プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


クラシック音楽の交響曲・協奏曲のジャンルですと、
混沌とか厳しい感じとか痛々しい感じの二つの楽章の間に挟まれた楽章がとてつもなく
美しいと
何か時にハッとするほどその「美しい音楽」に心の底から惹かれてしまう事があったりします。
そのいい例が・・・・
あくまで私の感想ですけど、
アイヴズの交響曲第4番第三楽章とか
(だって・・・・指揮者を2名も要し、同時に複数のメロディーが奏でられるあの混沌とした第二楽章と
最後はコーラスまで乱入するやはり複雑な第四楽章の間の
あのあまりにも美しい弦楽の響きは・・・反則ですよね・・・・)
これはあまりにも有名な事例ですけど
マーラーの交響曲第5番第四楽章のアダージェットのあまりにも耽美的な弦楽合奏とか
同じくマーラーの交響曲第6番「悲劇的」の第三楽章の回顧的な響きとか
ショスタコーヴィッチの交響曲第5番第三楽章とか
ま、色々ありますよね・・・
極端な例ですけど、このブログでも時々登場する松村禎三の交響曲(第1番)の
アジア的エネルギーに溢れた凄まじい破壊度の第一・第三楽章に挟まれた短い第二楽章の寂寥とした響きも
実に渋い・・と思ってしまいます。

上記の二つの楽章に挟まれたというのではないのですけど
曲の中で比較的厳粛でギリギリと胃が痛いような感じの曲想が長時間続いた後で
唐突にふっと・・・・優しい音楽が出てくると・・・・
思わず「ハッ・・・」とさせられる瞬間があったりもします。
そうした事例で真っ先に思い浮かぶのは、ベルクのヴァイオリン協奏曲ですね。

ベルクと言うと、歌劇「ルル」(ラストで、なんと「切り裂きジャックも登場します・・・)とか歌劇「ヴォツェック」が
あまりにも有名だと思うのですけど
私にとっては・・・・まず何よりも「三つの管弦楽曲」~Ⅲ.行進曲なんです!!
このバリバリの無調音楽と初めて接したのは・・・・随分以前にこの事は記事にしたと思うのですけど
実はやはり自分らしく「吹奏楽コンクール」なのです。
1983年に秋田県の花輪高校が、なんとあまりにも無謀と言うかチャレンジ精神旺盛と言うか意欲的と言うか
このバリバリの現代音楽をひっさげて普門館に登場してきたのですよね・・・
最初この自由曲を聴いた時、当時は無調音楽とかベルクとか知る由もなかったので、
「あー、花輪も前年の東北大会のダメ金に懲りて、今年は行進曲みたいな爽やか路線で行くのかな」と
思っていたら、ああいう無調音楽バリバリの路線でしたからね・・・
だけど、この曲、本当に陰鬱な曲で聴いていて生きているのが嫌になってしまいそうな曲ですね。
途中でハンマーの叩きつけというすごいインパクトのある部分が出てきますが、
もしかして師匠でもあるマーラーの交響曲第六番「悲劇的」の第四楽章と同じ効果を意図したかも
しれませんよね・・・
曲のラスト近くで一旦静粛な世界になったと思ったら、突然ドラと金管が咆哮して絶叫していくような
終わらせ方は、やはりマーラーの交響曲第六番の終わらせ方と似ているとも思ってしまいます・・・・
でもこの行進曲、最初に花輪の演奏を聴いた時は本当にびっくりしましたね・・・
だって・・・・だって・・・・全然歩きながら吹くマーチとは似ても似つかぬものでしたし、
メロディーは全くないし、喜怒哀楽のような表情が全くないし、
何となく音符を機械的に割振っただけのような感じもありました。
でも何か妙に心に引っ掛かるものは当時から感じていました。
なんと言うのかな・・・・全員うつむきながら
処刑される刑場まで無言でうなだれて重い足を引きずって歩いていくような漠然とした
イメージは当時から感じていました・・・・
何かこの曲を聴くと、いつも思い浮かぶ場面があります。
1984年に大学受験で、とある大学にて入試が終わった後で、
朝霞台駅からキャンパスまでの長い田圃道を歩いている時、
ハッと後ろを振り帰ると、全員暗い表情でトボトボと歩いていて、そ異様な陰鬱な雰囲気は・・・
あれは・・・・まさにベルクの「行進曲」の世界でしたね・・・・

あ・・・・何か話が思いっきり脇にそれてしまいました・・・

そうそう・・・、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」でしたね・・・

その前に・・・・

音楽史的に一言述べると、
ベルク・シェーンベルク・ウェーベルンは、「新ウィーン楽派三羽ガラス」とも言われ、
20世紀前半のマーラー亡き後の「前衛音楽」を切り開き、
無調音楽・十二音技法を確立させ、後の時代のブーレーズ・シュトックハウゼン等に多大な影響を残した
と言えるのかもしれません。
正直、作風は極めて難解です・・・
というか、いかにも「現代音楽・無調音楽」らしいというのか
曲そのものに「メロディー」とか「ストーリー」とか「人間らしい感情の波」はほとんど伝わってこないと言えるのかも
しれませんし、
感覚としては限りなく「モノトーンの世界」に近いと思います。
だけど・・・・
ウェーベルンは・・・、そうですね・・・まさしく音楽は「機械的」とも言え、特に10分近くの2楽章構成の交響曲
なんかは・・・
音符に一つも無駄な音が無いというのか、音楽そのものは「微分・積分」みたいな香りすらあります。
だからウェーベルンの音楽にメロディーはほぼ無縁・・・・
(だけど・・・・「管弦楽のための6つの小品は・・・・あれはまさに宇宙の鼓動なのかもしれません・・・・)
一方、ベルクとシェーンベルクはウェーベルンとは明らかに違うのですよね。
どちらもバリバリの無調音楽なのですけど、二人ともメロディーは確かに存在しているのですよね・・・
そしてそのメロディーラインが何とも言えないと言うのか
時にエロチック・抒情的・退廃的・耽美的・・・・という何か「美的限界の域」を超越しているような
感じもあるのですよね・・・
いい例が・・・・
シェーンベルクで言うと・・・・、ま、厳密には無調に突入する前の作品ですけど交響詩「ぺリアスとメリザント」・・・・
あの世界は・・・・うーーん、まさに色彩感覚満点の世界ですし、
あの独特のけだるい退廃的な雰囲気が実にたまらん・・・です。
ベルクは・・・・誰が何と言っても歌劇「ヴォツェック」ですよね・・・・
あの歌劇の内容は・・・・「隣接住人が誰なのか興味もないし知りたくも無い・・」という現代の「病理」を
既に予知しているような暗示が実にいいですね・・・・
音楽そのものも・・・、時にギスギスし、時に美しい・・・・、まさに素晴らしいの一言に尽きますね。

だけど・・・・

ベルクと言うと絶対に忘れてはいけない作品が一つあります。

それが「ヴァイオリン協奏曲」なのです・・・
(あ・・・、やっと本題に入れた・・・・苦笑・・・)

演奏会でマーラーの交響曲第5番を聴くと、前半にプログラムされている音楽は・・・・
なぜかこのベルクの「ヴァイオリン協奏曲」のような気がするのですけど、
それは気のせいなのかな・・・・?

この協奏曲は、実際すごい作品だと思います。
確かに音楽そのものは決して気楽に聴ける曲ではありませんし、何かをしながら鼻歌交じりに
聴ける曲では・・・間違ってもありません。
この曲はよく言われるように「二重の意味でのレクイエム」なのです。
一つ目のレクイエムとは・・・・
マーラーの未亡人アルマと再婚相手に生まれた女の子のマノンは・・・気の毒な事に19歳の若さで他界して
しまいます。
生前マノンを可愛がっていたベルクは大変ショックを受け、
マノンのための「レクイエム」の創作を思い立ち、それが結果として
この協奏曲の作曲につながります。
このヴァイオリン協奏曲の副題は「ある天使の思い出に」とありますけど、その天使とは言うまでも無く
マノンの事です。
そして・・・・二つ目のレクイエムの意味とは・・・
なんと・・・・
この協奏曲を完成させて四か月後に・・・・病死をしてしまいます・・・・

これは勿論偶然なのでしょうけど、
何かある意味「音楽」とは恐ろしいものだ・・と感じさせるエピソードではありますね。

このベルクのヴァイオリン協奏曲ですけど、
演奏会に行くと分かりますけど、
楽器編成として、なんと・・・・アルトサックスが一台使用されています。
スコアの指定では、クラリネット奏者が3人いて、その内の一人がアルトサックスとの持ち替えという事に
なっていますけど、
実際は・・・・
クラリネットとアルトサックスはマウスピースの大きさも奏法も全然違いますので
これはそもそも持ち替えが無理な話・・・
だからこの曲はほとんどの場合、クラリネット奏者が3人にそれとは別にアルトサックス奏者が1名いる事に
なります。

でも、この曲・・・・なんという厳しい世界・・・・
目を閉じて聴いていると、「人が生きる事の難しさとか苦しさ」なんかがひしひしと伝わってきます。
部分的に・・・・
R.シュトラウスの「死と変容」みたいなエコーも感じたりもします。
だけど・・・
この曲、本当に美しいというか、無調音楽のくせにメロディーラインがはっきりと明確に伝わり
それが大変「人間らしい感性」に溢れていて
本来無調音楽たる「非人間さ・メカニック的」とはまるで正反対の事をやっているのですよね。
ま、確かに全体的には無調音楽そのものずばりなんですけど、
結構部分的には人間らしい響き、人間らしいハーモニーが響いてくる・・・・
そんなある意味「奇跡」のような作品ですよね。

この曲は・・・・・ある意味・・・、「二重のレクイエム」ではなくて
「三重のレクイエム」になっているのかもしれません。

第二楽章の最後の方で、
クラリネットによるバッハのカンタータ第60番の引用があるのですけど、
この部分が実に素晴らしい!!
冒頭のアイヴズの交響曲第4番ではありませんけど、難解で錯綜した二つの楽章に突然美しい響きの
楽章があると、その部分の美しさが一際映えると記しましたが、
まさしくベルクのこの曲もそんな感じです。
生きる苦しさに支配された音楽の中に突然クラリネットによって奏でられるあのバッハのコラール・・・・
あの部分は、とにかく・・・・
聴くものを「ハッ・・・」とさせますし、
聴いていると・・・・
「うーーーん、これは禁じ手・・・反則じゃん・・・」とも思うのですけど
あの部分は本当に心にしみます・・・・
マシで泣けてきます・・・・

ベルクやシェーンベルクの音楽は、
無調音楽バリバリの厳しい響きなのに、聴こえてくる「感覚」は・・・・
まさしく美しさそのもの・・・・(勿論、全部が全部そうではありません・・・・)
だけど・・・・
新ウィーン楽派以降のいわゆる「現代音楽」は・・・・
本当に楽譜そのものを機械的に扱い「人間らしい感覚・感性」とかメロディーラインとか「美しさ」は
まるで感じられない・・・・
これでは・・・・ベルク以降の無調現代音楽は・・・・
作品数は山のように存在しても聴衆の「共感」は全く得られず、
ゴミの残骸みたくなっている・・・・

ある意味・・・・

現代のクラシック音楽の実情は・・・・
ベルクたちの視点から眺めてみると「既に死んでいる状態・・・」なのかもしれません。
これぞまさしくベルクたちから「三番目のレクイエム」を投げかけられているのかも
しれませんよね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2176-5feb7343
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |