FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


矢代秋雄の「ピアノ協奏曲」は、邦人作品の中でもひときわ輝く作品だと思いますし、
多分・・・・邦人作品のピアノ協奏曲としては、一番演奏頻度が高い曲なのではないかと
思っています。
事実、今の所、私自身が過去の演奏会で聴いた邦人ピアノ協奏曲としては一番聴いた曲だと
思います。
ま・・・というか、邦人作品のピアノ協奏曲ってあんまり演奏される機会は無いのですよね・・・
実際、邦人のピアノ協奏曲って
矢代秋雄・松村禎三・三善晃・吉松隆・間宮芳生ぐらいしか生では聴いたことがないかも・・・・

そんな中、この矢代秋雄の「ピアノ協奏曲」って本当に素晴らしい曲だと思いますし
日本が世界に誇りうるべき「ピアノ協奏曲」の一つなのかもしれませんよね。
ま、矢代秋雄自体、大変な寡作家の上、47歳の若さで急逝されたお方ですので
作品自体実は・・・・それほど無いのですよね・・・・
だけど、私にとっては・・・・・
この矢代秋雄の「交響曲」と「ピアノ協奏曲」、そして三善晃の「交響三章」・「レクイエム」・「響紋」、
松村禎三の「交響曲」さえあれば
邦人作品はこれだけで十分と考えている人間にとっては
別に「生涯残した作品数」はどうでもいいのですよね・・・・
この話、以前も何度か書きましたけど
私がクラシック音楽の「交響曲」のジャンルで「これだれは絶対に外せない交響曲を三つあげて・・・」と
言われたら
多分・・・・迷わず・・・
ウォルトンの1番、プロコフィエフの5番、そして矢代秋雄の交響曲と答えると思います。
(その次に来るのが・・・ショスタコの5・7・9番 マーラーの1・3・4・5・9番 アーノルドの2・4番
 ハンソンの2番 アイヴズの4番 シベリウスの1.5番あたりかな・・・
 ま、それを語り出すと止まらないので・・・・苦笑・・・)

ま、そのくらい、矢代秋雄の「交響曲」が私に与えた影響度は・・・・相当大きなものがありましたね・・・

だけど・・・

矢代秋雄の「ピアノ協奏曲」も交響曲に勝るとも劣らない不滅の交響曲だと確信しています。

よくこの曲は、偉いご高名な音楽評論家の先生達からは、
「安っぽい」
「映画音楽みたい・・・」
「交響曲みたいな洗練された香りに乏しい」みたいな批判的な意見を聞くことが多いのですけど、
なんかそれは少し違うような感じもあります。
何て言うのかな・・・・
「別に分かり易くたっていいじゃん・・・」
「20世紀~21世紀の音楽は別に全てが12音主義・前衛である必要はない・・・」
「日本の様々な邦人現代音楽が一般聴衆からは受け入れられずそのまんま表舞台から
姿を消してしまう曲ばかりなのに、作曲から50年近く経過した現在でも
こうして邦人作品の数少ないレパートリーとして生き残り続けているのは、
それはやはりこの曲にとてつもない魅力があるからではないのか・・・?」と
私は思っています。

この曲は演奏時間が大体27分前後でオーソドックスな三楽章形式で構成されています。

第1楽章 アレグロ・アニマート
 
第2楽章 アダージョ・ミステリオーソ

第3楽章 アレグロ - アンダンテ -ヴィヴァーチェ・モルト・カプリッチョーソ

第一楽章は静かに開始されますけど、この静かな雰囲気が実にミステリアスだと思いますし、
このミステリアスな世界観が全ての楽章に統一して貫かれていると思います。
この静かな開始部分から一転してピアノのffが響くのですけど
この部分を聴くと・・・
「あ・・、なんかすごーくピアノを打楽器的に扱っているな・・」とも感じてしまいます。
第二楽章は・・・・
私に限らず、多分・・・かなりの方は、この第二楽章が一番美しく印象的・・・と感じると思います。
この楽章は、作曲者によると「夜明けの悪夢」と表現されています。
あ・・・、でもその意味何かわかりますね・・・
子供の頃の矢代秋雄は、よく原因不明の高熱にうなされ、その際によく「不思議な一つの音が繰り返し耳に
こだました・・・」と回想していますが
そうした回想シーンが実に巧みに音楽として表現されていると思います。
第二楽章の冒頭は・・・・無機質みたいに一見感じるピアノの単音がボーン・ボーンと不気味に響く中から
開始されるのですけど
その不気味な単音が、ティンパニー・フルート等の楽器に引き継がれ
そして最後は・・・・コンサートチャイムの鐘の音が静かに響き渡ります。
その単音の表現は、かなり執拗に繰り返され、確か43回だったかな・・・・
かなり繰り返し表現されるのですけど
その響きは、和風でおどろおどろしいのですけど、実に「美しい・・」としか言いようが無いと思います。

私自身・・・・
不思議なもので・・・・
結婚する以前と以降は「夜の眠り」が全然違う・・・・
結婚以前は、何かこう・・・・
目に見えない「不安感」とか「呪縛」・「重苦しさ」にたまに襲われ
体は疲れているのだけど頭が冴えて全然眠れないという事もあったりしたものでした・・・
(だけど、へんなもので・・・結婚してからは、布団に入ったら30秒後は爆睡している・・・感じです・・・
別に結婚したからと言って、漠然とした不安感は解消した訳では全然ないのですけどね・・・・)
そうした際、感覚としては・・・・
この矢代秋雄のピアノ協奏曲第二楽章とか
吹奏楽オリジナル作品ですけど、ネリベルの「フェスティーヴォ」の中間部なんかは・・・
そうした「不安感」をかなり象徴しているようにも感じます・・・

第三楽章は第一と第二楽章を回想しながら、駆け抜けていきます・・・

この曲の初演は中村紘子が務めていますけど
確か、矢代秋雄自身も「中村紘子がこの曲を弾く事を前提に書き上げた」とどっかで聞いたことが
ありますけど、真偽はどうなのかな・・・?
だけど、この曲は色々なソリストの方の演奏とか
最近では、湯浅卓雄指揮/岡田博美ピアノのナクソス盤のCDとかも聴きましたけど
やはり・・・・
中村紘子のピアノが一番しっくりきますね・・・
中村紘子というとなんか「ショパン」みたいなイメージもあるのですけど
この曲を弾いている時の中村紘子は、そうしたショパン弾きのイメージは微塵もありません・・・・
とにかく「ワイルド」です!!
中村紘子が弾くこの曲からは「とてつもないエネルギー」みたいなものを感じてしまいますし
何となくですけど・・・
「なんでこんなに早く逝ってしまったの・・・」みたいな悲痛な叫びみたいなものも感じたりもします。

この協奏曲で、どうしても忘れられない演奏会がありました。

1999年6月のサントリーホールでの東京交響楽団の定期演奏会でしたけど
前半がこの矢代秋雄のピアノ協奏曲
後半がメシアンのトゥーランガリア交響曲でした。
プログラム全体の副題として「師弟の絆」とありましたけど、
ま・・確かに・・・
メシアンと矢代秋雄はフランス留学時代の師弟関係がありましたし、
ピアノ協奏曲第三楽章の後半の展開に悩んだ矢代秋雄が中村紘子に
「何かいい方法があったらぜひ教えて・・・」と懇願したエピソードから考えると
ま、確かにぴったりのタイトルかもしれませんよね。
この日の演奏は、中村紘子も東京交響楽団も指揮者の秋山和慶も大変素晴らしい名演を聴かせてくれ
とにかく素晴らしい前半の協奏曲だったのですけど・・・・
後半のメシアンは・・・
あまりにも曲が難解すぎたせいか・・・
曲の途中なのに席を立つ人が続出・・・というのは何か気の毒でした・・・・

というか・・・・あれは・・・
あまりにも前半の矢代秋雄のピアノ協奏曲が素晴らしすぎましたね・・・
メシアンを同時に聴いてしまうと
あの矢代秋雄ですら、「優しく平易に」聴こえてしまうのは、何か面白い感覚ではありましたけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2199-38069515
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |