プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」は、順調にはるかの「プリンセスへの成長物語」が進展していて
大変安定感がある作品だと思うのですけど、
クローズが倒され、さて、そろそろ何か物語の変化としての「起爆剤」というか「スパイス」が何か欲しいな・・と
思っていた所・・・・

ついに・・・・

登場しましたね!!

あ、勿論一条らん子ではありませんよ・・・・(苦笑・・)
らん子はノーブル学園の寮内の廊下掃除を卒業するまでやっておれ・・・!と内心思っていたら
ちゃっかりOP映像にも登場していましたね・・・

らん子はどうでもいいのです。
そうもついに「もしかして・・・・・後日登場する予定のキュアスカーレットになるお方なのか・・・?」と
憶測を呼んでいるトワイライトが
ついに、ついに・・・・登場しました!!

いやーーー、トワイライト素晴らしいですね!!
あの「仮面」を取る日はまだ先なのかな・・・と思っていたら、あっさりと取ってくれましたけど、
すごく正統派的な美人さんでしたね・・・・
これをデザインされた方、素晴らしい!!としか言いようが無いです。
端正で気品があり、洗練さもあり、
気持ちとしては・・・・
次回からすぐに「4番目のプリキュア」として覚醒して欲しいところです。
女性敵幹部でこんなに初登場時から心惹かれた人って・・・・あんまりいなかったと思います。
勿論、SSの満とかせつなとかエレンとか
最近では、特にレジーナとか確かに色々といたのですけど、
ここまで「確実にハートキャッチされた事」はあまりなかっただけに、
このトワイライトの登場で、私自身もこのGoプリ全体の見方も色々と変化が出てきそうな感じもしますけど
とにかく今後がとてつもなく楽しみになってきました。

いやいや、すごいよ・・・凄過ぎるよ・・・・トワイライト、たった1回の登場でこんなに物語全体の空気を
一変させるなんて・・・





今回のお話は・・・・正直、何と言っていいのか自分でもまだよく分かりません・・・

色々と暗示する事、示唆している事、予知されているようなもの・・・
何か見方によっては様々な「伏線」が張り巡らされていて、一体何が「正解」になりそうなのかは
正直・・・、ものすごーーく判断に迷っています。
ただ一つだけどうしても気になって仕方が無いシーンがありました。
何かと言うと、
はるかがトワイライトと二度目の遭遇をし、トワイライトからヴァイオリンの手ほどきを受けるシーンなのです。
あれがどうも何か引っかかる・・・・
「ヴァイオリンは心を閉ざして弾くもの・・・・」
「気高く、尊く、麗しく・・・・」
そういうトワイライトの言葉と音色にはるかは・・・・見事に虜にされてしまいます。
そう・・・、まさしくトワイライトの言葉と音色がはるかの心の中に突き刺さってしまったのですね・・・・
これは一体何を意味するのか・・・・
勿論、結果的に「あれは単なるワンシーンに過ぎなかった・・・」という結果に多分なるかとは
思いますけど、
何か妙に引っかかる・・・
はるはるのあまりにも素直でキャパが広い「心の感受性」がもしかして・・・・・
ディスダークの世界観とも実は相通ずるものがあるのでは・・・・とすら感じてしまうのです。
だけど・・・・
これは逆に表現すると、
歴代のせつな・エレン・レジーナ、そうそう満と薫もそうですけど、
「プリキュアを篭絡させるためにプリキュアと近づいたらお友達になっちゃつた・・・・だから彼女たちを倒すことは
出来ません・・・」
みたいな事になり得る可能性も暗示しているような気もします。
ディスダークの世界観とはるかの感受性に少しでもそうした「接点」というのか「通じ合う箇所」が本当に
あるというならば・・・・
可能性的にほぼ100%の可能性でありえませんが、はるか自身が闇堕ちしたり
逆にトワイライトがはるかの仲間になる可能性だって・・・・もしかしたらあり得る・・・・

うーーん、どう展開するのだろう・・・・

ここで一つ厄介な問題になりそうなのが、実は・・・・トワイライトはディスピア様の娘・・・という事が判明しましたので
さすがに、「子が親を裏切ってプリキュアになる事」は・・・・
さすがに難しいかな・・・
レジーナですら、一時はもしかして「キュアエース」として覚醒するのでは・・・?という観測もありましたけど、
結果は・・・・ああいう感じでしたからね・・・
とにかく・・・・
プリキュアの予測は、本当に難しくこれは最早、「不可能」の領域です。
何にせよ・・・・
とにかく私としては・・・・あの気高い雰囲気のトワイライトにすっかりハートキャッチされてしまった・・・・という
感じですね・・・
希望としては・・・・
出来れば最終決戦までは、トワイライトは敵幹部のままの状態でいて欲しい・・・そして最後の最後で
フローラ達と真の意味での心の交流を果たして欲しい・・・・と思ってしまいますね。


b0563003_convert_20150428172041.jpg



427b3a8e_convert_20150428171948.jpg



改めてですけど、トワイライトをデザインされた方、本当に「いい仕事」をされましたね!!
最近の敵側女性敵幹部としては、レジーナのとてつもない可愛さとか
アンラブリーの「ポニーテール+邪悪的雰囲気」も本当に素晴らしかったのですけど
トワイライトのあの雰囲気は・・・・
まさしく・・・ため息ものですね・・・・
トワイライトがフローラの事を「幻にすがる偽りのプリンセス」と小馬鹿にするのも何か極めて妥当・・・とすら
思わせてしまう絶対的な雰囲気がそこにはありますよね。

「孤高の戦士」というと、ムーンライト・初期の頃のソード・フォーチュンという事例がありましたけど、
トワイライトに関しては・・・・
正直この3人とは何か格が違うような感じがあります・・・
何て言うのかな・・・
「既に(邪悪側の)プリンセスとして完成されている成熟した花」という感じがするのです。

同じ「プリンセス」でも・・・・

トワイライトは「孤高」・「完成品」というイメージがあります。

一方・・・・フローラは・・・・
未完成・・発展途上・人たらしという武器を駆使し「他人に対するあこがれ」を巧く自分に取り入れる天才という
感じがあり、
両者は、完全対不完全という対極を為していると思います。
「他人の夢」に対する両者の相違点も一目瞭然・・・・
トワイライトの立ち位置としては・・・・
自分は既にプリンセスとして完成されている状態・・・だから特段夢を持つ必要性が無い・・・
フローラとしては・・・・
多くの人たちから学びながら・・・影響を受けながら・・・・プリンセスになりたいという自分の夢を実現して
いきたいという立ち位置・・・・
そうした相反する立ち位置の中で、今後の二人の「関係性」についてとにかく注目して見ていきたい・・・・と
思っています。

いやいや、前回がとんでもないポンコツ回だったたけに、一体なに、この落差は・・・と感じてしまいますね・・・・(苦笑・・)

そうそう・・・・
改めてですけど、こうやって眺めていると、みなみ・きらら、そしてトワイライトは既に完成対なのかも
しれませんよね・・・・
そしてはるかのみ・・・・まだまだ「つぼみのプリンセス」・・・・
だからこそ・・・・
はるはるは、プリキュア3人の中で唯一、トワイライトの正体発覚前からこのお方に・・・色々と興味を
持ってしまうのかもしれませんよね・・・・
完成度が高いみなみ・きららは、別にトワイライトのヴァイオリンの音色を聴いたところで、そもそも興味が無い・・・という
スタンスなのかもしれません。



33b6a7c9_convert_20150428171903.jpg


みなみのヴァイオリンの先生から、
何と・・・太っ腹な事に「ヴァイオリン一台譲るから好きなの持っていっていいよ・・・」と言われて
どの楽器にしようか選ぶはるか・・・・
そして・・・・何か感じるものがあったのでしょう・・一台の楽器を手にするはるはる・・・
(後日、ちゃっかり海藤家に、「請求書」が届いていたりして・・・・苦笑・・)

何かこのシーンを見ていたらなぜか、
現在放映中のアニメ「響け! ユーフォニアム」の第三話で
「好きなコントラバスを選んでいいよ」と言われて、一台のコントラバスのカバーを開けたら
「目があったからこの楽器にします・・・」という緑輝(これでさふぁいあと呼びます・・うーん何て言うキラキラネーム・・・)
が思い浮かんでしまいました・・・・
さふぁいあちゃんは、その後、コントラバスに「ジョージくん」という名前まで付けてしまいますけど
はるかは・・・・さすがにそこまではしませんでしたね・・・・


fac62b09_convert_20150428172316.jpg


久しぶりにミス・シャムール(ニャンコ先生)も登場・・・・

一つ気になったのが・・・・・

はるかが「ヴァイオリンを教えて欲しい」とお願いした際、何となくですけど・・・・
このニャンコ先生は瞬間的に困惑したような印象があります・・・・
これって・・・・もしかして・・・・・
ミス・シャムールは昔・・・・カナタ王子と一緒にトワイライトにヴァイオリンを教えていた・・・何てことは
ないですよね・・・・
昔・・・・カナタとトワイライトは・・・・・実は・・・・仲の良いお友達だったけど、
母親のディスピアによって仲を裂かれた・・・・とかそんな事はないですよね・・・・
ドレスアップキーも合計12個集める必要があるのですけど、
その内の一つが・・・・トワイライトが手にしている「黒い鍵」なのかな・・・・

うーーん、謎は多い・・・・

それにしても・・・・初心者のはるはるの「音の暴力」とも言えるヴァイオリンの凄まじいポンコツ音を聴いて
思わず元の姿に戻ってしまう、ミス・シャムールが何とも・・・お茶目でよかったです・・・・
はるはるのあの音は・・・ドキドキのマナの音痴に匹敵しそうな凄まじい衝撃音なのかもしれませんけど、
あえて・・・・元・ポンコツクラリネット奏者の私の意見を言わせて頂くと・・・
クラリネットの「キッ―――――」という凄まじいリードミスの音も・・・・
はるはるの音に匹敵しそうな衝撃音かも・・・・(苦笑・・)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2166-f49ebd1e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |