プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


17.城東中学校

 A/バレエ組曲「火の鳥」

 この秋田県代表のこのチームの名前を耳にした時、「あ、懐かしいな・・」と感じたものでした。
 私が初めて吹奏楽コンクール・支部大会を聴いたのは、1981年の東北大会なのですけど、
 確かこの城東中が同じ指揮者でB部門に出場し、
 歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲を大変熱演し金賞を受賞していたのはよく覚えています。
 確かこの時の記憶では・・・・
 すごい熱演なのだけど金管セクションが少し鳴らし過ぎ・・・・打楽器も煩い感じ・・
 というものだったと思います。
 それから5年後にこのチームは全国大会に初出場したのですけど
 1981年のB部門の頃の印象とほぼ同じでしたね・・・・
 やっぱり・・・・「三つ子の魂百まで・・・・」という感じなのかな・・・・

 演奏は一言で言うと・・・・・粗削りで音量がバカでかく、とにかく鳴らしまくっている・・・・という印象でした。

 課題曲は、時折、柔らかい響きとチャーミングな響きも感じられ、
 「悪くは無いかな・・」と感じさせる場面もあるのですけど、
 全体的には力んで吹くまくっているせいか、
 特に金管セクションの硬質な音色がかなりイメージを悪くさせているような感じもありました。
 曲全体の流れ・雰囲気は決して悪くないのに、少し勿体ないな・・とも感じたものです。

 自由曲の「火の鳥」は・・・・・
 一言で述べると、「怒れるロシアの荒々しい魂の叫び」みたいな印象です。
 とにかく・・・・
 硬質で締め付けるようなドライな金管セクションの粗っぽさが耳に痛い演奏でした・・・
 ま、確かに「凶悪な踊り」なんだから、
 曲の雰囲気に忠実・・・・と言えばそれまでなのですけど、
 もう少し「マイルドさ」も求められるような気がしました。

18.総社東中学校

 B/序曲「ローマの謝肉祭」

 すいません・・・・
 このチームの演奏時は爆睡していて、全く記憶からぶっ飛んでいます・・・・(苦笑・・・)

 ただ朦朧とした記憶の中で感じていた事は、
 同じ課題曲と自由曲を演奏していながらも、雄新とは全然方向性が違うものだな・・・・とは
 うっすらと感じていました。

19.霞が関西中学校

 A/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」

 「霞が関」というから茨城県代表なのかな・・・と思っていたら
 埼玉の川越の学校だったのですね・・・・
 やっぱり全国大会初出場と言うのは、想像以上に指揮者にとっても奏者にとっても
 色々な意味でプレッシャーがかかるものなのでしょうね・・・・
 普門館の客席からも、何となくですけど(雰囲気で)「あ・・・、緊張しているな・・・」というのが
 何か伝わってくるような雰囲気でした。
 多分ですけど・・・・・
 普段の練習の1/3ね発揮できないまま、
 「あれれ・・、いつもと調子が全然違う・・・・」と違和感を抱いたまま、終了したような感じがします。

 課題曲は・・・・・

 明らかに演出過剰・・・・

 というか、テンポをいじりすぎて、ヘンな所で「間」を取ったり、ヘンな所でテンポルバートを掛けたり
 そのヘンな演出のおかけで曲の流れが相当遮断されていたような気がします。

 自由曲も、冒頭からスカスカ・・・・
 技術的にかなり未消化な面が感じられ、全体としては「あまりにも散漫・・・」みたいな
 感じでしたね・・・・

 だけど、このチームは翌々年に再度「ロデオ」で全国大会に出場しましたが
 この時は、大変リラックスした状態で、のびのびと精密な演奏を聴かせていましたので
 この年の演奏は・・・・
 やっぱり初出場という事で「崩壊」してしまったのでしょうね・・・・

 やはり「普門館」には魔物が住んでいる・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2144-693d81a8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |