プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4/26の「Go! プリンセスプリキュア」は・・・・本当に美味しいところを全てトワイライトが持っていってしまったような
感じもしますし、
シャット・ロックのファンの皆様には大変申し訳ないのですけど
もうGoプリの敵幹部は、トワイライト一人で十分じゃないのかな・・・・とさえ思っています・・・・(苦笑・・・)
シャットに至っては・・・・既にトワイライトにメロメロの状態ですので・・・
多分このお方は・・・・クローズ同様にディスピア様またはトワイライトから無茶振りされた挙句に玉砕・・・という
構図が目に浮かびそうですね・・・・
だけど、シャットの場合は、「自分が消滅したとしても、トワイライト様に満足して頂ければ、
私は安心して成仏するのみ!!」とか何とか言って
舞台から退場しそうなフラグが立っているような感じもありますね・・・・

それにしても・・・・

トワイライトの声優さんは、沢城みゆきさんで、ディスピアの声優さんは榊原良子さんでしょう・・・
うーーん、何かいかにも「ドS声優によるドS親子役」という感じで
この配役は・・・・
まさにドンピシャ!という感じがしますね。
余談ですけど、私の場合、沢城みゆきさんというと、西尾維新の「物語シリーズ」の中の
神原駿河と言う、レズでBL好きな腐女子でロリコンでマゾヒストで露出狂の変態さん役のあの怪演が
とてつもなく印象的ですね・・・






f5e7ebcd_convert_20150428172130.jpg


それにしても・・・・

トワイライトは本当に妖しく美しいお方でしたね・・・
ああいう大人っぽくて洗練されていて、お美しく、端正な美人さんの敵幹部って意外といなかったものですから、
そういう意味ではたまらなく新鮮で魅力的でしたね。

ところで・・・・

その①の内容とも被るかもしれませんけど、
トワイライトがはるかにヴァイオリンを教える際に「心を閉じて・・・」とか言っていましたけど
ま、賛否両論あるかもしれませんけど、
あれは・・・・私としてはあながち間違った事を言っているようには思えないのです。
個人が「楽器」を演奏するという事は・・・・
その楽器に集中する事が求められますし、その楽器を通して「楽譜の中の音楽」と対話をするという事なのかも
しれません。
だからそういう観点で言うと、
「心を閉ざす」という事は、言い換えると「音楽」自体に集中するという事でもあるので
それは決して間違ってはいないのかな・・・とも思います。
だけど・・・・反面・・・ラストシーンで、みなみ・きららから指摘を受けたように
「心をこめて弾きなさい」とか「花を意識して演奏したら・・・」というのも当然正しい訳でして、
特に「心をこめて」というのは、
全体合奏時には、特に奏者が指揮者から求められる事でもありますので、
やはりとても重要な事・・・・
そうですね・・・・
この辺りがその①でも書いたのですけど、
はるか自身がトワイライトの音色に魅了された事と
みなみ・きららのアドバイスにもきちんと耳を傾けていたという二つの側面が象徴していると思うのですけど、
「心を閉ざす事」と「心をこめる事」のどちらにはるかが
ヴァイオリンに関してはなびいていくのか・・・・
その辺りに今後もしも触れる場面があったとするならば、注目してみたいと思います。

ま、各人が音楽に集中するあまり心を閉ざしてしまうと
全体合奏は・・・・とてつもなく「冷たい音楽」になってしまうのは間違いはないのですけどね・・・・

それにしても、なぜトワイライトは、ドレスアップキーらしきモノを持っているのかな・・・・

やはり・・・・あれは12個のキーのうちの一つなのかな・・・・??

カナタとトワイライトって多分・・・・年齢も近そうですし、何となくですけど
昔どこかで接点がありそうな・・・・??
まさかと思いますけど、
カナタがトワイライトを振っちゃって、トワイライトが絶望して闇堕ちしたなんてどこかのクズ神様みたいな
設定には・・・・なる訳はないですよね・・・・
というか・・・・
ああいう設定は・・・・多分、前作での「苦い反省」からやらないとは思いますけど・・・・
ま、何が起こるか分からないのが「プリキュア」ですので・・・・(苦笑・・)


57538a97_convert_20150428172205.jpg

1fafe924_convert_20150428171825.jpg


トワイライトの登場で、なんか・・・・戦闘シーンはどうでもよくなったような気もするのですけど、
トゥインクルとフローラの連携攻撃が素晴らしかったですね!!
あの時のトゥインクルの表情がとても素敵でした!!


df1b9b8d_convert_20150428172107.jpg


それにしても・・・・

みなみ・きららは本当にレヴェルが高いというか、既にこの状態で「プリンセス」そのものと言っても
過言ではありませんし、
この二人に関しては・・・はるはるには申し訳ないけど「グランプリンセス」の称号を与えてもよいのでは・・・とさえ
思ってしまいますね。
何か・・・・最終決戦直前まで、みなみときららははるかの「グランプリンセス」としての居残り補修に
お付き合いしているような雰囲気すらありますね。
でもこの構図面白いな・・・・
既にプリンセスとして完成の域に達しているみなみときらら、
かたや・・・まだまだ「つぼみ」の状態で、プリンセスへの道はほど遠いはるか・・・・
こうした3人であっても、はるかが一番前向きで3人を常に引っ張っているという構図は何か
とても面白いものも感じますけど
同時に・・・・
はるかは今までがそうだったように「他者への憧れ」の感情からどんどん自分をステップアップさせただけに
やはり・・・・
はるかにとっては、たとえ敵幹部であろうが、トワイライトすらも「憧れ」の対象に入るのかな・・・・
その辺りが3人のこれまでの「結束の強さ」に何かヘンな悪影響を与えないといいけど・・・みたいな
妙な心配をしてしまうというのは、単なる杞憂に過ぎないのかな・・・??

さてさて・・・・

次週は、はるかの妹が登場します。

というか・・・・

はるはるってお姉さんだったんだ・・・・!!

え・・・・・、これは少しと言うかかなり意外・・・・

あの舌足らずの甘えん坊キャラはどうみても「妹キャラ」ですからね・・・・
まさか妹がいたなんて・・・・
あの妹さん・・・何かプリキュア5ののぞみみたいな髪型をしていたようですけど、
それはそれですごく楽しみですね。
はるかの父親の声優さんは、確かフレッシュのウエスターで既にお馴染みの方ですね。
あのお方が2009年以来プリキュアの世界に戻られるとは何か嬉しいものがありますね。
ノーブル学園はとてつもないお金持ちのお坊ちゃま・お嬢様学校みたいな印象もあるのですけど、
軽自動車で娘を送迎してきた春野家としては・・・・
はるかをノーブル学園に進学させた事で、結構家計のやりくりは大変・・・・
だからはるはるの妹に
「お姉ちゃんはお金がかかったから、あなたは将来は公立校ね・・・」とか言われて拗ねてしまったのが
はるはるの妹の不機嫌の原因というのは・・・・
さすがに考え過ぎなのかな・・・・(苦笑・・)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2167-bb68cfb6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |