プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我ながら「またか・・・・」という感じなのですけど
「浦和の調ちゃん」第3話で登場した埼玉銘菓、十万石まんじゅうの
「うまい、うますぎる・・・」のあのフレーズが何度見ても何か笑い転げています。
うちの奥様なんか、基本的には無愛想でアニメ等を見ても笑うという事はあまり無い人なんですけど
やはり、あの調の「うまい、うますぎる・・・」のフレーズにはクスッ・・となっていましたね・・・(苦笑・・)





というか・・・・

前回も書きましたけど、やっぱりこの「浦和の調ちゃん」は完璧に埼玉県民の内輪ウケみたいなアニメ
にのかもしれませんよね・・・・
だって・・・・
客観的に見たら・・・、埼玉県民以外の方とか、埼玉県民でもあまりテレビ埼玉のあのローカルCMを
見た事が無い人がみたら、
何の事やらさっぱり分からないつまらん日常アニメと思われるでしょうね・・・・(苦笑・・・)

ま、いいんです・・・・

あれは・・・・あくまで「埼玉県民」特に浦和近辺に特化した内輪ウケみたいなアニメですし、
逆にここまで「内輪ウケ」に特化したアニメは珍しいし
その開き直り振りが見ていて大変微笑ましいものがありますね。

でもな・・・・

最後にもう一つ笑ってしまったのは・・・・

「浦和の調ちゃん」第三話のリアルタイムでの放映が終わったAM 25:40に
あの本家本元の「十万石まんじゅう」のCMが流れ、
「うまい・・・、うますぎる・・・」とやってくれましたので、何かここでも大爆笑・・・という感じでした・・・・


ef6761df_convert_20150427170756.jpg


89f370c4_convert_20150427170516.jpg


第三話より登場の道祖土緑のあのおっとりとした雰囲気もよかったし、
田島桜の「希薄過ぎる存在感」もよかったですね。
そうそう・・・・第二話をよーーく見てみると、実はちらっとでしたけど田島桜も登場していましたね。
だけど、よく見ないと全く分からないあの「存在感の薄さ」が実に桜らしいな・・・・とも
改めて感じてしまいましたね。

でもな・・・・あの部長の道祖土緑の「ふぅーーーーーん?? あれぇぇえ」というふんわりとした感じか
実にいい味出していましたし、まさにこのアニメの「癒し系」に相応しいですね。
当初の予想では、この「浦和の調ちゃん」の癒し系は上木崎常盤なのかな・・とも思ったのですけど
常盤は・・・・凶暴(??)、且つツンデレ気味なのかな・・・・??

それにしても、「十万石まんじゅう」を食べている桜に調が近づいて
「うまい、うますぎる・・」を桜に言わせようと無言のプレッシャー(?)を掛けている調が
何ともお茶目で可愛い・・・・


df25ca11_convert_20150427172302.jpg



そして・・・・

調から「十万石まんじゅうと同じくらい、常盤の事も好きだよ」となぜかここで
何の脈絡も無く調から告白(?)されてデレてしまう常盤がまたまた可愛い・・・・
さっきまで「別に私はまんじゅうなんか・・・」とツンツン気味だったのに、
そのギャップがやはりとてつもなく魅力的ですね。


やまだ


d0152191_18225669_convert_20150427170721.jpg


さてさて・・・・

この第三話のラストで大谷場南が十万石まんじゅうの事を「埼玉県民のソウルフード」と言っていましたけど
あ、これは何となく分かる気がしますね。
以前も書いたけど、埼玉県って本当に「名物」が何もない県で、
全国的にはせいぜい「草加煎餅」くらいしかメジャーなものが無いかな・・・・
他県に行く際の手土産として「これぞ埼玉県!!」という決め手が中々ないから、
そういう時、この「十万石まんじゅう」は、十勝の甘納豆の「母べえ」とか「彩香の宝石」とか
くらづくり本舗の「福蔵」という最中などと並んでかなり貴重な存在ですし、
埼玉県民の「ソウルフード」という意味では、既に埼玉県民の「心の友」という感じなのかな・・・・??

だけど・・・・

埼玉県民の「ソウルフード」と言うと、忘れちゃいけないのが・・・・・

そう・・・・

「山田うどん」ですよね・・・・(苦笑・・・・)

ここ数年の「うどんブーム」という事もあり、この埼玉の地にも、丸亀製麺とかはなまるうどん等の
「うどんチェーン店」が大分出店してきましたし、
うちの近くの産業道路沿いにもここ最近、丸亀製麺がオープンしていました。
ホント、はなまるうどんとか丸亀製麺のうどんは、しこしこしてもっちりして本当に美味しいですね。

だけど・・・・

埼玉県民にとっての「うどん」とは・・・・

やっぱり「山田うどん」なんですよね・・・・(苦笑・・・)

あれ、なんでなのかな・・・・

正直・・・・・、ま、確かに価格は安いし、ボリュームたっぷりだし、
どのセットメニューにも必ずうどん(またはそば)が付いてくるけど
味は・・・・
うーーーん、極めて普通・・・・
うーーん、食べ物の完成度という意味では、丸亀・はなまるには一歩及ばない・・・というのが
正直な感じかな・・・・

だけど・・・、やっぱり埼玉県で「うどん」と言うと「山田うどん」なんですよね・・・・

たまーに、あの山田うどんの「たぬきうどん」とかセットメニューが無性に食べたくなってしまう事は・・・・
結構あったりします・・・・
特に(埼玉県では)有名なのは「パンチセット」なのかな・・・・
なぜか山田うどんは、「もつ煮込み」をパンチと表現しています。
「パンチセット」は、もつ煮込み+ご飯+うどんで確か760円くらいだったかな・・・・
とにかく「ガッツリ系」・「ガテン系」の方にはこれほどお勧めのお店はありませんし、
とにかくお腹が空いた、だけどあまり予算が無い・・・という際には・・・この山田うどんはお勧めですね。

やはり、埼玉県民にとっては、「山田うどん」もまた一つの「ソウルフード」なのかもしれません・・・・

出来れば・・・・

調たちの立ち寄り先の一つとして登場してくれないかな・・・・??
(女子高生が一人で入るのは・・・・少し勇気がいるのかな・・・・苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2162-fb7cdf3c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |