プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


自分ではほとんど意識していなかったのですけど
最近の家での私の口癖というか決まり文句は・・・・

「お覚悟は宜しくて?」

という事らしいです・・・

例えば・・・・

「え、なになに・・・・今度の休みの時に買い物に行きたいって・・・・? それでは・・・散財のお覚悟は宜しくて・・・?」

「それでは仕事に行ってきます・・・、今日も色々な顧客から文句を言われそう・・・・
ストレスのお覚悟は宜しくて・・・?」

「え、なになに・・・風呂掃除やれって・・・? こんな寒い時に水を浴びたら風邪を引いてしまうかも・・・
風邪をひくお覚悟は宜しくて・・・?」

「キュアロゼッタに、時崎狂三のフィギュアが登場・・・・散財のお覚悟は宜しくて・・・・??」

みたいに結構色々な場面で口走っているらしいです・・・・



82ff8083-s_convert_20150224072346.jpg


ま・・・・、この「お覚悟は宜しくて」というのは、
言うまでも無く、今作のプリキュア、「Go! プリンセスプリキュア」の変身口上時の決め台詞の一つなのですけど
むしろ・・・・
「ごきげんよう・・・・」よりは
こちらの「お覚悟は宜しくて・・?」のセリフの方が何か個人的にはツボに入っているのですよね・・・(苦笑・・・)

まずいな・・・・

家でこんなに口走っているという事は・・・・、会社にいる時とか顧客の前とかで
うっかり出てしまったら、
何かそれは・・・・、あまりシャレにならないような気も・・・・??

「ごきげんよう・・・・」というセリフは、あれは・・・何か自分としては
東京23区内のいわゆる「山手言葉」みたいなものを連想してしまいますね・・・・
埼玉に通算19年以上も住みついていると、何かああいう山手言葉自体、なんか
「あ・・・、自分とは住む世界が違うんだな・・・」みたいな多少の反発みたいなものはあるかもしれませんよね・・・

Goプリで「お覚悟は宜しくて」のセリフは今のところ、3人のプリキュア達が発していますけど、
やはりトゥインクルが一番印象に残りますね・・・・
というか・・・・
「お覚悟は宜しくて」の前の口上の「冷たい檻に・・・」のあたりのあの「流し目」がやはりたまらないですね・・・(苦笑・・)





何か・・・・・うちの奥様に言わせると・・・・

昨年は・・・・・口癖というよりは、お昼時にハンドルを握ると
ゆうゆうの「ごはんのうた」を口ずさんでいる事が多かったらしいですし、
2013年は・・・・・
何かと言うと、「愛をなくした悲しい〇〇さん・・・・」を連発し
2012年は、「ウルトラハッピー」
2010年は、「ここらが我慢の限界よ!」とか「海より広い私の心」あたりを連発していたらしいです・・・・

うーーーん、これは・・・・

「プリキュア」の決めセリフばかりではないですか・・・・・(苦笑・・・・)

いやいや、これは我ながら「ひどい・・・・」としか言いようが無いですね・・・・

まったく・・・・

子供じゃないんですから、ここまでヒロインの口癖等がうつらなくてもいいのに・・・・・(苦笑・・・)

ま・・・・改めてですけど・・・・

私、結婚するまでは、アニメ・漫画はあまり見る方では無かったのですけど
結婚を機に、アニメ・漫画・甘いお菓子とは・・・・
かなり「深いご縁」になってしまいました・・・・(苦笑・・・)
やはり男性と言うものは・・・・結婚すると彼女の趣向に色々と影響されるものなのかな・・・・??

「プリキュア」はまさにそうした典型例の一つでしたね・・・・

彼女があまりにもプリキュアパンとか食玩とか買っているものだから
「E---加減にせんか・・・、子供じゃないんだから・・・・」と言うと
「いーじゃん、それだったら一度自分の目でプリキュアを見てみればいいじゃなーい」と反撃され、
試しに見たのが、「プリキュア5」【無印版】の「のぞみとココの夢気球」の素晴らしい回だったのです・・・
あれで・・・・
逆にミイラ取りがミイラになってしまい・・・・
今では・・・・私の方が「プリキュア」に関しては断然詳しくなってしまいましたけど・・・・(苦笑・・・)

あれが・・・・・

もしも・・・・

最初に見た回が、ミルク初登場の回とか
りんちゃんの「アンタ、他に友達いないの・・」の回だったら・・・・
多分・・・・
「なんだ、これは・・・・」みたいな感じでその後は見なかったかもしれないですね・・・

やっぱりあれは・・・・何か「ご縁」だったのかな・・・・

それよりも・・・・・

やっぱり男性と言うものは・・・、結婚すると変わるという事なのかな・・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2111-edd1e994
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |