プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4/12の「Go! プリンセスプリキュア」で一つ何か引っかかっていた事・・・
以前の記事でもちらっと書きましたけど、
クローズ撃退後のフローラの何か「憂いに満ちた表情」の意味するもの・・・・
何かそれが気になって仕方がありません・・・・






もしも、あれが・・・・
クローズを最後に撃破したのがトゥインクルだったとしたら、多分・・・・
勝ち誇ったような笑顔で「ごきげんよう・・・・」としていたのかもしれません・・・

それにしても・・・・

「あの輝け 三つの力! プリキュア! トリニティ・リュミエール!!」の威力はすさまじいものがありますし、
ロッドを振り回して「ハァ――――ッ」と掛け声を合わせるのは、やっぱりフレッシュを思い出させてくれます。
何かあの場に、ちゃっかりキュアピーチがいても全然違和感が無いような気も・・・・



b9ba2e2a_convert_20150413205121.jpg


e7afc903_convert_20150414182214.jpg



最近の記事の中で、

プリキュアの使命とは・・・・
「自分の夢も実現するけど、同時にみんなの夢もきちんと守る」ことなのです。
プリキュアが守る事は「みんなの夢」なのですけど、それを象徴しているのは実はゆいちゃんなのです。
「みんなの夢」の一人がゆいちゃんであり、
そうした「みんなの夢」を象徴する立ち位置に存在するのがゆいちゃんだと思います。

と書きましたけど、

これって実は・・・・

敵幹部のクローズにも同じことが言えるのではないか・・・とふと思ってしまいました。

クローズは実は前世は、はるか達と同じような人間であり、何かの原因により
ディスピアに囚われの身となり、三銃士になったかどうかは現段階ではよく分かりません・・・・
だけど、言える事は唯一つ・・・・
現時点でのクローズは、ディスピア様の忠実なる僕(しもべ)に過ぎず、
クローズとしては、プリキュア達を撃破する事しか「生きる道」は残されていない・・・・
だから、この時点でのクローズの「夢」とは、まさしく「プリキュアを倒す事」の一点しか無いのです・・・

だからこそ・・・・・
フローラは、そうしたクローズの「生きるか死ぬか」という本気の「気迫」に押されてしまったという事ではないかと
解釈しています。
そうでないと・・・・
あの場面で、瞬間的にフローラが茫然と立ち尽くすことはありえないのではないか・・・と思っています。
クローズは・・・・
あの状況では、サラリーマンで言う「進退」という生易しいものではなくて
ガチンコでクローズ自身の「命」がかかっている「やるかやられるかの厳しい戦い」なのです。
クローズは本気の本気で・・・「やるかやられるか」の悲壮な決意でフローラ達に対峙している・・・
その人間の本性にある意味一番正直な「何がなんでも生き抜く! そのためにはプリキュアの一人や二人
この場で始末しないと自分自身が生き残ることは出来ない・・・
だから、自分は死ぬ気でフローラの始末にかかる!!」というむき出しの「生存意欲」に
フローラが圧倒されてしまい、立ち尽くしてしまった・・・・という感じなのかもしれません。

フローラ達が語る「トップモデルになりたい、プリンセスになりたい」等というのも、「夢」なのですけど、
クローズの「プリキュアを全員始末する」というのも、実は「夢」なのです。

今回は・・・・そうした相反する夢と夢とのガチンコのぶつかり合い・・・・
そんな感じだったのかもしれません・・・・

だからこそ・・・・・

フローラは・・・・

クローズが撃退された時も・・・・・

そうした何か「割り切れない思い」があったのかもしれません・・・・

それがああした「憂いの表情」を生み出したのか・・・・、それは正直・・・、よく分かりません・・・・

だけど・・・・

最近のプリキュアの傾向としては、
敵幹部も救済される・・・・
そして何のために敵幹部を浄化するかというと・・・それは・・・・
敵自身も「救済」の対象としているからなのだと思います。

だけどGoプリの場合・・・・そこまで甘くはなくもっとシビアな世界だった・・・・

クローズを撃退しないと自分自身もやられてしまう・・・・
自分が撃退されるという事は、他者の「夢」を守る事も出来なくなるし、何よりも自分自身の夢も
実現できなくなる・・・・
そうした相反する「夢と夢とのぶつかり合い」の末に
今回は、まずはクローズが消滅してしまった・・・・

多分・・・・フローラとしては、それに対して幾分「痛み」の感情があったのかな・・・・

その「相手の痛み」を理解した上で
「それでも私はあなた達を今後も撃破しないといけない・・・」みたいな「覚悟」の気持ちも
あったのかな・・・・

それが何かフローラのあの「憂いの表情」を呼び込んだ・・・・

何か色々と深読みすると、そうした解釈もありなのかな・・・・と自分自身は思っています・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2138-e952448b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |