プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


13.柳町中学校

 A/幻想交響曲終楽章

 この頃の「吹奏楽コンクール」の審査方法は確か・・・・
 課題曲と自由曲にそれぞれ、技術と表現の各項目でA~Eの五段階評価を付け
 集計をしていき、金・銀・銅わ割り振っていく・・・・そんな感じだったかな・・・?
ま、「技術」は分かるのですけど、
 「表現」というのは・・・・、全国大会にまで駒を進めてくるチームに対しては、結局は
 「審査員の好き嫌い」というか「好み」なのではないのかな・・・・??
何かそんな感じもありますね・・・・
 だから、吹奏楽コンクールの全国大会にまで駒を進めたチームの指揮者の先生とか奏者の皆様は、
 例え、当日の審査結果があまり芳しくなかったとしても、
 音楽はある意味「生き物」みたいなもので、
 「ライヴ演奏」ゆえに、
 「うまくいった・・・」とか
 「今回は今一つノリが悪かった・・・」とか色々とあると思いますし、
 審査員の好みに今一つ合わなかった・・・・とかそんな事情もあると思いますので、
 「審査結果」はあまり気にされず、
 むしろ「支部代表として全国大会にまで駒を進めた事」に対して生涯「誇り」を持って頂きたいと
 思いますね・・・・
 自分のように「絶対に行きたい!!」と思っていても、全国はおろか、県大会(都予選会)で毎回
 終わってしまった人の方が圧倒的に多いのですから・・・

 そうそう・・・・

 前述の技術と表現のA~Eの五段階評価方式ですけど、
 中には・・・・
 技術はAなのだけど、表現が全然消極的でつまらない場合もありますし、
 中には、技術はC~Dあたりなのだけど
 表現が俄然面白いとかユニークという場合も多々あったりします。

 この年の柳町中は、技術がC~Dランク、表現はAランクみたいな演奏のように私は感じました。

 課題曲・自由曲、共に技術的には少し拙いものがあり、やや不安定な感じ・・・・
 だけど「伝わってくるもの」は大変面白いし、
 とてつもなく「個性的なもの」を感じます。

 課題曲A/吹奏楽のための変容は、確かに入り方が雑で不安定な面があったり、
 アンサンブルに乱れがあったり、
 各フレーズの出だしがなんかふわっと雑に入っているから、今一つ「切れ」が感じられないとか
 ま、確かに色々と難点はあるのですけど、
 音楽全体の「うねり」は素晴らしいのですよね!!
部分部分は雑なのだけど、全体の構成が素晴らしいという少し特殊なパターンでしたね・・・

 自由曲の「幻想交響曲」も大体似たような傾向で、やはり各フレーズの出だしが幾分不安定・・・・
 だけど、音楽全体の構成とか猟奇的な雰囲気とか
 少し悪趣味的な雰囲気とか
 劇的な雰囲気とかはよく伝わっていたと思います。
 奏者は当然全員中学生なのですけど、
 聴こえてくる音楽は「大人の演奏」・・・・
 そのギャップが・・・・・とてつもなく面白かったですし、
 大人っぽい楽曲の解釈と表現をしている割には、つまらないミスが多い・・・・・

 何かそうした「アンバランスさ」がとてつもない「個性」というか「持ち味」のようにも聴こえ、
 結果として銅賞という結果にはなりましたけど、
 当時普門館の生の演奏を聴いていても、 
 「あ・・・、なんか印象的な演奏だな・・・、こういう演奏も悪くは無いな・・・」と感じたものでした。 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2108-fdc96ffe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |