プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4/19の「Go! プリンセスプリキュア」は・・・・
きららは良かったのだけど、
一条らんこに「共鳴・共感」出来るものが全く無く、見ていて何か「不愉快」・・・・
だから感想は書けません・・・・
(ま、らんこは実は三年生であり、みなみよりも先輩だったというオチだけはよかったけど・・・)

そんな訳で、
なぜか知りませんが、先週東京MXテレビで再放送していた「プリキュア5 GoGo」の録画を見ていたら
何か妙に懐かしかったので
代りにこちらの感想を少しだけ書いてみたいと思います。


歴代プリキュアの「カップリング」って本当に色々とありましたよね。
特にピンク×黄色はある意味「鉄板」ですよね・・・
ピンク×黄色のある意味最強の組合せは・・・・やっぱり、ハッピー×ピースなのかな・・・・(苦笑・・)
このカップリングを主人公のピンク系×それを支える役割系という意味に限定して考えると、
各カップリングに対するキャッチフレーズは何かな・・・・と思ったら・・・・

なぎさ×ほのか →戦友

咲×舞       →夫婦

のぞみ×りん   →バカ旦那とそれを支え続ける世話焼き古女房のくされ縁

ラブ×せつな   →現代的同棲カップル

つぼみ×えりか  →お友達

響×奏       →バカップル

みゆき×やよい  →最強のあざと可愛いコンビの誕生・・

マナ×六花    →対等なパートナー

めぐみ×ひめ   →ポンコツ

はるか×きらら  →仲の良い姉妹

といった感じなのかな・・・・
その中でも特に理想的な関係は、やっぱりマナ×六花の関係性なのかな・・・?

でもそうした中でも、やっぱり「のぞりん」の関係は、私、大好きですね。




74008b7d_convert_20150417160500.jpg


025b75fe_convert_20150417160354.jpg


のぞみとりんは幼馴染設定で、昔から何かとドジするのぞみをいつもフォローサポートしているのは
言うまでも無くりんちゃんの役割ですけど、
そうした「損な役回り」に時たまりんちゃん自身が嫌になってしまうのも
それはむしろ自然な人の感情のような気もします。
ま、それが大変悪い方向に展開したのが
前作「プリキュア5」【無印版】の名作誉れ高い第23~24話だと思います。
2年間のシリーズとしての流れという面を考慮すると、
無印版第23~24話の延長線上にあるのが、今回の話のように思えますし、
結果として、りんちゃん自身の「成長」を示唆しているような作りにもなっていると思います。
無印版の時もそうですけど、今回の話も
なぜりんちゃんがあそこまで激怒してしまったのか・・・・
その共通点は、前作も今回の話も、事前にのぞみに対してりんちゃんが注意を与えていたのに
「大丈夫、大丈夫・・・」と軽く受け流してドジを踏んだこと・・・
ここで注意したいのは、
りんちゃん自身はのぞみがとっても大好きであること・・・
りんちゃん自身は、別にのぞみのドジやしでかしてしまった結果を責めている訳ではありませんし、
それによってのぞみに対する信頼感は少しも薄らいでいない・・・・
むしろ・・・・
りんちゃんが色々と心配しているのにも関わらず、のぞみが無茶してヘマするという事は何を意味するかと言うと
「のぞみは本当に自分の話を聞いているのだろうか・・・、否、のぞみに対してそうした想いを
適格に伝えていない自分が悪い・・・
自分の想いが正しくのぞみに伝わっていない・・・」という
「もどかしさ」の方が大きかったのではないかな・・・と思います。

前述のりんちゃんの「成長」という観点からは・・・・

前作の場合、りんちゃんは、そうした「もどかしさ」を結局ひきずってしまい、
うららやかれんさんに八つ当たりする事で更に傷口を広げてしまったという事なのだと思いますけど、
今回の話の場合、
りんちゃん自身、自戒と後悔の念を持っているのが違いかな・・・・
ココの「強く言い過ぎたかな・・・という顔をしているよ・・・」あたりの会話はそのあたりの
りんちゃんの心理描写を見事に捉えていて、このシーンはやはり何度見ても大好きですね。
そして・・・・
のぞみが例によって、天真爛漫に何事も無かったかのようにジュースを差し入れても
今回は、あっさりとそれを受け入れた・・・・
前作だったら、多分叩き返していたと思われるだけに、
りんちゃんの「寛容性」という側面が感じられ、のぞみ同様大の「りんちゃん贔屓」の私としては
何だかとても心温まる思いもありました。

改めて考えてみると、
りんちゃんはのぞみの何に惹かれるのか・・・・
やはりそれは「無鉄砲なのだけど人としての自由自在さ」に尽きると思います。
前作で、のぞみはココ達の夢の実現に向けて頑張ってきた、そして今回はフローラからの救援要請に
応えるために頑張っている・・・
そうした別にのぞみにとっては利益がある訳でも何でもないのに
困っている他人のために無我夢中で頑張っているのぞみを支えたい・・・・
そうした現世利益無しにお互いの損得無しに、困っている誰かを助けるために頑張っているのぞみを
出来る限りサポートしたいとりんちゃんに損得無しに思わせるのぞみはやはり凄いと思いますし、
そうしているりんちゃんはもっと素晴らしいな・・と思ってしまいますね。

「しょうがないな・・」と口では言いながらも、りんちゃんはのぞみを助け
りんちゃん自身ものぞみによって時に助けられ、時に何か大切なものを気づかされていく・・・・
そうしたのぞりんの関係性は・・・・
やっぱりいいものですね・・・・!!



45fc6db0_convert_20150417160426.jpg


さてさて・・・・

今回の話は、のぞみとりんのエピソードを中心に構成されてはいるのですけど
影の主役は・・・・
そうですね・・・何と言ってもうららの壮大過ぎるボケに尽きますね・・・!!
この回のうららは、本当に弾けすぎていて、見ていてとても気持ちが良かったですね!!

シビレッタによって「ジャックと豆の木」の世界に入り込んではまったのぞみ・りん・うらら・くるみですけど、
今回の話で大変興味深いのは、
プリキュアのメンバーが全員揃わない状態で変身し、敵と戦うのは極めて珍しい事ですよね。
今回の話は、こまちとかれんさんは置いてきぼり状態・・・・
(ま、もっとも次回の話では、のぞみ・こまち・かれんの3人だけの話なのですけどね・・・)

それにしてもうららのボケは半端無い・・・・(苦笑・・・)

ジャックと豆の木の話を、豆の木を登って巨人の住む館に行くと、そこで鬼が待ち受けていて
鬼退治・・・と
何か「桃太郎」と混合しているし、
巨人の住む館を発見し、ばれないように侵入しようと言っているのに呼び鈴を鳴らそうとしたり
目の前に寝ている巨人がいて、起こさないようにと細心の注意を払っているりんちゃんの努力もむなしく
くしゃみをしてしまったりと・・・
うーーーん、やっぱりプリキュアにおけるピンク×黄色は鉄板ですね・・・・


f3eb2d10_convert_20150417160707.jpg


f285d386_convert_20150417160729.jpg



今回の話でよかったのは・・・・
巨人に吹っ飛ばされたドリーム(のぞみ)をお姫様抱っこするルージュ(りんちゃん)かな・・・
それと何よりも・・・・
「もうのぞみの面倒見ないんじゃないの・・」と相変わらず余計な事を言う(?)ミルキィローズ(くるみ)に対して

「フローラさんとの約束を守るために、一生懸命頑張ってるドリームのためなら、
いつだって、どこに居たって必ずフォローするよ」
「私はね、誰かのために無我夢中で頑張ってるドリームが大好きなの」

というルージュの言葉はまさに泣かせるセリフ・・・

あれは・・・・

あれは・・・・

「公開プロポーズ」みたいなものですね・・・!!
そうそう、ハピネスチャージプリキュアの第21話でも、サイアークとの戦闘最中なのに
「私、プリンセスの事大好きだよ!!」と公開プロポーズをやってくれたラブリーという後輩もいましたけど、
あれは・・・・
「そのまんま二人は結婚してしまえ・・・!!」という感じですね・・・・(苦笑・・)


d05c1fb2_convert_20150417160610.jpg


ラストシーンののぞみの笑顔は、本当に天使そのもの・・・・

私、こののぞみの笑顔、大好きです!!

巨人との戦いの中でシビレッタは盛んに
「あんた達は全員揃わないと何も出来やしない」と煽っていましたけど
「みんながいるから、どんな困難な事でも何でもできる」、そして・・・
「個々の面からも、メンバー各自がそれぞれの夢を持って、その夢の実現のために努力を重ね
羽ばたこうとしている・・・・」という
全体と個のバランスと両立性が図られていた素敵な作品と言うのが
この「プリキュア5」の2年間におけるシリーズの私の印象ですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2148-3ebbb681
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |