プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吹奏楽コンクールの課題曲を振り返る時、
一つの節目というか、転換点になった曲があるようにも思えます。
大変古い方ですと、1964年の課題曲/序曲「廣野を行く」あたりを推されるのかな・・・・?
この年以前の課題曲は、マーチがほとんどであったのに対して、マーチ以外の曲想の課題曲が
登場した初めての年と言えるのかもしれません。
当時、この課題曲は「難しい・・・」と敬遠気味だつたそうですけど、
現在の視点から聴くと・・・「一体どこが難しいのかな・・・?」とも感じてしまうのですけど
ま、それは・・・・「吹奏楽コンクールの進化」という事にしておきましょう・・・
転換点と言うと・・・・1974年の課題曲B/高度な技術への指標は・・・・・今現在の視点から聴いても
この曲は・・・・まさしく「革新的」というか極めて斬新ですよね・・・
こんなバリバリのポップスの曲をよく吹奏楽連盟が課題曲として認めたもんだ・・・・とある意味
感心してしまいますし、
当時の吹連の役員さんの「太っ腹」には敬意を表したいですね。

だけど・・・・

ある意味、本当の転換点になった一曲とは・・・・・
それは・・・
1979年の課題曲B「プレリュード」ではないかと思います。
なぜ転換点かというと、吹奏楽コンクール課題曲の歴史の中で初めて、
「無調音楽」のような現代音楽の感覚と形式を初めてコンクール課題曲として
成立させたのが、「プレリュード」だと思うのです。
この曲の譜面を初めて見たのが、1979年の中学2年の時でしたけど、
楽譜は冒頭50小節近くは、何と・・・・全ての管楽器奏者は全員休止状態です・・・・
(ま、この部分はティンパニーの完全一人ソロですからね・・・)
それ以降も変拍子に次ぐ変拍子で
メロディーラインが全然分からない
「ヘンな曲・・・」というのが当時の私の率直な感想でしたね・・・

だけど・・・・

この課題曲B/プレリュードを現在の視点から聴いてみると・・・・・

とてつもなく面白いし、斬新ですね!!

確かに技術的にはそれほど難しくは無い・・・・
(曲全体が終始ゆったりとした曲なので、アレグロのような早い部分はほぼ皆無・・・)
だけど、それを表現するのは極めて難しい・・・・
楽譜に書いてある事だけをそのまんま音にしても・・・・
多分・・・・この曲は全くの「無味乾燥」になってしまうと思います。
この課題曲は、後年レコードやカスタムテープ等で様々なチームの演奏を聴いたのですけど、
正直・・・演奏するチームによって、ここまで音楽の表現方法は変わるものなのか・・・・と愕然とするくらい
色々な表現スタイルがあったと思います。
ま、ほとんどは、比較的無味乾燥な感じとか、なんだかよくわからないおぞましい雰囲気みたいな
印象で終っているのですけど
やはりこの課題曲の断トツの名演は・・・・
誰が何と言っても市立川口高校の演奏だと思います。

まさにあれは・・・・・自由曲のネリベルの「二つの交響的断章」と合せて
神がかりな演奏以外の何者でも無いとさえ思います。
出だしのティンパニーソロは・・・・緊張感漲る演奏が本当に素晴らしかったし、
後半のヴィヴラフォーン以降の木管セクションのひさやかさ、打楽器セクションの鼓動などなど
とにかく文句のつけようがない演奏でした!!
しかもこの演奏、全国大会初出場でしかもプログラム一番なのですよ・・・
そんなハンディーを全く感じさせない演奏でしたね。
自由曲のネリベルの「二つの交響的断章」はまさに圧巻の一言!!!!!
出だしが、チャイム・シロフォーン・グロッケン・マリンバの鍵盤打楽器から開始され
執拗に同じメロディーを反復していくのですが、この緊張感が絶品です。
アルトサックスのソロも素晴らしいし、それに合いの手を入れる打楽器セクションの瞬発力も
お見事に一言に尽きます。
後半のティンパニーソロからの金管セクションの透明かつ勢いのある展開も大変迫力がありますし、
トムトムをはじめとする打楽器セクションのやはり瞬発力と自発性は高く評価されて然るべきだと
思います。
自由曲における、ドラの鳴り方が非常に効果的なのも印象的でした。

さてさて、この「プレリュード」という課題曲なのですけど、
特徴は大きく分けて二つあります。
一つは、小節ごとに拍子がコロコロと変わりまくるすさまじい変拍子の連続・・・・
そして二つ目は・・・・これは最大の特徴とも言えるのですけど、
曲の冒頭は・・・・・ティンパニーの完全ソロから開始されます。
本当に・・・・ティンパニーだけのソロで、この間は他の楽器は一つの音も入りません・・・
冒頭から約1分近く、ティンパニーのソロ(しかも他の楽器なしの完全ソロ・・・)という
おそらく課題曲としては私が知る限りにおいて、唯一の快挙を成し遂げています。

さてさて、このティンパニーのソロですけど、
38秒までが「手で」、それから52秒までが普通のマレット(バチ)、それ以降は木琴などのバチの柄の部分、
という3種類の演奏法により、音色の変化も出すようにスコア上で指示が出されています。
曲の最後にも「手で」演奏するティンパニのソロが入ります。

これって・・・・本当にティンパニー奏者泣かせの曲なのですけど
同時にティンパニー奏者にとっては・・・・一度は挑戦してみたい曲というか
ティンパニー奏者冥利に尽きるのではないかとさえ・・・思っています。

ま、結果的に・・・

この課題曲/プレリュードが「一つの露払い」みたいな役割を担い、
その後・・・
1982年の序奏とアレグロ 1984年の変容-断章 1986年の嗚呼!とか変容・序曲
そして・・・・1988年の「深層の祭り」という
「現代音楽系」の流れが出来たという感じもしますから、
やっぱりこの「プレリュード」の歴史的存在意義はかなり大きいのかもしれませんよね。

最後に・・・・

ちなみに・・・・ティンパニー奏者がマレット以外で叩く事を指示された事例としては・・・・
1984年の変容-断章があると思います。
この課題曲の場合、部分的にティンパニー奏者は、マレットをマラカスに持ち替え、
マラカスをマレット代りに叩く事で、
ティンパニーの皮の音を出しながら、同時にマラカスの「ガラガラ・・・」という音を出していましたから
結構あのアイディアも斬新でしたね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

プレリュード懐かしい^_^

久しぶりにブログ覗いたら、プレリュードのお話しで、懐かしい
なぁ〜と拝見しました。
変拍子の指揮者泣かせの曲でした。
もう時効のお話しですが、就実高校中国大会課題曲プレリュードは、村松先生は完璧にご本人は、気がつかず、振り間違えされてます。
私の記憶が、間違えてなければ、
変拍子中間部が、実際の楽譜とは、演奏の拍数が違ってます。
降り間違えに気がついたトランペットの私と、パーカッションの友人は、心臓バクバクでした。
楽譜無視で、先生の指揮に合わせて、難を逃れました。
実際に村松先生は、演奏終了後も気がついてませんでした。
先生も大変緊張されてたんでしょうね。
音源聴けば、ミスがわかりますが、実際に演奏した学校も
極端に少なくて、審査員すら、気がつかずσ^_^;
中国大会代表になりました。
全国大会では、全く大丈夫ですけどね。
35年過ぎた今でも私達の間では、話題になる秘密の話しでした。

信じられないエピソードですね・・・・

ゆきぷう 様

お久しぶりです。お元気そうで何よりです。
今回は貴重なお話のコメントを頂き、ありがとうございました。
え・・・・、そうだったのですか・・・・
就実が全国大会初出場を決めたあの中国大会でそんなエピソードがあったのですね。
本当に「吹奏楽コンクール」のドラマは興味深いですね。
でも、確かに「プレリュード」の変拍子とすさまじい不協和音の連続は
指揮者泣かせの曲とも言えますので、
村松先生も大変だったのでしょうね。
「煌きの瞬間」のCDを聴く限りでは、全くそうした「不安定さ」は感じませんので、
中国大会は、よほど緊張されていたのでしようね。
79年の就実は、プレリュードの「静」、アロンソの結婚の「動」との対比がとにかく素晴らしく
「鮮やか!!」以外の言葉が出てこないですね。
エイト出版から1983年に出版された「吹奏楽と11人の先生」の中で
村松先生は、この年の就実の中国大会の事を語っておられましたが、
あの日は・・・・台風の影響ですさまじい雨と嵐の中での大会だったようですね。
村松先生は「就実台風がまさに直撃!!」と表現されていたのが極めて印象的でした。

ぬくぬく先生、ゆきぶう先輩
お久しぶりです。

はい、村松先生は中国大会のコッペリアでも指揮間違えましたwww曲が止まりかけました。

煌の瞬間のCDは、どうもその時の音源っぽいんですよね。全部全国のがはいってるかと思ってたんですが。

猿も木から落ちる・・・??

さくら 様

お久しぶりです!! お元気そうで何よりです!!

それよりも・・・・
86年の就実の「コッペリア」の際に村松先生が指揮を振り間違えられたとは・・・・
何か意外な気もしますね。
これぞまさしく「猿も木から落ちる」という感じなのでしょうか・・・??
そう言えば、ゆきぷう先輩も79年の課題曲B/プレリュードも村松先生は振り間違えられたと
言われていましたね。
だけど・・・・
私自身、1986年の全国大会は普門館で聴いていましたし、その後のブレーン社のカスタムテープを
聴いた際も
そうした振り間違い何て全然分からなかったですし、
特段リズムがギクシャクしていたなんて印象は無かったですね。
ま、全般的に少し控えめな演奏ではありましたけど・・・

「煌の瞬間」は、84年・89年・91年以外は全て全国大会が音源かと思っていたら
実は一部中国大会のもあるのですか・・・・
それは初めて知りました。
いやいや、色々と貴重な情報をありがとうございます!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2140-18366f1d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |