プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の事なのですけど
現在巷で何かと噂の(?)キュアスカーレットのネタバレ画像なるものをついついと
見てしまいました・・・・
うーーん、だけどある意味ショック・・・・
だって、あれ誰がどうみてもトワイライト様にしか見えないのですよね・・・
これまでの歴代プリキュアにおいては、SSの満と薫にはじまって、フレッシュのイース、
スイートのエレン、ドキドキのレジーナのように敵幹部の立ち位置からプリキュア側の立ち位置に
生まれ変わるとかはたまたプリキュア自体になってしまうという事は
ま、正直珍しくはありませんし、そうした敵組織からの寝返りプリキュアと言うのも
当人が色々と苦悩を抱えていたり、はたまたすっかりはじけ飛んだりと、ま、色々とあるのですけど
全般的には、「あ、よかったな・・・」という感じなのですね。

だけど・・・・

トワイライト様だけは、出来ればプリキュアになって欲しくない・・・・
出来ればこのまんま誇り高き「黒きプリキュア」として最終決戦までフローラ達と対峙し続けて欲しいな・・・という
気持ちの方が強いですね。
だからこそ、あのネタバレ画像は正直なんかショックな面もありましたね・・・
本当にトワイライト様はプリキュアになってしまうのか・・・・
だけど、トワイライト様がプリキュアになる動機とか必然性、意義、そうしたものは今の所は
全く思い浮かばないし、
トワイライト様がプリキュアとして仲間と楽しく談笑したり夢に向かって頑張る姿と言うものは
正直あんまり見たくはない・・・という感じすらありますし、
極論してしまうと、もしも本当にトワイライト様が4番目のプリキュアとして覚醒してしまったら
Goプリ自体見るのを止めようかな・・・・とすら瞬間的に頭の中を過ぎった事からあります・・・
(ま、多分それはないけど・・・苦笑・・)

逆に言うと、それだけ思い入れ・期待・可能性を感じてしまうキャラだとも言えますね。






25f3c7ab_convert_20150505121422.jpg


b0563003_convert_20150428172041.jpg


c2cbc0bb_convert_20150428172239.jpg



歴代プリキュアには色々な「法則」があったりもします。
(勿論、法則に対する例外事項も色々とあつたりはしますかけど・・・)
例えば・・・
ピンク系プリキュアは、頭は多少弱くてもひたすら明るく前向きであるとか
青系プリキュアは、知的でクールな美人さんが多いとか
プリキュア達とほぼ同年代の女の子の敵幹部はいまのところ、全て例外なくプリキュア側の立ち位置に
なってしまうかもしくはプリキュアそのものになってしまうとか
色々ありますし、それが「予測」にも繋がる側面はあるのだと思います。
「同年代の女の子の敵幹部は・・・」についてですけど、それを最初に提示したのはSSの満と薫で、
決定的にしたのはフレッシュのイースなのだと思いますが、
そうですね・・、最初にスイートの第一話のエレンを見た時は、
「あ・・、この子、多分いずれプリキュアになってしまうのだろうな・・・」とも思ったものですし
同様にドキドキのレジーナもそのように感じたものです。
そして女の子の敵幹部がプリキュア側の立ち位置になった際は、
「あ、よかった、よかった・・・・」となってしまう傾向が大変強かったと思います。

だけど・・・・

トワイライト様は、その辺りが全然違うのですよね・・・・

本音を書くと、今の所、トワイライト様がプリキュアになったとしても、私は全然嬉しくもないし
むしろ何か強烈な違和感が残ってしまいます・・・・
正直に書くと
「別に今のまんまでいいじゃん・・・」という感じなのですよね。
別にトワイライト様がプリキュアになる動機も必然性も全く無いのだから・・・・

「Go! プリンセスプリキュア」なのですけど、色々と面白い仕掛けはあるものでして、
その一つが「3人のプリキュアのチーム内格差」という事があると思います。
みなみ・きららは実はもしかして既にプリンセスとしても人格的にも完成の域に近い立ち位置のようにも
感じられるのに対して
はるかの場合、ま、確かに色々と努力はしているし頑張っているし、
テニス・お茶・バレエ・ダンス・ヴァイオリン・勉強と確かに成果はそれなりに出てはいるのですけど
全般的には「まだまだつぼみの状態で、プリンセスの域には全然達していないな・・・」という印象すら
あります。
そういう意味では、3人の間には微妙に「意識のズレ」みたいなものが今後出てくる可能性も
ありますし、後で述べますけど
「トワイライトに対する見方」にも何か「見解の違い」が出てきそうな感じもあります。
やはり今一番面白いのが、トワイライト様とはるかの「夢」とか「プリンセス」に対する見解の相違が
実にはっきりと出ている点が実に面白いし、その対比が実に鮮やかでいいですね!!

「プリンセスに憧れる」はるかに対してトワイライトは「最初からプリンセスである」というその違いが
極めて対照的に描かれていて
最初からプリンセスであるトワイライトの立ち位置からすると
「プリンセスとは努力したところでなれるものではない」というのは極めて妥当な理屈ですし
生まれつきプリンセスである自分とはるかでは、月とすっぽん以下・・・というのも
それはそれで説得力はあると思います。
それにしても・・・・
「わたくしは生まれながらのプリンセスなのだから」と言うお言葉は・・・・
まるで徳川幕府の征夷大将軍みたいなお言葉ですね・・・・
もしもこのお言葉と全く同じ事を前作/ハピネスの蒼きプリンセスが言ったとしたら・・・・
多分・・・・歴代総勢40人のプリキュア達からフルポコにされてしまうのかな・・・・(苦笑・・・)

一方はるかにとっては、「夢」とはまさに「プリンセスになる事」なのですけど、
はるかにとっての「夢」とは必死で努力してやっと掴み取る事が出来るというものでもあります。
「プリンセスとは努力したところでなれるものではない」という考えのトワイライトにとっては、
「プリンセスになりたい」というはるかの夢と言うものは、
まさしくニセモノ以外の何者でも無く
「夢とは弱者の幻想」と鼻から小馬鹿にしているのも、ま・・・何となく分かるような気もします・・・・
それにしても・・・・
トワイライト様の
「夢など哀れなものが信じる幻。気高く、尊く、麗しく、全てを手にした本物のプリンセスであるわたくしには不要な物」
というお言葉はとてつもない上から目線なのですけど
トワイライトの「夢」に対する自身の本音を吐露したお言葉ですね・・・
その点でもはるかとはまさしく対照的・・・・その違いというか方向性の違いは一目瞭然ですね。

要は、フローラとトワイライトは水と油なんですよね・・・・
二人の理屈に「接点」は無い・・・・
どちらかと言うと・・・・トワイライト様の立ち位置に近いのは、既にプリンセスとしての完成の域に達している
みなみときららの方なのですけどね・・・

それでは一体この物語はどうなってしまうのだろう・・・・

うーーん、よく分からない・・・・

だけどそれに対して今後の方向性を示唆・暗示するシーンが一つありました・・・・

トワイライト様初登場時に、きまぐれではるかにヴァイオリンを教えたシーンがあるのですけど、
あの時・・・・
間違いなく、はるかの心にトワイライトのヴァイオリンの音色が突き刺さっており
はるかの心の中に「何か」を伝えています。
改めてこのシーンをよーく眺めてみると、
みなみ・きらら・パフ・アロマは全員、トワイライトのヴァイオリンの音色を不気味とか「何か引っかかる・・」という
反応を示しています。
パフに至っては明確に嫌悪感を示しています。
だけど・・・・
そんな中、はるかだけは全く別の反応を示しているのですよね。
そう・・、はるかは明らかに唯一人、全く別の事を感じているのです。
これは、可能性的に(ほぼ100%ないけど)はるかがトワイライト様に共感して悪堕ちしてしまう危険性も
示唆しているし、
全く逆に・・・・
はるか一人だけトワイライトの音色に何か心に刺さるものがあったという事は
意外と・・・・
トワイライト様自身が全く気が付いていない「何かあたたかいもの」をトワイライト様の「心の深層」として
心の奥深く眠っている・・・・という事を示唆しているのかもしれません・・・・
もしそれがそうだとすると、
そうしたトワイライト様の「冷たい心」・「心の檻に閉じ込められた人として大切な何か」をはるかによって
気が付かされる可能性もあるのではないか・・・・という事なのかもしれません・・・

だけど、ここで注意を喚起したいのは、はるかがトワイライトに対して抱いた感情は
あくまではるか一人の物であり
今の所は・・・・みなみ・きららとは共有できていない・・・・という事なのだと思います。

あ・・・なんかこのあたりは、もしかして・・・・今後のGoプリの方向性を考える時、意外と
外せない問題になる可能性もあるんじゃないのかな・・・・・??
なんか・・・・ふとそのように感じました・・・・

でもな・・・・多分、いずれ、トワイライト様も
はるかの類稀なる「人ったらし」に攻略されてしまうのだろうな・・・・
はるかの・・・・
「すこーーい、本物のプリンセスなんですね!! やっぱり本物は全然違う!!
私も一生懸命頑張ってあなたみたいになりたーい!!」とかなんだかんだ言われて
結局は・・・・
その「冷たい心」の中には・・・・実は温かいハートが詰まっていた・・・・みたいな感じになってしまうのかな・・・
そしてプリキュアとして覚醒し、ノーブル学園に転校生としてきた初日に
自己紹介時にでかでかと自分の名前を黒板一杯に書いてしまう伝統芸をお披露目してくれるのかな・・・・??

あれれ・・・最初は、トワイライト様はプリキュアになって欲しくない、
トワイライトがプリキュアになるならもうGoプリは見ないと言っていたのに
いつのまにか・・・・
トワイライト様がプリキュアになった事を想像している・・・・・

結局、どっちの方向性のトワイライト様でもOK・・・という事なのかな・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2196-a4c69952
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |