プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず初めに・・・・
今回の話で、敵幹部の三銃士の一角であるクローズが第11話と言う序盤の段階で
プリキュアによって倒されてしまいました。
これは結構意外と重たい事実かも・・・・
最近のプリキュアの傾向として、「敵幹部の救済」または「敵幹部の浄化」というものがあり、
最終的にはプリキュア達と散々戦いを重ねたきた「敵幹部」にも「救いの道」という「希望」の道を
決して閉ざしてはいませんでした。
それがホント、まさかまさかの序盤の段階における「敵幹部の撃破」・・・・
これは一体何を意味するのだろう・・・・?
最終的にプリキュア達が提示すものは何なのだろう・・・?
その辺りは、大変予測が難しくなってきたようにも思えます。
だけど、そのあたりは逆にとても新鮮に感じます。
クローズが撃破された際のフローラの「ごきげんよう・・・」の表情は大変決然としたものがありましたけど、
その決然とした後の表情は・・・・
まるで「敗戦」をしたかのような「憂い」の感情すら漂わせています。
プリキュアとしての存在意義というよりも、
「敵を撃破する事の覚悟」というか「敵と言えども誰かを抹殺する事に対する覚悟」・・・・そんなものすらも
感じさせてくれました。
なんだろう・・・あのフローラの憂いの感情は・・・・
あれは・・・・
まさしく「プリンセスとしての気品」・・・・そしたものすら感じてしまいました。

プリキュアが、敵幹部を「救済・浄化」無しでガチンコで撃破したのは、実にプリキュア5GoGoの
スコルプ・ネバタコス・シビレッタ・イソギ―ン達2人以来実に7年振りの「快挙」(?)という事になります。
プリキュア5の場合、物語自体が「勧善懲悪」の側面が色濃く残っていたから
あの時は・・・・敵幹部玉砕の度に「よかった、よかった・・」で済んだのですけど、
こうやって敵幹部の救済がここ数年の常道という中で、これは何を意味するのか・・・・
正直まだ判断が難しい側面があるのですけど、
こうした側面からも今後Goプリを見ていたけら・・・も思っています。

さてさて・・・・こうしてクローズが無事に(?)撃破され、「三銃士」の一つの席が空白になってしまいました・・・

これは・・・・

いよいよ・・・、OPでも登場しているヴァイオリンを手にした黒仮面少女の出番が近いという証しなのかな・・・??
そして・・・・
その黒仮面は・・・・
本当に・・・・
後に「キュアスカーレット」になるのか否か・・・・??

色々と目が離せそうにもありませんね・・・・、これだからプリキュアを見るのは止められない・・・・






クローズですけど・・・・

何か・・、まるで「劇画」みたいな作風になっていましたね・・・・(苦笑・・・)

最後の方は・・・・なんか、スイートのノイズのように「黒い鳥」のようにもなってしまいましたね・・・

何だろう・・・・
Goプリの場合、ゼツボーグを使って人の心や希望を閉じ込めているのは「檻」なのですけど、
見方によっては「鳥かご」のようにも思えます。
クローズ自体も・・・・
絶望という「鳥かご」に閉じ込められた気の毒な人なのかもしれませんよね。

というか・・・・

クローズは、フローラに対して「お前がいなかったら・・・」と見当違いな八つ当たりを散々していましたけど、
何かあれはお門違いもいいところ・・・
だって・・・・
あれは・・・・
序盤の序盤で、プリキュアとして覚醒前にドレスアップキーを奪わずに余裕をぶっこいていたクローズ自身の
ポンコツさが全ての原因なのにね・・・・(苦笑・・・)


b9ba2e2a_convert_20150413205121.jpg


今後の敵幹部の扱いはどうなるのかな・・・

前述の通り、「ごきげんよう・・・」の毅然としたフローラは、その次の瞬間に、
憂いの表情、そして安らぎの表情に変わっていくのですけど、
これは今後の何を示唆しているのかな・・・・??

敵幹部と言えども「誰かを倒す」という事は「痛み」を伴うという事・・・・

その「痛み」を乗り越えてでもやり遂げないといけない事とは果たして何なのか・・・・
相手の「痛み」・「傷」をきちんとわかってあげる事こそが「慈愛」なのか・・・・??



28ed2ba7_convert_20150413205039.jpg

f75a36b9_convert_20150413205144.jpg


それにしても・・・・・今回の話のMVPはゆいちゃんでほぼ決まりですね。

今回の話で一番印象的だったのは、圧倒的な威力を発揮するクローズの攻撃に対して
為す術もなく茫然と立ち尽くしているフローラに対して、身を挺して庇ったゆいちゃんは、
本当に天使・・・・
というか、ゆいちゃんが4人目のプリキュアでもいいんじゃないのか・・・?とすら一瞬頭をよぎったのですけど、
ま・・・、あくまで、ゆいちゃんは、はるか達を精神的に支える立ち位置のままでいて欲しいですね。
ゆいちゃんがプリキュアになっても・・・・物語としては正直あまり意味がないかも・・・・
だって・・・
この物語は、プリキュア達が自分の夢を実現していく物語・・・・

例えば・・・・

はるかは、「プリンセスになる事」

みなみは、「父と兄同様に誰かの役に立つ仕事をして社会に貢献する事」

きららは、「世界のトップモデルになる事」

ここで大切なポイントは、みなみときららの「夢」は大変具体的であり分かり易い・・・・
はるかの「夢」とは・・・・
うーーん、正直、抽象的でよく分からん・・・というのが本音かな・・・・
そうしたはるかの「誰からも認められていないプリンセス」になりたいという夢を実現するためには・・・・
当然、他者から認められることが不可欠になってきます。
他者とは、プリキュアという身内のみなみ・きららではないし、
カナタは、確かにそうなのですけど、どちらかというと依頼者的な戦友という立ち位置・・・・
そうなると、ここで必要となってくるのは、
そう・・・言うまでもなく
「はるかを間近で見ながらプリンセスになることを応援してくれるプリキュア以外の誰か」という事になるのですけど
その「誰か」とは他ならぬゆいちゃんだったのです。

だから・・・・

ゆいちゃんがプリキュアになったのでは物語自体の前提が大幅に狂ってしまう・・・・
【本日の私の結論→ゆいちゃんはキュアスカーレットにはならない・・・】

ゆいちゃんが果たす役割はとても大きく重要だと思います。
別にゆいちゃんがプリキュアにならなくても、ゆいちゃんだから果たせる役割があると確信しています。
それは・・・・
「夢の実現の可能性」を共有する事なのだと思います。
プリキュア達にはそれぞれが「夢」を抱いている。
だけどゆいちゃんだって「夢」を持っている。
プリキュアの使命とは・・・・
「自分の夢も実現するけど、同時にみんなの夢もきちんと守る」ことなのです。

プリキュアが守る事は「みんなの夢」なのですけど、それを象徴しているのは実はゆいちゃんなのです。
「みんなの夢」の一人がゆいちゃんであり、
そうした「みんなの夢」を象徴する立ち位置に存在するのがゆいちゃんだと思います。

だからこそ、ゆいちゃんの今後の役割は大変大きい・・・・
同時に「プリキュアでないゆいちゃん」だからこそ、プリキュア達をサポート出来る事は、
色々と想定できますし、その存在意義は大変大きいものがありそうな予感があります。
そうですね・・・・
ゆいちゃんの立ち位置というのは、何かハピネスでいう所の誠司に近いものがありそうな気がします。
(誠司はやや不遇な感じがありましたけどね・・)



d32036d3_convert_20150413204938.jpg


1d969e5f_convert_20150413205008.jpg


さてさて・・・・・
いつの間にか「新しいアイテム」も登場しましたね・・・・

これは・・・・

バンダイ様よりの「ゴールデン期間中に新商品をお子様たちに買ってあげましょう」という
メッセージなのかな・・・・(苦笑・・・)

でも新しいフォームは全員凛々しく可愛かったですね!!
特にフローラの衣装の気合の入れ具合は半端ないものがあります・・・
うーーん、やっぱりピンク系主人公の優遇は違いますね・・・・

この新しいアイテムのロットですけど
何か・・・・
フレッシュの「ピーチロッド」を彷彿とさせてくれますね。
GOプリの3人も、ロッドを振り回しながら「ハァ――――――ッ」と掛け声を出していましたけど
何かあれは・・・
フレッシュの時と同じですね・・・・
何かいまにも「ソレワターセ」がシュワシュワ・・・・と浄化されてしまいそうな感じ・・・・・(笑)

さてさて・・・・こんな気合入りまくりの回でしたけど
私個人としては・・・・
次回のきらら個人回の方が気になって気になって仕方がありません・・・・

次回も・・・・

日曜は仕事だから「録画の準備は宜しくて・・・・??」という感じなのかな・・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2131-ba3bade9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |