プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


プリキュアシリーズとは世界観が違うのかもしれませんけど、
「絶対防衛レヴィアタン」も結構好きです。
魔法少女系に付き物の
熱い友情・派手な戦闘シーン・新たなる力という要素は少ないですけど
そのゆるさ・可愛さが
このアニメの「絶対的な魅力」だと思います。
2013年4~6月にテレビ東京系で土曜23:30から放映されていましたけど、
リアルタイムで見ていた時から、結構というかかなり好きな作品でしたね。
世間的には、ほとんど認知評価されていない作品なのでしょうけど、何か妙に印象に残る作品で、
私としてはとても気に入っている作品の一つです。

このアニメ、元々はグリーのゲームなのですけど、
主人公レヴィアタンは、
笑顔を忘れた・無口・滅多に笑わないけど心の中で爆笑している事もあるというのが
グリーのケゲーム上の設定らしいです。
またゲームのデザイン画としては、レヴィアタンも含めて他の2人も比較的大人っぽいタッチで
描かれていて、確かにこれだけを見てしまうと
「レヴィアタンは笑顔を忘れた女の子なんだなー」と思ってしまいます。
だけどアニメでは、
レヴィアタンも含めて全員子供っぽい雰囲気を強調していて、
アニメ版の方がより魅力的です。
またアニメ版のレヴィアタンは、バハムート・ヨルムンガンドよりは喜怒哀楽を出さないけど
微笑むシーンがよくあり、
その笑顔がたまらなく可愛いと思いますし、
あの笑顔は、本当に素敵です!!

3人構成なのですけど(妖精シロップはいますけど・・)
知的で物静かなレヴィアタン
じゃじゃ馬系のわがままお嬢様、バハムート
天然の心優しい怪力娘のヨルムンガンドという構成もバランスが取れていて
面白いです。
だけど最終盤には、バハムートには結構重たい秘密があったりもしますけど・・・
スマイルプリキュアで例えると、ビューティ・ピース・マーチみたいな構成なのかな・・・??

「絶対防衛レヴィアタン」の特徴は、
タイトルが示唆する通り
「何かを守りたい・・・」
「あなたにとって大切なものとは何・・・??」
「大切なものを守るためにはどうすればよいのか」という
テーマが一貫して守られている点なのかな・・
だからこそ派手な戦闘シーンもそれほど必要ないのかなとも思いますし、
「守ること」に主眼を置いた今どきとしては珍しいアニメでもあるので、
それがほのぼのさ・多少のゆるさ・レヴィアタンの可愛さとも結びついて
何かたまらない魅力を発揮しているのだと思います。







「絶対防衛レヴィアタン」のどこに惹かれるかと言うと、
あのゆるさ・可愛さ・ほのぼさもそうなのですけど、
魔法少女系に付き物の過剰な戦闘シーンとか、インフレ状態になっていく主人公たちのパワーアップと
いうものはほぼ皆無だし、
敵との戦闘シーンとか「やっつける」という概念よりは、
物語の根底にある
「何か自分たちにとって大切なものを守りたい」という
「守り」の姿勢に焦点を当てて、
敵を撃破するという発想ではなくて、本当に大切なものをいかに守っていくかという事を
クローズアップしている事が、
最近のアニメではなかったことであり、
非常に面白いと思います。

だって・・・・主人公が使用する武器アイテムが「麦茶」なんていうのも・・・
「守り」の象徴でもあるし「ゆるさ」の象徴でもあるし
いいな・・・と改めて思ったりもしますね。

d43ce144_convert_20150417071652.jpg



リアルタイムで見ていた頃は、第一話で結構はまってしまった・・・という感もあるのですけど、
特にいいな・・・と思ったのは、
第9話の温泉回 第10話の火山の主の救出 第11話の神官の救出の話とレヴィアタンの進化の回
あたりでしたけど、
特に特に第10話が個人的には一番気に入っています。

火山の主の病気の治療薬に必要な三つの素材を集めるために
3人がそれぞれ別の場所に赴く事になったものの、
本来ならば各人が得意とする属性の場所に行けば簡単に手に入りそうな感じなのに
(水が属性のレヴィアタンならば滝に行けばいいものをなぜか氷を担当
 火が属性のバハムートならば溶岩に行けばいいものをなぜか滝を担当などなど・・・)
「くじ引き」で担当を決めた故に
本人たちの属性とはあまり関係が無い所にそれぞれ赴くところが何ともお茶目で楽しかったです・・・


特に・・・・氷を抱きかかえるレヴィアタンの可愛さは・・・・あれはまさに「反則」でしたね・・・・


13a45e51_convert_20150417071817.jpg



第11話でのレヴィアタンの進化が良かったですね・・・・

あの回では・・・・
バハムートが力を使い果たし早々と戦力外・・・・
ヨルムンガンドも珍しくやられてしまい一時的に戦力外・・・
結果的に戦力として使えそうだったのはレヴィアタン一人のみ・・・というこのアニメにしては珍しく
やばいシーンもあったのですけど、
ここでレヴィアタンの覚醒、つまり「進化」が果たされるのですけど、
あの「進化」によってレヴィアタンがなぜか金髪になってしまったのは何か面白かったですね・・・・

実はこの物語、グリーのゲームではまだ細々と続いているようですけど、
私・・・ゲームは全然やらないからな・・・・・(苦笑・・)
ゲームが続いているのだったら、せめて二期も・・・・とたまーに思うのですけど、
ま、二期は・・・・ほぼ100%無いと思うので
この一期だけの作品ですけど、特に特に最終回が感動的で爽やかな印象をもたらした
この作品をDVDと私の脳内妄想だけでも「存在の証」が示せればいいな・・・と思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2147-9acc1018
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |