プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉の「スマイルプリキュア」の再放送も今回で第5話に突入し、この回から
満を持して「キュアビューティ」が登場し、
ついに5人が勢揃いする事になります。
リアルタイムで見ていた頃は、とにかく「ハッピー」が可愛くて可愛くてたまらん・・・という感じでしたけど
この「ビューティ」の登場時は・・・
とにかく・・・・
「お美しい・・・・」
「ビューティ様、まじビューティ・・・」という言葉しか無かったですね・・・

正直、スイートの最終決戦の頃にスマイルのデザイン画が発表された頃は、
このビューティは・・・・
「あれれ・・・、なんとなくイカ娘の髪型に似ている・・・」とか
「なんかヘンなおかっぱ頭・・」みたいな感じも確かに無くは無かったのですけど、
あのお美しい実物を一度見てしまうと・・・・
ハッピーとは全く別の意味でコロッと・・・・ハートキャッチされてしまいましたね・・・・
というか・・・・
一体、私、初登場において何人のプリキュアにコロッとハートキャッチされているんだ・・・・
ピーチ・メロディ・ハッピー・ビューティ・ダイヤモンド・ラブリー・フォーチュン
プリキュアではないけどレジーナ、アンラブリー
そしてつい最近では・・・・トワイライト様・・・・・・
ホント、我ながら・・・・「浮気性なんだから・・・・」と苦笑するばかりですけど
だって・・・・
可愛いし美しいから仕方が無いじゃないか・・・・!! と半分開き直りの感覚でおります・・・・
でも、その中でも特に特に・・・・ハッピーとビューティの初登場時の「インパクト」は大きかったですね・・・






2012年当時、リアルタイムで「スマイルプリキュア」をご覧になっていた方は、
第4話終了時点で
「あれれ・・・、今年のプリキュアは全員それぞれが個性的で可愛くて大変魅力的なんだけど
何か一つが決定的に足りないんだよな・・・・」と
思われる人も多かったのではないでしょうか・・・・(笑)

そう・・・・言うまでも無く「知性」ですね・・・・

みゆき・あかね・やよい・なおは・・・・確かに皆いい娘で魅力的なのですけど、
どうみても・・・・・
頭は・・・・・・(苦笑・・・)という雰囲気でしたので、
「残り一枠のプリキュアは誰がいいのか・・」という時に、「れいかがいいのでは・・・?」という結論になったのは
間違いなく正しかったですね。
ま、あの4人では・・・・・
歴代では、多分・・・・・ハピネスと大して変わりがない「ポンコツプリキュア」になっていたかも・・・・(苦笑・・・)
(ま・・、ハピネスは・・・・少なくともハニーとフォーチュンは歴代でも相当の優秀な部類に入ると思うのですけど
残り2人が・・・・・苦笑・・・)
以前も書いたと思いますけど
スマイルの場合、ビューティがもしもいなかったら・・・・
例えば・・・・
レインボーヒーリング初登場の回とかミエナクナールの回とか「どうして勉強するの?」の回とか
ゲームにスイコマレールの回とか
トドメに・・・ハッピーロボの回とか
早期の段階で、「スマイルプリキュア全滅→最終回・・・」みたいな流れになっていても決して違和感は
ない感じでしたよね・・・・
だから、ビューティの場合、その「お美しさ」だけではなく、チーム全体の数少ない知的担当+参謀役としての
存在感は、本当に半端なく大きかったと思いますね・・・・

そんな中・・・・・

みゆき達は、「5人目のプリキュアはれいかしかいない・・・」と考え、
れいかに4人で土下座して・・・(笑・・)
「プリキュアになって下さい・・・・」と頼むシーンは、何か妙にシュールでしたけど面白かったですね・・・・
プリキュアの一つの法則として
「青系は一度は断る、またはプリキュアになる事を躊躇する」というジンクスがありますけど、
確かに歴代では・・・
アクア・マリン・ビート・ダイヤモンドがそうでしたし、ビューティもその法則を遵守してくれましたね。
青系ですんなりプリキュアになったのは、ベリーとマーメイドくらいじゃないのかな・・・
ま・・・・、ベリーは・・・・
あっさりとプリキュアになったけど、プリキュアとして覚醒以降は・・・・何かピーチやパッションの優遇振りに
比べると、明らかに・・・・冷遇というのは・・・何か少し気の毒でしたね・・・・
えりか風に表現すると
「完璧すぎる美人さんは、何かと損するっしゅ!!」という感じなのかな・・・・(苦笑・・・)

キュアビューティ=れいかの場合、
ここで特筆すべきなのは、単なる「完璧すぎる美人さん」ではなくて、
ボケ担当もこなせることが出来るというのが最大の魅力ですよね・・・・・
私の持論としては・・・・・
歴代プリキュアにおける「壮大なボケ回の傑作の双璧」というのは
やっぱり、「名探偵こまち」の回と「ハッピーロボ」の回なんですよね・・・・・
あのハッピーロボ回におけるビューティ様は・・・・・本当にまさに「素晴らしい・・・・!!」としか言いようが無いですね!!
ま、れいかのボケとしてあまりにも有名なのが
富士山における「道の掛け軸」だと思うのですけど
あの回は・・・・・後2回で登場しますので、あのシーンもとにかく楽しみですね・・・・



201203041119125a3.jpg


a2e4d7a6_convert_20150429234800.jpg


20120304100543ff6_convert_20150429234735.jpg



そうそう、この第5話から3人目のマヌケ幹部としてマジョリーナが登場しますけど
シリーズを通してギャグ回が多かったスマイルですけど、
このマジョリーナが登場する際は、ほとんどがギャグ回になってしまいましたね・・・・
ま、毎回毎回つまらん発明をしては、それをアカオーニやウルフルンによって人間界へと
放り捨てられ
それを毎回毎回みゆき達が偶然(?)拾うという感じになってしまうのですけど、
マジョリーナと交番のお巡りさんの「落し物」等の会話が「合っているようで合っていない」のが
とてつもなく楽しかったですね。
最初にマジョリーナを見た時は・・・・
プリキュア5GoGoの「シビレッタ」の再来か・・・・と思ったのですけど、やはりポンコツ幹部でしたね・・・・

ビューティの初変身はとにかく「お美しい!!」の言葉しか出てこないですし
あれは・・・・本当にため息ものでしたね・・・・
「しんしんと降り積もる清き心」の決め台詞も声優さんの演技が上手いせいもあると思いますが
他の4人とは明らかに一線を画しているというのか
少し抑制気味の声が尚知的な雰囲気を醸し出していましたね。
ビューティ役の声優さんの西村ちなみさんは、本当に安定した演技力でしたね。
ダークドリーム役も素晴らしかったですけど
ビューティの声も、通常版・幼少の頃のれいか(コドモ二ナールの回)・バッドエンドビューティの
3パターンの声質を見事に使い分けていたのは・・・・多分西村さんだけだと思いますし、
特に・・・・後半の回でしたけど、生徒会長選挙のあの演説時の長セリフは・・・・とにかく「お見事!」としか
言いようがないです!!

さてさて、これにて「スマイル」もついに5人が勢揃いしました・・・・

ここから物語が大きく動いていく・・・・と言いたい所ですけど、ま・・・、しばらくは
「スマイル」の世界らしい平和で牧歌的な世界が続いていくのは、やはりスマイルたる所以ですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2168-f438100e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |