プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


5/10の「Go! プリンセスプリキュア」は・・・・アロマの執事化という話でしたけど
アロマには本当に悪いのだけど
どうしても・・・・トワイライト様に前では全てが霞んでしまう・・・・
だって・・・・・
フローラですら、トワイライト様の御前では・・・・「単なるつぼみ」にしか見えない・・・・・(苦笑・・)
これまずいな・・・・
敵幹部なのにトワイライト様にこんなにハートキャッチされてしまうなんて・・・

ま、Goプリの感想等は、後日改めてゆっくりと記したいと思います。

今回は、テレビ埼玉の再放送「スマイルプリキュア」第6話についてごくごく簡単に書きたいと思います。
でもこの「スマイル」はある意味、究極の娯楽作品ですよね・・・
とにかく見ていて、底抜けに楽しいし、
難しいテーマとか人間模様とか皆無に等しいから、とにかくとにかく難しい事を何にも考えないで
純粋に「娯楽作品」として楽しむことが出来るのが実に素晴らしいですね。
スマイルは、スイートとドキドキの間に挟まれた作品ですけど、スイートもドキドキもプリキュアシリーズとしては
珍しく(?)難解なテーマとか謎設定を含む内容になっているだけに
この比較的次元の高い両作品の間に挟まれたシンプルな娯楽作品という立ち位置に徹して
この作品を見ると
何となくですけど制作者サイドの意図も見えてくるな・・・・というのはありますね。

そんな中、スマイルの再放送も第6話まで進展しましたけど
前回でやっと5人のプリキュアが勢揃いし、これで物語がようやく本格稼働すると思っていたら
物語が大きく動くのは、まだまだ後の話で
当面はずっと、こうしたポンコツ展開がグタグタと続いていくのが
本当にスマイルの魅力でしたね!!


5ca5730c_convert_20150511000048.jpg






それにしても・・・・

プリキュアが全員勢揃いしたというのに、
「プリキュアの使命とは?」とか「敵組織の目的とは?」とか「自分達に何が出来るのか?」という
根幹に関わる質問には全く答えられないで
「キャンディ、よくわからないクル・・・・」とごまかすキャンディはある意味凄い・・・・・(苦笑・・・)
Goプリの場合、プリキュアとしての使命とかプリキュアとして覚醒する動機はかなり明確に描かれているのですけど
その点、スマイルは・・・・
何だかよくわからないけど、プリキュアになっちゃった・・・・という感じが最後まで濃厚・・・・というある意味
本当に恐ろしいシリーズでしたね・・・・(苦笑・・)

ま、それを補佐する意味でキャンディの兄貴のポップが登場してくる訳なのですけど、
ポップの初登場の際、
例によって・・・・お約束通り、ピンク系主人公の顔面を直撃してしまうのですけど、
みゆきを直撃した際のポップの位置からは・・・・
みゆきのスカートは丸見え・・・・のような気も・・・・(苦笑・・・・)


51ab7b29_convert_20150505205131.jpg


4fe3d922_convert_20150505205010.jpg


ま、今回の話は・・・・
要するに・・・
せっかく5人が勢揃いしたのだから、チームとしての共通の「決めポーズ」を考えよう・・・という事なのですけど
ノリノリなみゆき・やよいに対して
「どうでもいい・・・」・「すこぷるどうでもいい」の名言を生み出したあかねとなおの冷たい反応が
とにかく最高に面白かったですね!!
ああいう時、意外とノリがよいれいかさんもこれまた素敵・・・・
あかねとなおの「どうでもいい・・」はハッピーロボの回でも再現されるのが面白かったですね。



b43feb69_convert_20150505204911.jpg


それにしても・・・・

みゆきの「アホの子」振りはシリーズを通しても際立っていましたね・・・・
(そんなみゆき=キュアハッピーは私は大好きです!!)
第6話でも、皆が戦いの場に移動できたのに
なぜか・・・・みゆきは・・・・一人だけ南極行き・・・・
しかも・・・・
あんな極寒の地で、あの薄着とミニスカート一枚で平気で外に出かけていますからね・・・・・
うーーん、ある意味、ハピネスのめぐみと同様に鈍感なのかな・・・?
ま、それでもポップに対してキャンディのフォローをきちんと図っている辺りは、さすがピンク系主人公という
感じでしたね。

そして・・・・・次回の回は・・・・

私が特に特に大好きな回の一つでもある
れいかの富士山山頂での「道」の掛け軸提示のとてつもないボケ回です!!
私、本当にこの時のれいかの「残念な美少女」振りが大好きでしたね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2192-db880f79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |