プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


15.柏原中学校

  A.スペイン奇想曲

  以前書いたと思うのですけど、この年はリムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」が大人気で
  中学の部では、計4チームがこの曲を自由曲として演奏しています。
  以前も書いたと思うのですけど、4チームともそれぞれに「違い」というか「個性」が出ていて
  そのあたりの比較も面白いものがありそうですね。
  私としては・・・・
  柔らかく素直にまとめた首里よりは、スピード感溢れる当麻とか演奏に隙が無くスタンダードな解釈の
  この柏原の演奏が私は好きですね。

  課題曲A/吹奏楽のための変容は、各奏者の技術が極めて高いせいか
  各フレーズの安定感は当日課題曲Aを選んだチームとしては多分・・・・最優秀に近いようなものが
  あると思えるほどほぼ完璧な仕上がりだったと思います。
  だけど・・・・
  部分部分は好演の連続なのに、全体としては・・・・「うーーーん・・・」みたいな感じになってしまうのは
  なぜなのかな・・・・?
そうですね・・・・
  この課題曲は、早い部分と緩やかな部分のテンポの切り替わりが結構急展開な感じも
  するのですけど、そのテンポの切換え時に各奏者の気持ちが付いて言っていないというのか
  遅い部分では少しあわてた感じ、テンポの速い部分では、遅い時のイメージを引きずっているような
  感じも見受けられ、
  その辺りが「上手いのだけど、何か全体としては散漫・・・」みたいな印象を与えてしまった原因のようにも
  感じられました。

  自由曲は・・・・・

  何よりも「ソロプレイヤーの技術の高さ」には目を見張るものがありましたね。

  クラリネット・フルート・オーボエなどの木管のソロはほぼ完璧・・・・
  第四楽章の金管のアンサンブルも細かいところまでかなり訓練が行き届いているような感じです。
  とにかく聴いていて「安定感」があるので、
  何の不安感も無く、とにかく音楽そのものをたっぷりと楽しんで聴かさせて貰った・・・・
  そんな素敵な自由曲の演奏だったと思います。
  ラストのコーダの一気にたたみかけるような一直線の流れは、大変勢いが感じられ、
  華麗に曲を閉じていたのが大変素晴らしいと思いました。

  余談ですけど・・・・

  「スペイン奇想曲」は、私自身が高校最後の定期演奏会で吹いた曲の一つであり、
  この曲は、1stと第五楽章のソロを担当しましたので
  何か聴くだけで・・・・
  当時の記憶がフラッシュバックしてくるのですよね・・・・(苦笑・・・)
  何か知らない間に・・・・
  膝の上に置いていた指が「スペイン奇想曲」のクラリネットの指使いのように動いているような感触が
  ありました・・・・
  あれは・・・・
  ま、「三つ子の魂百まで」の応用形みたいなものですね・・・・

  全体としては大変申し分のない演奏で、当然の余裕の金賞をこの年は受賞・・・・
  (翌年の「ディオニソスの祭り」も悪くは無かったけど、さすがに背伸びしすぎたかな・・・・?)


16.永山中学校

  B/バレエ音楽「三角帽子」

 このチームは・・・・前年に全国大会初出場でいきなり金賞を受賞したのですけど
 この年、二回目の出場の際は銀賞に留まっています。
 だけど・・・
 これは私の感想なのですけど、
 正直、演奏も音楽的完成度も1986年の方が断然素晴らしいと思います。
 1985年のドビュッシーの「小組曲」は・・・、うーーん、この年の全国大会・中学の部は極めて低調な年
 だったようにも思えますので、
 課題曲と自由曲の対比の面白さとサウンドの洗練さを評価されて、
 通常の年ならばそれほど高い評価がされなかったと思われるのに、
 そうした理由から、たまたま金賞になってしまったようにも感じられます。
 だけど、1986年の演奏は・・・
 前年度の演奏から更なる「飛躍」を果たしていましたね。
 課題曲の朗々としたたっぷりと歌い上げる姿勢もよかったし、
 自由曲の音楽としての「躍動感」というか、「自由自在な表現スタイル」に本当に魅了されました。
 演奏スタイルとしては・・・・
 雄新の「ローマの謝肉祭」の演奏に近いものがあったかも・・・・
 とにかく「三角帽子」は聴いていて、情熱と楽しさの両方が生き生きと伝わってきました。
 特に「粉屋の踊り」のコールアングレのソロは極めて上手かったですね!!

でも・・・・

 この素晴らしい演奏は・・・・銀賞に留まってしまうのですよね・・・・

 私の記憶では、当日の審査結果発表の際も、雄新もそうでしたけど、このチームの際も
 普門館の雰囲気は・・・
 「え・・・・まさか・・・うそでしょ・・・」みたいな「意外感」みたいな空気が漂っていたような
 記憶がありますし、
 私自身も雄新もこのチームも、銀賞は極めて意外でした・・・・

 うーーん、やっぱり「コンクールの審査結果」というのは残酷な側面もありますよね。

 ホント、「人の感じ方」は千差万別なのかもしれませんよね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2128-a7c31726
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |