プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東京MXテレビの「Yes! プリキュア5GoGo」の再放送も週に二話のペースで放映されていますので、
とにかく進行が速いですね・・
先日くるみが登場したと思ったら、
もう、「青いバラの正体発覚の回」ですからね・・・・

現役のGoプリの敵側組織もかなり非情でえげつない組織だと思うのですけど
プリキュア5GoGoの敵組織であるエターナルも組織としては、相当非情で冷たい組織でしたね・・・
最近の記事の中で、GoプリにおけるプリキュアVSクローズの戦いについては、
見方を変えると相反する「夢への実現」に向けてのガチンコでのぶつかりあい、
ましてやクローズは己の生命が掛っているから悲壮な決意をもってのバトルであった・・・
みたいな事を書きましたけど
振り返って見るとエターナルもそんな感じでしたよね・・・・
館長も冷酷な人でしたけど、輪をかけてNo.2ポジションのアナコンディが「冷酷」を絵に描いたような
ビジネスライクなお方・・・
プリキュア5GoGoで最初の殉職者となってしまったスコルプでしたけど、
やはりあの場合も・・・・
「キュアローズガーデンに行く」というプリキュア側の夢の実現と
「プリキュアを倒し、エターナルという組織の中で実績を出したい」というスコルプの一種の「夢」の
ぶつかりあい・・・・
結果的にスコルプは、ミルキィローズによって撃破されてしまったのですけど、
散りゆく際のあの「さらば・・・・ブンビー」のあの一言は・・・・
「あれれ、・・・・意外とスコルプもいい人だったし、多少は人らしい感情も持っていたんだ・・」という事にも
なりますし、
殉職してしまったスコルプの空の机を見て涙ぐむブンビーさんの姿とも合わせて考えると、
撃破されて最後に残した言葉が「ディスピア様・・・」という言葉であったクローズとは
やはり「何か」が違うような気もしますね。
つまり、エターナル組織に所属する幹部の中には・・・・人としての「感情」とか「温かさ」みたいなものを
持っている人も少しはいた・・・・
結果として、それが・・・ブンビーさんが2年間の戦いで唯一敵側組織として生き残る事が出来て
人生をリセットする事が出来た一つの要因にもなったのかな・・・・と感じています。






それにしても・・・・・のぞみとくるみは相変わらず・・・・

やっぱり・・・・

りんちゃんではありませんけど、この光景どこかで見た事があるような・・・・
(だって・・・だって・・・くるみの正体はやっぱり・・・ミルクなんだから・・・・苦笑・・・)

無印時代から、もう何度も何度も「食べ物」を巡るのぞみとミルクの戦いは・・・・
うん、あれはもう「お約束」の領域に達していましたね・・・・(苦笑・・・)

のぞみ:いいじゃなーい! 少しくらい・・・!!

ミルク:のぞみの分は無いミル!!

本当に、あの二人は・・・・ま、多分・・・、一生ああいう食べ物を巡る争いをしている事でしょうね・・・・(笑)

だけど・・・・

多分、この時点で既に・・・・・りんちゃん・ナッツ・ココは確信していましたし、
こまちとかれんも・・・・恐らくは薄々とは気づいていたのでしょうね・・・
あ、勿論、ドーナッツ国王も・・・
この回でのドーナッツ国王とナッツの会話が中々素敵でした・・・
「一国の王と言えども出来る事は限られている・・・・」
そうですね、この言葉は全ての統治形態にも言える事ですし、
パルミエ王国も当面は、ココとナッツの共同統治という体制を取るのでしょうけど
いずれは・・・「共和制」への移行みたいな事も意味しているのかな・・・
声優さん絡みですけど、ドーナッツ国王は中々渋い働きを随所で見せてくれましたけど
ドーナッツ国王を演じられた声優さんは、翌年は・・・・・
歴代敵幹部でも「最大のアホ」と誉れ高い愛すべきバカのウエスター役ですからね・・・・(苦笑・・・)
何かそのギャップが笑ってしまう・・・・
そういえばあの声優さんは、久しぶりにプリキュアに戻ってきましたね。
確か、はるはるの父親役だったかな・・・・


img_3-1_convert_20150414233644.jpg


ナッツの意図も知らずに
「ナッツハウスは今後ラーメン屋に店替えしてしまう・・・」と
ナッツが大量の香辛料を購入しただけで妄想してしまうのぞみは・・・・やっぱりのぞみですね・・・・(笑)
ま、そんなのぞみが私は大好きですけど・・・

この回のナッッは色々な意味でいい事を言っているし冴えていましたね・・・・
歴代妖精の中では、異色といっても言いほどの「クール」なお方ですけど
あのクールさが何とも言えないですね・・・
私は・・・・歴代妖精の中では、タルトくん、ハミィ、ラケルと並んで大好きな妖精系ですね。

湖の前での
「姿は変えられても性格は変えられない」と看破したシーンは、とっても素敵でしたね。
だけど・・・・・
改めて考えてみると、
くるみは・・・・
ナッツハウスに居候が決まるまではどこで宿泊していたのかな・・・・??
やっぱり、極悪(?)ミルク時代のように、ぬいぐるみの振りをしては、人のかばんに忍び込んで
弁当をパクついていたのかな・・・・??


img_16_convert_20150414233709.jpg


img_3_convert_20150414233616.jpg


さてさて・・・・

この回でようやく青いバラ=ミルキィローズ=くるみ=ミルクという事が公式でも明らかになったのですけど
これでようやく「プリキュア5GoGo」の物語も本格稼働・・・・
リアルタイムで見ていた頃は・・・・
「うーーん、序盤は少し物語がだるいかな・・・」とも感じる事も無くは無かったのですけど
ミルキィローズの正式な仲間入りで
物語は大きく躍動していきます。
ま、たむけんさん回以外は・・・・・かなり好きな話がこの後は続々と登場していきますしね・・・・

だけど・・・

ミルキィローズが力を使い果たしミルクの姿に戻ってしまった際の
のぞみの反応があまりにも面白すぎる・・・・(笑)
そして・・・・・
りんちゃん・かれんさんから
「ミルキィローズの正体は実はミルク」と告げられても
「ええーーーーーッ!!」という驚き顔のリアクションがあまりにも楽しかったですし
何よりも・・・・・
うららも気が付いておらず、何かムンクの「叫び」のようなリアクションで
のぞみと一緒に驚いていた様子が最高に面白かったですね・・・・
(うがった見方をすると・・・・・のぞみ大好きで聡明なうららは案外気が付いていたんじゃないのかな・・・・
 のぞみに合わせて、わざと驚く振りをしていた・・・・という解釈はありなのかな・・・??)

それにしてものぞみの「鈍感」も相当なもの・・・・(苦笑・・)

もしもあのシーンに歴代プリキュアがいたとすると・・・・・

ドキドキ組ならば・・・・
まこぴーのみ「ええーーーッ」という反応で、それ以外は・・「おいおい・・・、そんなの見抜けよ・・・」という
感じかな・・・・
スマイル組ならば・・・・
れいかさんだけ「そんなの分かって当たり前でしょ・・」みたいな反応で
れいか以外は全員・・・・「ええーーーーっ」という反応なのかな・・・
ハピネスは・・・・
うん、言うまでも無いですね・・・・
聡明なゆうゆうといおなはとっくの昔に見抜いていて
あまりにも鈍感なめぐみは・・・・
やっぱり・・・・・「ええ―――――ッ!!」という反応なのかな・・・・(苦笑・・・)

ま・・・私は言うまでも無くそんな鈍感なのぞみとめぐみは大好きですけどね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2141-bbb04b55
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |