プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


あ・・・・、何かここ最近は、
埼玉県ローカルアニメ「浦和の調ちゃん」と吹奏楽青春アニメ「響け! ユーフォニアム」の事ばかり
書いていますね・・・
本日4/15AM0:00現在、間もなく「響け! ユーフォニアム」の第二話が始まりますので
とても楽しみです!!







さてさて、この「響け! ユーフォニアム」ですけど、
吹奏楽経験者ならばお馴染みの金管楽器である「ユーフォニアム」なのですけど、
世間一般の認知度は・・・・
うーーん、ユーフォ奏者の方には申し訳ないのですけど、極めて低いのかもしれませんよね。
ま・・・、「吹奏楽」自体も必ずしもメジャーな音楽形態とは言い切れない面もありますからね・・・
だけど、ここ数年、所ジョージさんがテレビ番組で「吹奏楽」をテーマにした企画をされていたり、
日本が世界に誇る大指揮者の一人、佐渡裕氏が、テレビや演奏会等で吹奏楽団を指揮・紹介されたりと
私が現役奏者時代に比べると、
大分世間的な認知度・評価も高まっているので、それはとても嬉しいですね!!

ちなみに・・・・

このアニメは京都の北宇治高校という架空の学校を舞台にしていますけど
指揮者の佐渡氏も・・・・
無名の若かりし日には、京都のとある女子高の吹奏楽部を指揮・指導されていて
吹奏楽コンクールにてネリベルの「二つの交響的断章」で臨み、大変な熱演をしたものの
結果的に・・・コンクールとしては「銅賞」という評価を受けてしまい、
その「悔しさ」とか「聴く人で音楽的な受け止め方は異なる」というものは・・・
若かりし日の佐渡氏に色々な意味で影響を与えたとの事です・・・

吹奏楽では、中音域を支え、メロディーラインも担当できるし裏メロも担当できるし、
色々と器用貧乏な香りが漂うこの「ユーフォニアム」という楽器は・・・・
うーーん、残念ながら
管弦楽団の世界では・・・・・極めてマイナーな楽器です。
というか、この楽器は・・・・
オーケストラで使用される事自体、極めて珍しい・・・・
せいぜい・・・・

〇R.シュトラウス/ 交響詩「ドン・キホーテ」

〇ホルスト/ 組曲「惑星」~Ⅰ.火星

〇ムソルグスキー(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」~ビードロ

くらいかな・・・・

吹奏楽ではお馴染みの楽器なのだけど、ユーフォニアムと同様に管弦楽団ではほとんど使用されない
楽器としては、他には「サックス」がありますよね。
こちらもたまーにですけど、オケで使用される事もあります。
一例をあげると・・・
ビゼー/組曲「アルルの女」、ラヴェル/ボレロ、ラフマニノフ/交響的舞曲などが代表例かな・・・

この「ユーフォニアム」という楽器なのですけど
私が現役奏者の頃は、「ユーフォ」と省略されて呼ばれる事の方が多かったし、
「ユーフォニウム」と呼ばれる事の方が多かった気がするのですけど、
正式には・・・・
「ユーフォニアム」というのが正しいようですね・・・・

こんな事書くと、ユーフォ奏者の方からブーイングを浴びそうなのですけど、
吹奏楽の中でも、この楽器は・・・・
比較的「地味」な立ち位置という印象もありますね・・・・
音色自体、トロンボーンと大変よく似ているし
(確か、ユーフォとトロンボーンのマウスピースは同じだったと思いますが・・・・)
「中音域」という意味では、ホルンとアルトサックスと被ってしまうし、
「低音」はチューバにその役割を譲らざるを得ないし・・・・
ま、確かにリズムと後打ちもメロディーラインも裏メロも何でも担当できる「吹奏楽の便利屋さん」みたいな
側面もあるのですけど、
ま・・・、確かにそれが若干・・・・「器用貧乏」みたいな印象も与えてしまうのかな・・・

だけど、

例えば・・・・・

シュミットの「ディオニソスの祭り」とかホルストの「吹奏楽のための第二組曲」とか
2000年吹奏楽コンクール課題曲Ⅰ/道祖神の詩のように
素晴らしいソロを聴かせてくれる曲も数多く存在しますからね・・・
最近では・・・・樽屋氏「の民衆を導く自由の女神」のユーフォのソロは・・・・惚れ惚れしますね・・・
私が過去の吹奏楽コンクールで感銘を受けたユーフォの使用例としては・・・・
1987年の福岡工大付属の課題曲E/マーチ「ハロー! サンシャイン」の中間部のユーフォの裏メロの素晴らしさとか
1988年の札幌市民の「タンホイザー」の2分近いユーフォの朗々とした素晴らしい歌い廻しとか
同じく札幌市民の1992年の「カルミナ=プラーナ」の圧倒的存在感とか
実に素晴らしかったですね!!
大変地味だとは思いますが、1979年の課題曲C/幼い日の思い出の中間部のユーフォの裏メロは・・・・
あれは・・・まさに「ユーフォの素晴らしさ」を見事に象徴していると思います。

ま・・・、だけど・・・・
私自身も高校時代の頃は、よくユーフォ奏者の奴と喧嘩しては、
「ふんっ、こんなマイナーな楽器で別にいてもいなくてもどうでもいい楽器」とか
「ユーフォニウムかアルミニウムか何か知らないけど、こんなポンコツ金管楽器・・」とか
口走っては、ユーフォセクションから総スカンを食らっていましたけどね・・・・(苦笑・・・)

この「ユーフォニアム」ですけど、
世界各国的には、「ユーフォニアム」の類似系楽器も色々とあるようですね・・・・
その一例が、バリトンとかテノールホルンなのかな・・・
確かに見た目は・・・・ユーフォニアムによく似ていますね・・・・
ちなみに、この「テノールホルン」は、マーラーの交響曲第7番「夜の歌」第一楽章冒頭で
朗々と吹かれていますけど、
あの音は・・・・まさしく「ユーフォ」以外の何者でも無いです・・・・
ちなみに・・・・日本の大作曲家、柴田南雄大先生は、その「グスタフ・マーラー」という著作の中で
この楽器について
「容易にプカプカと音が出てしまう楽器、上品さと深みに欠ける・・・」みたいな事を述べられていました・・・・

そうですね・・・・

これ、吹奏楽経験者ならばお分かりかもしれませんけど、
吹奏楽の楽器は・・・・楽器によって吹き易い楽器とそうでもない楽器が結構はっきりしているような
気もします。
私は、10年間の内、クラリネット9年・アルトサックス1年でしたけど、
木管楽器としては・・・・神経質で扱いが大変難しく吹きこなすのが難しい楽器は、
何と言ってもクラリネットとオーボエだと思います。
逆に音が出しやすいのは、アルトサックスだと思います。
金管の場合・・・・
音が出しにくく扱いが難しいのは、ホルン・・・・
逆に比較的容易に音は出しやすいのは・・・・やっぱりユーフォなのかな・・・・(笑)

さてさて、このアニメの主人公の久美子の担当楽器は「ユーフォニアム」・・・・

既にライトノベルを呼んでこの物語の概要は分かってはいるのですけど、
果たしてアニメでは・・・・
久美子自身、どんな出来事が待っているのか・・・・
とにかく先が楽しみという感じです!!



50c5acef_convert_20150414111103.jpg



先程、オーケストラでは「サックス系」はあまり使用されないと書きましたけど、
それはアルトサックスの話であり、
この「響け! ユーフォニアム」で登場する部長の小笠原はるかが担当する「バリトンサックス」は・・・・
うーーん、多分オケではほとんど使用されていない楽器で、
これは・・・・世間的にはほとんど認知されていない楽器なのかもしれませんよね・・・

ま、吹奏楽では「低音セクション」を担う大変大切な役割を持っていますけどね・・・

この部長役の声優さんは・・・・
私が特に特に大好きな声優さんの一人である早見沙織あり、この意味でもとても楽しみです。
ちなみに・・・・
最近好きな声優さんは・・・・ 花澤香菜さんかな・・・・
あの方は・・・・「物語シリーズ」の千石撫子役を担当されていましたけど、
あれで一気に好きになってしまいました・・・・
他には・・・・
「妖狐×僕SS」の髏々宮カルタとか「ニセコイ」の小野寺小咲が大変印象的ですね・・・


7ba8c4ab_convert_20150414110906.jpg


久美子のお姉さんも「吹奏楽部」でしたね・・・・

第一話でもちらっと登場していましたけど、
トロンボーンを担当していて、子供の頃の久美子にアンブシュアを教えていた姿が
とても素敵でしたね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2134-2871fb2f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |