プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4/7の東京MXテレビの深夜アニメ枠にて
ついに・・・・
以前から期待して待っていた「響け! ユーフォニアム」が開始されました。
ちなみに・・・・4/9より、このブログでも何度も執拗に(?)取り上げさせて頂いていた「浦和の調ちゃん」も
放映開始となりますので、こちらもとても楽しみです。

こういう「吹奏楽コンクール」を真正面から取り上げたアニメって、今まであるようでいて
実はあんまり無かった・・・・という感じもありますので、
中学一年(ま・・、厳密に言うと小学校の鼓笛隊バンドがスタートかな・・・)から大学4年まで
計10年間も「吹奏楽」に関わり、
10年間「吹奏楽コンクール」に出場し続けた私にとっては・・・・
あまりにも懐かしいし、
あまりにも自分の「興味関心・趣味」に直球を放り込まれた感じなので
とにかく嬉しくて仕方が無いという感じですね。

というか・・・・、これ、原作のライトノベルが、まさかアニメ化されるなんて夢にも思わなかったですし、
そのアニメ製作会社が、
「氷菓」・「らき☆すた」・「日常」・「けいおん」等でそのクオリティーの高さで大変高い評価を受けている
京都アニメーションですから、いやでも期待は高まっていましたね。
実は・・、これ、ライトノベルは依然読んだことがあり、
あまりにも共感度が高い作品でしたので、
「出来ればアニメ化されないかな・・・、でも所詮は、吹奏楽はまだまだマイナーな領域だし、
多分無理だろうな・・」と思っていただけに
これは、嬉しい誤算でした・・・・

このライトノベルの簡単な概要を記すと・・・・

北宇治高校吹奏楽部は、過去には全国大会に出場したこともある強豪校だったのですけど、
ここ数年は関西大会にも進めていない・・・・トホホな状況・・・
しかも演奏技術は低下の一途をたどり、部員の士気も決して高くは無い・・・・
しかし、新しく赴任した滝昇の厳しい指導のもと、生徒たちは着実に力をつけていく・・・
実際はソロを巡っての争いや、勉強を優先し部活を辞める生徒も出てくるなど、波瀾万丈の毎日。
そんな中、いよいよコンクールの日がやってくる・・・・・

そんな感じなのですけど、
これ・・・、原作者が吹奏楽経験者という事もあるのですけど、
さすが、よく分かっていらっしゃいますよね・・・!!
吹奏楽の世界では、指揮者の先生が異動・転任等で変わると、とたんにその学校はダメになり
翌年以降はコンクールでは良い成績を取る事が出来なくなり、
それまでは全国大会の常連チームだったのが、途端に支部大会や県大会で消えてしまう事は
本当によくある事なのです。
このお話は、関西大会・京都府大会を背景にしているのですけど
京都ならば・・・・
最近では、そうした事例は「洛南高校」なのかな・・・??
そう言えば、洛南高校は・・・・
宮本先生の勇退以降は・・・・とんと全国大会でも見かけなくなりましたし、最近では・・・
関西大会で銅賞とか府大会落ちという事もあるようですね・・・・


ユーフォ


早速、第一話を見たのですけど
やっぱり作画の質が極めて高いですね・・・・

ま、第一話ですので、登場人物紹介とか背景なんかで終ってしまい、それほど物語としては
進展はしなかったのですけど、
例えば・・・・

〇ダメ金→代表に選出されない金賞

〇チューニング

〇Aの音、Bの音でのチューニング合せ

など・・・何かなつかしいフレーズが色々と出てきて、これだけでもなんか
思わず何か「あ・・・、なんか懐かしい・・・・」となってしまいますね。

ま、これから色々と物語が動いていくのですけど、
ま、原作を読んでいる立場から書いてしまうと、ネタバレになってしまいますので、ここでは
あまり書かないようにしたいと思います。
だけど・・・・
例えば・・・・
ソロを巡っての争いや、勉強を優先し部活を辞める生徒も出てくるなど、波瀾万丈の毎日というのは、
スクールバンドでは本当によくある話ですからね・・・・
中学と高校で、一応は・・・・(名前だけの)「部長」を務めた私から言わせて貰うと、
スクールバンドにおける「日常の小さなトラブルや喧嘩」というのは、まさに日常茶飯事でしたからね・・・・(苦笑・・・)
この物語でも・・・・
主人公のユーフォニアム奏者の久美子が入部前には・・・実は・・・
2年生と3年生の意見対立が起こり、2年生の大量退部事件が起きていたりと結構不穏な空気があったりして、
意外と・・・「不安定要素」もあったりします。
ま・・・だけど、そういう事も現実のスクールバンドでは、決して無い話ではないのですよね・・・

実は・・・・

私自身の中学の頃の話と被りますけど、
私の中学は・・・・実は・・・・昭和38年あたりから昭和50年あたりまでは
ずっと連続して県代表として東北大会に出場していた実は吹奏楽の名門校・・・・
しかし・・・・
自分が入部する3年前あたりから、県大会でダメ金を取るようになり、東北大会に出場出来ない状況が
何年も続き、
当時の顧問の指揮者の先生も相当の焦りがあったと思われます・・・・
だから・・・・
ま、このブログでも既に何度も書いているのですけど、かなり厳しい指導を行ったせいもあり、
部員は退部者続出・・・・
特に、私の代はこれがひどくて、先生との意見対立もあり大量の退部者を出しています・・・・
だから・・
私が中三の時は、3年生 8人 2年生 35人前後 1年生 25人前後とかなりいびつな構成となってしまい、
ことあるごとに
「お前らの代はだらしがないから・・・・」とずっと責められ放し・・・というのが
当時の部長としては、正直・・・、ま、辛いものはありました・・・・

だから・・・・

この「響け! ユーフォニアム」の背景なんかも、結構共感するというか、かつての自分と重なるものが
あったりして
ま・・・見ているだけで
結構「甘酸っぱい気持ち」になったりしますね・・・・

ま・・・、私なんか、それが原因で
中学を卒業する頃は・・・・
大の音楽嫌い&「高校に行ったら、金輪際、吹奏楽には関わらない!」という感じだったのですけど、
ま・・・、これも以前どこかで書いた気がするのですけど、
入学して、音楽室から聴こえてきた
定期演奏会で演奏する「アルメニアンダンスパートⅠ」とか歌劇「イーゴリ公」~ダッタン人の踊りの
美しい響きに魅了されて・・・・ついつい・・・・
入部してしまったのが・・・・
ま・・、その「運の尽き」でした・・・・(苦笑・・・)
ま・・・、高校は男子校でしたからね・・・・
とにかく・・・・絶対的な「クラリネット奏者不足」でしたね・・・・

この第一話で「練習見学会」みたいな話もありましたけど、
私も当時、練習見学会に行ってみて、帰ろうとしたところ、呼び止められて
「経験楽器は・・・」と聞かれ
「クラリネットとアルトサックス」と答えると・・・・
相手の目の色が変わりだし・・・
「男子校でクラリネット経験者は貴重な存在・・・・!! おまえはうちの吹奏楽部に入るために生まれてきた」とか
色々たぶらさされて・・・・
結局・・・・
再度「吹奏楽」と関わる事になってしまったのです・・・・

あ・・・このあたりも何か「甘酸っぱいお話」ですね・・・・(苦笑・・・)


1428420800369_convert_20150408230007.jpg


1428421892791_convert_20150408230034.jpg


あ・・・・初回の久美子は・・・・
ポニーテールだったのですね・・・・!!

この子は・・・「ポニーテール」の方が似合いそう・・・・

うーーん、どうも私は・・・
ポニーテールの子に弱いのですよね・・・・
例えば・・・
スマイルプリキュアのなおちゃんとか、ハピネスのめぐみとか、「まどか☆マギカ」の佐倉杏子とか・・・・(苦笑・・)

とにかく・・・・

第二話以降がとても楽しみな作品ですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2121-d15e0283
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |