プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


世間では、今現在はまさしくGWのお休みモード一色のようでして、
私のようにブツブツ言いながら仕事をしている人間から言わせて頂くと・・・
「まさに羨ましい・・・・」としか言いようがない感じです・・・(苦笑・・)
おかげさまで5/3は特にトラブル等も無く無事に業務完了・・・・
社内に誰もいないし、早々と定時になったらとっとと退社しました・・・・
(やってらんねぇーよ!! )
あ・・・・うちの会社って一応定時はPM17:00だったんだ・・・
17:00にあがった人って基本的にあんまり見た事ないけど・・・・(苦笑・・・)
定時に帰れるって本当にいいもんですね・・・!!
だって・・・・
録画しておいた「Go! プリンセスプリキュア」もPM18:00頃にゆっくりと見れますから・・・・(苦笑・・)

家に戻って、Goプリでも見てポケッ・・としていたら、そうそう・・・昨日ツタヤでレンタルしてきたDVDを
見ていたら・・・・
やっぱり「デート・ア・ライブⅡ」の時崎狂三は・・・・いいですね!!
私も他人に殺されるとしたら・・・・時崎狂三様にギタギタに切り刻んで食べて頂きたい・・・・(苦笑・・・)
西尾維新の「物語シリーズ~ファーストシーズン」は、今回「偽物語」のつきひフェニックス下巻で
やっとファーストシーズンの全視聴を完了する事ができました!!
(つきひフェニックスは・・・・上巻の暦と火憐の例の「歯磨きシーン」でお腹一杯状態・・・・苦笑・・)
セカンドシーズンは2013年のリアル放映時に全て見ていました・・・
後・・・残りは「花物語」ですけど、これはいずれ旧作扱いになったらレンタルしてみたいと思います。
いずれサードシーズンとかやってくれないかな・・・・
「終物語」は是非是非アニメ化して欲しいと思います。
それにしても・・・・「物語シリーズ」はさまざまなヒロインが登場しますけど、
私は誰が何と言っても断然「戦場ヶ原ひたぎ」が大好きです!!
ま・・・・多分、実生活において戦場ヶ原ひたぎが彼女、または妻だったら・・・・寿命は確実に30年程度は
縮まると思いますけど
私は・・・・それでも全然構わない・・・!と思います。
戦場ヶ原ひたぎはよく「ツンデレ」または「ツンドロ」とか言われますけど、私の感覚としては・・・
「ヤンデレ」なのかな・・・と思いますけど
とにかく・・・・あのキャラは・・・とにかく素敵ですね!!

5/2にレンタルしたDVDはもう一本あり
それがスイートプリキュアの映画「「とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ」でした。






最近まで上映されていたプリキュアオールスターズ映画「春のカーニバル」は何か評判が
今一つというか今二つみたいな感じですね・・・
何か過去の本編作品の振り返りとか歌とダンスシーンばかりで
映画としての新鮮さとかストーリーの面白みに欠ける・・・・という反応がかなり多かったせいもあり
結局は・・・今回は観に行きませんでした・・・
ま、いずれDVD化されたら見るつもりです。
「プリキュア映画」は、最新のオールスター以外は一応全て見ましたけど、
個人的な感想としては・・・・
最高傑作は、ハピネスの映画「人形の国のバレリーナ」とプリキュア5の映画「鏡の国のミラクル大冒険」が
双璧というか最高傑作だと思います。
オールスターとしては断然DX3の完成度&面白さが最高だと思います。
よく言われる事ですけど、やはり・・・プリキュア5の映画の「ダークドリーム」の存在感は別格だと
思いますし、ハピネスの映画のストーリーとしてのその内容の高さは特筆すべきものがあると思います。

さてさて・・・先程プリキュアの映画は一通り見てきたと書きましたけど
厳密には少し違うかな・・・
実は・・・スイートの映画「「とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ」はレンタルDVDで一度見たのですけど
これがとんでもない傷ありDVDでして、あっちこっちで飛びまくり
中盤から終盤にかけて大幅に飛んでしまい、
結果的に見たのか見ていないのかよく分からない・・・という具合でした・・・
それが気になっていたので改めてこの映画のDVDをレンタルして見る事にしたのでした・・・


T0010337q1_convert_20150503175748.jpg


スイートの映画「「とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ」ですけど、
そうですね・・・・
感想としては・・・・率直に言うと可も無く不可も無いやや平凡な印象です・・・・
というか・・・
最後まで・・・スーツ姿のメフィストになんか違和感を感じ、意外とプリキュア、特にビートの見せ場が少ない事が
何か勿体無いな・・とも思いました。
ま、最後のメロディだけ一人白く変容した「クレッシェンドキュアメロディ」が神々しくて
とても素晴らしかったですし、あのメロディは・・・・まさに「女神様!!」ですね。
ま・・・・あのメロディの姿はアニメ本編の最終決戦でも再度登場しますけど、その際の呼び方は
「クレッシェンドメロディ」と表記されています・・・・
ま・・・、両者の違いはそんなに無いと思いますけどね・・・

映画としては、一つ特筆すべきことがあります。

何かと言うと・・・・

この映画のお話は、アニメ本編で言うと、第36話のメフィストがノイズの呪縛から解放され浄化された回と
第37話のハロウィン回を繋ぐ
「エピソード」のような感じがあります。
アニメ本編では、その頃は既に最終接線へ向けた布告が着々と進行し
アコがやっと4人目のプリキュアとして登場したのに、第38話ではもう・・・・ピーちゃんが登場してしまいます・・・
だから・・・・アニメ本編だけを見ていると
アコと悪堕ちから開放された父親のメフィストの「交流」が今一つ明確に描かれていないきらいが
あります。
そうした点を「補完」したのがこの映画なのかな・・・・とも思えるくらい
映画の内容は・・・・アコとメフィストの「交流」にかなりの時間が費やされています。
これは極めて珍しいかも・・・・
プリキュア映画は、毎回外部ゲスト(ハピネスで言うと・・・・つむぎちゃん・・・!!)とか
ゲスト敵キャラ(例/プリキュア5のダークドリームなど)が華々しく活躍する傾向にあるのですけど、
スイートの場合、そうした要素はかなり薄い・・・・
ま、一応三人のメイジャー3が登場しますけど・・・あっけなくやられてしまいますからね・・・・
アニメ本編で登場している人物たちをそのまんま映画でも使用しているという印象が大変強いと思います。
ま・・・そうした点が、従来までの「プリキュア映画」のパターンを好まれた方にとっては、
「少しプリキュアの活躍が弱い・・・」と不満を示されるようにも感じるかもしれません。

ものすごくひねくれた解釈をすると
スイートの場合、初期の頃の響と奏の関係もひどかったけど、
アコの家庭は・・・実は崩壊状態・・・・
だって・・・父親のメフィストは悪堕ちし母親とは別居状態、アコ自身も母親とは離れて暮らさざるを得なかった・・・
そうした家庭崩壊状態の中で、メフィストが悪堕ち状態から戻ってきた訳ですけど
そうした状態の中で、この映画は・・・・
なんと・・・「プリキュア」に焦点を当てずに、
アコとメフィスト~アフロディテという「家族の絆の回復」という事に焦点を当てているのですよね・・・・
これはある意味かなり実験的な試み・・・・
それが成功したかどうかは正直ものすごーく判断は分かれると思いますが、
長いプリキュア映画の中でもこうした作品が一つぐらいあるのも決して悪くは無いとは思っています。
その家族の絆の回復の「過程」として響と奏の関係も色々と回想があるのですけど、
それを象徴させるようなシーンが一つあり、
それが最後の方で、メロディがリズムを抱きかかえるシーンがありましたけど
あのシーンは・・・・とってもよかったですね・・・・

でも一つ気がかりなのは・・・なんか作画が少し全般的に雑・・・・
ハピネスの作画の完成度が極めて高かったので、それと比較してしまうと・・・・
「少し勿体無いな・・・」とは思いますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2174-44253927
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |