プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


24.宝梅中学校

 C/トッカータとフーガ二短調


 この演奏は・・・・まさに「名曲の名演」の範疇に入るべき演奏であり、
 もしも、1960年代における「順位制」が適用されるとしたら、
 この年の中学の部のグランプリというか第一位に値するような特筆すべき素晴らしい演奏だったと
 思います。
 というか・・・・
 この学校、他校とは明らかに全然違う・・・・
 なんだろう、その違いって・・・・
 一言で書くと「音色の透明感と清涼感」なのだと思います。
 木管・金管・・・、全ての楽器において、どのパートも優れていて、どこにも「音色の濁り」が無いと
 断言しても構わないと思います。
 とにかく全ての楽器の一つ一つの音の「音色の美しさと透明感」は、
 正直、これが中学生の演奏とは全く思えません。
 とにかく、「美的限界すらも通り越した極限の美的感覚に溢れた演奏」としか言いようが無いです。

 課題曲C/吹奏楽のための序曲は、出だしの緊張感とか音の切れ、どれをとっても全く申し分ないですし
 中間部以降のゆったりとした音楽も、
 とにかく「和の鄙びた感覚」に満ち溢れ、
 聴いていて「不思議な高揚感」すらも感じた演奏だったと思います。
 何て言うのかな・・・・
 朝霧の中に包まれた神秘的な感覚というのかな・・・・
 「朝霞」と言っても決して「もやもやしたもの」ではなくて、
 霧の中に朝日がうっすらと差し込み、気分が晴れやかになっていく・・・・
 そんな感じの演奏でした。
 技術的には、E♭クラリネット・トランペットのソロが光っていました。

 自由曲の「トッカータとフーガ二短調」もまさに名曲の名演に相応しい内容です。

 この自由曲は、前年度にやはり兵庫県の今津中学校が大変素晴らしい演奏を聴かせて
 くれていましたけど、
 両校の違いはどこにあるかと言うと、
 「音色の美しさ」を両校の共通点とすると、
 今津は、電子オルガンみたいなメカニックの香りというか幾分「人工的な香り」が漂うのに対して
 宝梅の場合は、昔ながらの「荘厳なパイプオルガン」の香りが漂います。
 単純な比較で言うと、
 宝梅の方がナチュラルな感じがし、素直な響きがそのまんま普門館に神秘的に鳴り響いたという
 感じですね。
 打楽器もかなり抑制されていて、「煩い」とは全然感じないのですけど
 別に「指揮者の強制」という感じも無く、自由にのびのびと吹いているように感じさせる店が
 やはりすごい・・・と思いますね。

 宝梅は、実はこの年が初めての金賞受賞なのですけど、同時にこの年が
 栄光の「5年連続金賞」のスタートの年にもなっています。
 振り返って見ると・・・・・
 1982年の全国大会初出場の年の「ダッタン人の踊り」は・・・・本当にお粗末&悲惨としか言いようがない演奏で、
 「あれれ、なんであんなにレヴェルの高い関西大会からこんなひどい代表校が選出されたのかな・・」と
 誰しもが感じたかもしれないのですけど、
 あれからわずか4年でこんなにサウンドや表現スタイルが激変するなんて、
 やはり中学生の吹奏楽は、指揮者しだいだと思いますし、中学生の「進化と成長」は
 脱帽するしかないですね・・・・

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2159-c3487ae6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |