プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


このブログの「クラシックカテゴリ」の中でも、結構ラフマニノフは登場する機会は多いと
思うのですけど、
世間一般的には、ラフマニノフと言うと「ピアノ協奏曲第2番」なのかもしれません。
確かに・・・・
あの協奏曲は、不滅の名曲と言うのか人の心に「何か」は伝えてくる素晴らしい曲ですよね。
特に・・・・
第一楽章の「遠くから聞こえる鐘の音」とか
第二楽章の甘いメロディーライン
第三楽章の決別とした感じ・・・・
本当にどれもが光り輝く素晴らしい曲だと思います。

だけど、私にとって、ラフマニノフとは・・・・

〇交響的舞曲

〇交響曲第2番

〇パガニーニの主題による狂詩曲

なのです・・・・

特に・・・・

最近の記事でも書きましたけど、
「交響的舞曲」第一楽章と第三楽章の中間部におけるあのメランコリー漂うメロディー
交響曲第2番第三楽章のどこまでも延々と続く甘くせつないメロディライン
「パガニーニの主題による狂詩曲」第18変奏曲のあのメランコリーと哀愁漂うメロディーライン・・・・・

あれは・・・・本当に「この世のものとは思えないはかない美しさ」に満ち溢れています。

本当に・・・・マジで・・・・
あの美しくはかないメロディーラインを一度も聴かないで死ぬのは勿体ない・・・・とすら感じるほど
とにかく素敵なメロディーだと思います。

ま、確かに・・・・ラフマニノフは少し冗漫な部分もあり、曲自体どれも長い傾向にあり
「そんな長い曲を聴くの嫌だ・・」みたいな方も一杯いるとは思いますが
そんな方にうってつけの曲が一つあります・・・・
それが何かと言うと、前述の「パガニーニの主題による狂詩曲」の第18変奏曲なのです。
この部分は演奏時間は3分程度ですので、そんなに飽きる事は無いと思いますし、
とにかく・・・・
あのメロディーがあまりにも美しすぎるのです!!
あのメロディーラインを聴いて何も感じない方は・・・・
多分・・・・相当「心が強いお方」なのかもしれません・・・・
人は何かしらの弱さとか欠点を有している存在・・・・
そうした「人の弱さ」を優しくやさしく包み込むのが・・・・あの曲なのかもしれませんよね・・・・

私が仙台の実家にいた頃、当時よく東北放送(関東で言うTBSラジオ)が掛っていました・・・

日曜日の朝、この東北放送では、当時「キューピー・バック・グラウンドミュージック」という
音楽番組があり、この番組のオープニングテーマが、
ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」の第18変奏曲だったのです。

当時は勿論曲名も作曲者名も何も知らず、何となく聴いただけという感じでした。

この曲を改めて知ったのは、1993年の5月の東京シティフィルのサントリーホールでの
演奏会でした。
前半がこの曲とハイドンの時計交響曲
後半がチャイコの悲愴でした。
指揮は、十束さん、ピアノ独奏は中村紘子だったと思います。

この当時は、この「パガニーニの主題による狂詩曲」という曲は知りませんでした。
でも曲が始まると、「ああ、この曲」という感じでした。
パガニーニのあの主題は結構有名ですからね・・・
だけど、曲の中盤の第18変奏が始まると本当に驚きました。
だって、子供の時聴いた「キューピーバッググラウンドミュージック」の
オープニング曲でしたから・・・
当時、「あー、あのメロディーは実はこの曲だったんだ!!」と改めて気が付き
何だか懐かしいような、嬉しいような気持ちとなりました。
子供の頃の「記憶」ってやはり数十年経過していても、意外とはっきりと残っているものなのですね・・・

この曲のタイトルは「狂詩曲」となっていますが、実質的にはラフマニノフの
ピアノ協奏曲第4番と言っても過言ではない晩年の傑作の一つです。
でも、あの第18変奏曲は、何度聴いても心に染み入るメロディーですよね。
ホント、いつ聴いても共感を覚えます。
ラスト近くでの、アレルヤ「怒りの日」が力強く演奏されるのも印象的です。
そして、曲自体は意外なことにPPで控えめに閉じられます。

当日のサントリーホールの演奏会は、確か当日券で購入し、P席(演奏者の後側の席)
だったので、指揮者や中村紘子の表情はよく拝めました。
ほとんど目の前がバスドラム・シンバル・グロッケン等の打楽器でしたので、
響きがストレートにズドンと来るような感覚でした。

あの第18変奏曲は、本当に人の心に何かを伝えるものがあります・・・・
ホント、この第18変奏曲と交響的舞曲第三楽章の中間部は・・・・
いつ聴いても、何か涙が自然と出てきそうな「不思議な哀愁・郷愁」がありますよね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2119-3b485d1f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |