必然性のロジックは
これしか思い浮かばないのですよね・・・・・

ま、何が起こるのか分からないのがプリキュアの最大の面白いところでもありますので、
とにかく・・・・
トワイライト様にハートキャッチされなか゜らも・・・・
この物語をじっくりと楽しんで見ていきたいと思います。

結局のところ・・・・

トワイライト様の「心のチェンジ」のきっかけって

1.はるか

2.ディスピアとの母娘関係

3.カナタ王子との何らかの絡み

だと思うのですけどね・・・・

何となくですけど・・・・・

トワイライト様が大暴れしてプリキュア達がかなりやばい状況になった際に
「これで終りよー」と絶叫するトワイライト様の目の前に現れたのは・・・・・
カナタ王子・・・・
その時のトワイライト様の反応は・・・・・
「え・・・・、カナタ・・・・なんでここにいるの・・・・私は・・・・あなたとは絶対に戦いたくない・・・・」という事にでも
なるのかな・・・・??


以上・・・・・私のしょーもない「脳内妄想」でした・・・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トワイライト中毒のぬくぬく先生様へ

こんばんは。昨日は丁寧なコメント、ありがとうございました☆「第六の幸運を
もたらす宿」~ハッピーエンディングは「刑事コロンボ」のBGMだったのです
ね…!この作品、曲との関係については知らなかったので、是非とも映像付きで
聞いてみたいですし、曲の印象も変わりそうです。ピッコロの独特の音色もです
が、特に印象に残った理由の一つは…吹奏楽部時代から憧れの楽器の一つであった
事も関係するかもですね。フルート、ピッコロパートは学年に1人で、同じ演奏者が
同じ曲の中でも持ち替えて両方演奏する姿、フルートの美しい、ピッコロの軽快な
音色も好きでした。そして上品なお嬢様なイメージが強い楽器の一つでもあります。

また私にとっての「ネットの世界」は「現実世界でなれない自分にもなれる世界」
であり、ぬくぬく先生様がおっしゃる通り、両方を使い分けて、両方を楽しんで
いますね。私も結構古い作品について語っているので、その時は…「備忘録」と
いう感じかも…?私の場合は「後世」というよりは、偶然であっても何らかの
ご縁で自分の記事に辿り着いた一人でも多くの方に、素敵な作品、キャラに
興味を持って頂けたら良いな、と思いつつ書いている感じです。


プリキュア同人誌については…少しでも面白さが伝われば幸いです!プリキュア
メインに置かれているエリアから好きな物を買っただけで、地元のとらのあな
でも手に入っていたかもですが、やはり我慢できず買ってしまいました(笑)
特に前々から狙っていたバリトン様アンソロや三銃士本は手に入って嬉しかった
です!そしてファンゆうの良さを改めて感じましたね。本当に入り込む余地が
ないですよね…!また色々と仕上げてからになりそうですが、今回の同人誌が
きっかけで、ファンゆう線画を早く仕上げたい気持ちが更に高まりました☆

それにしても…最近のブログからは、ぬくぬく先生様のトワイライト様への
溢れんばかりの愛情が伝わってきて…シャット同様、正直トワイライト様中毒、
重症だなぁ…という印象です。(※誉め言葉です)まさかフローラに舌うちして
しまうレベルとは…悪の素質があるのかも…?(苦笑)トワイライト様はそれだけ
魅力的な存在なので仕方ないのかもですね。私の場合、悪役に心奪われるのは
よくある事で…フレッシュのサウラー、スイートのバリトン様は正直…
悪役時代から今も「プリキュア以上に好き」です(笑)なので見る資格も
特に必要なものではないと思いますし「プリキュア側の応援」は
小さな子供達にお任せして、自分なりに楽しめば良いと思っていますよ。

そして私も正直、トワイライトはプリキュアになって欲しくないですし…
プリキュアになる理由も見当たらないんですよね。個人的にはドキプリの
レジーナのように終盤まで敵側にいて欲しいです。当時はエースの正体が
レジーナという予想もありましたが、プリキュアにならなかったこその
レジーナであったと思います。それと…声優の沢城みゆきさんは私の萌えの
原点であるDiGiCharatの猫耳+セーラー服+ブルマの5才児・ぷちこ
イメージです(笑)こどもっぽい可愛らしい声からトワイライトのような
麗しいお姉様の声まで演じ分けが素晴らしく、お気に入りの声優さんです。

またロマゆいイラストにも感想ありがとうございました☆ひそやかさ、
内面的美しさを感じて頂けて嬉しいです!ゆいちゃんは初めて見た時から
描きたかった子なので、挑戦できて私が普段ゆいちゃんに感じている
お誉めのお言葉も頂けとても嬉しいです。アロマに対しては「写実的」
と意外なお言葉をありがとうございました!全く意識せずに描きたい
勢いで描いたので、この感想は驚きでしたね。

今日はこれから、あの作品のあのコンビで更新予定なので(おそらく
予想はできているかと思いますが…)お時間のある時に見て頂けると
幸いです。ぬくぬく先生様もお仕事お忙しい中だと思いますが、お体に
お気を付けて!では読んでくださり、ありがとうございました☆

すべての闇を光へ変換

こんばんは~。
もうご存知かもしれませんが、このたび、悩みに悩んだ末、片方のブログの引越をしました。
今やっと、色んな設定が一段落し、少しは落ち着いたところです。
幸いだったのは、ぬくぬくさんのコメントを全て、そのままの形で移せたことです!

さて、私もナマケルダあたりに共感することが多く、
「間違ったことは言っていないし、別に改心させることはないのでは?」
などと斜に構えて見ていた記憶があります。

このプリキュアという作品は、闇っぽい要素を、最終的に全て光へと変換するのが特徴ですよね。
それがシリーズ通じての魅力であり、急所のようなものでもあるように思えます。

すべてがハッピーに収まっていくから、見ていて気持ちはいいですし、後味もいいんです。
でも、大人の目からすると、みんながみんな「普通に明るく生きる道」を選んでいくハッピー感が、あまりにもファンタジーで(笑)
なんだかモーツァルトの弦楽五重奏曲第4番のフィナーレの「異様な明るさ」と、よく似た感覚を覚えてしまうのです。

ですから今回の記事にもとても共感しました!
私もトワイライト様には、今のお姿のまま、幸せになってほしいなと。
あの世界には、
「暗い性格をした子がプリキュアに加入すると別人のように明るくなる」
という法則があるので、私も、トワイライト様のプリキュア化はないほうがいいと思います。

それに、今回の三人を見ていて、「ふたり」以外のプリキュアはやはり奇数がいいなと。
偶数だと、終盤あたりで誰かが空気化してしまうことが多い気がするので……。

引越のごあいさつに伺ったはずが、また長々とすみませんでした。
片方はFC2ではなくなってしまいましたが、よろしければ、両ブログともたまに覗いて下さると嬉しいです。

ご移転完了おめでとうございます!!

烏中零子 様

コメント頂きありがとうございます!!
またご返事が遅くなり申し訳ありませんでした・・・・
(移転の準備や後片付け等でバタバタされていると思い、余計な手間を取らせない方が
 いいかな・・と思ったものでして・・・)
それにしても、
「中途半端・・・」の方のライブドアへのお引越し完了、本当にお疲れ様でした!!
そして無事なご移転おめでとうございます。
勿論、FC2とライブドアの方は、今後ともちょくちょくお邪魔させて頂きますので
こちらこそ宜しくお願いします!!

ご指摘の通り、歴代プリキュアの特徴は、
「闇っぽい要素を、最終的に全て光へと変換する」という事なのかもしれませんが、
これは言い換えると、
「敵幹部の救済」も意味する事になります。
プリキュア5以前では、「勧善懲悪的色彩」が強かったものの、
フレッシュ以降は、敵幹部にも救いの手を差伸べるという事も顕著に表れるように
なりましたけど、
確かにご指摘の通り、「誰もがハッピーエンディング」では、嘘っぽい大人のエゴみたいな
ファンタジーというのも確かにあると思います。
だからこそ・・・・
今作の「トワイライト」ですけど、本音はずっとこのまんまでいて欲しいのですけど
もしも仮に巷で囁かれているように本当に・・本当に・・・プリキュアになってしまう場合
その動機とか必然性はよほどしっかり描かないと・・・・
多分・・・物語自体が破綻しかねないので
このあたりは本当に脚本家泣かせですよね・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2203-6105eca7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |