プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近、ロバート=ジェイガーの曲ってあんまり演奏されないような気がします。

自分達が中学生~大学生の頃は、「シンフォニア・ノビリッシマ」という
ジェイガー夫妻の婚約記念を祝祭した抒情性豊かでハッピーな曲がよーく、
コンクールやコンサートで取り上げられたものですが、
最近は、とんと聴かなくなりましたね・・・
何か少々寂しいものはあります。
確かジェイガー作曲の曲が全国大会の自由曲で取り上げられたのは、
1991年の福井大学の「ヒロイック・サガ」が最後かな・・・と思っていたら
2011年に高知大学が「シンフォニア・ノビリッシマ」というウルトラ級に「懐メロ」な曲で全国まで
駒を進めていましたね・・・・
(ま・・・あれは・・・、強豪ほとんど無しという四国のレベルという背景もあるのかな・・・??)

ジェイガーの曲って、例えば第二組曲・第三組曲といった古典的な王道を行く作品もありますし、
「黙示録」みたいに、リズム感重視で比較的耳をつんざくような響きの曲もありますし、
「タブロウ」みたいにわけのわからん曲もあったりして、結構楽しいです。
個人的には、多分知る人ぞ知るという範疇なのかもしれませんが、
「ダイヤモンドヴァリエーション」が大好きです。
この曲、意外と奥が深いというか、主題→テーマ変奏→反復→変奏という風に曲が進展していき
決して派手な響きの曲ではないのですが、
「地味ながら心にしみる」曲という感じです。
低音から始まる序奏とか、タッタカタッタカという感じに駆け上がっていく終わり方は
結構好きです。
1975年に留萌高校がこの「ダイヤモンドヴァリエーション」で全国大会出場を果たしていましたけど、
あの演奏は・・・・・
日本ワールドレコード社のカスタムテープで結構何度も聴いたけど
私はあの演奏大好きでしたよ!!
ま、確かにメリハリに欠け、幾分ボンヤリとした演奏なのですけど、すごーく「素朴」な感じがして
私は結構気に入っています。
この曲は・・・・本当に知る人ぞ知る「影の名曲」なのかもしれませんけど、
もっともっと演奏されて然るべき曲だと思います。

でもジェイガーというとやはり「吹奏楽のための交響曲」が一番素敵な曲なのかな・・・

この曲はずっとこのタイトルで呼ばれていましたが、
交響曲第二番「三法印」という曲が発表されてからは、
交響曲第一番と表記される事もありました。
だけど第二番は全然いい曲ではないし、演奏機会もほとんどないので、やはりジェイガーの交響曲は
この曲で決まりなのでしょう。
というか・・・・
交響曲第二番「三法印」は・・・・東京佼成によるレコード化もされていますが、
聴いてみても、「一体この曲のどこが面白いのか、私にはさっぱり分かりません・・・」という程度の
印象しかないですね・・・・
事実、この三法印は、1980年に京華学園が自由曲とした以外は、どのチームもコンクールで
演奏していません・・・
そのコンクールでの不人気ぶりがそれを見事に象徴しているとも言えます。

ジェイガーの「吹奏楽のための交響曲」は、演奏時間が23分程度の四楽章形式なのですけど、
がっちりとした「古典的形式美」に満ち溢れ、
楽しいし美しいし、ロマンティックだし、ラストの第四楽章はスピード感に溢れカッコいいし、
とにかく魅力溢れる曲ですね。
この交響曲は、チャイコフスキーとかフランクの伝統を受け継ぐ「循環主題」のシンフォニーとも言えると
思います。
第一楽章で提示したメロディーを第四楽章で再度登場させ、曲としての「一体性」も見事に提示していると
思います。

でも、特に第四楽章はまさに「圧巻」ですね!!

第四楽章自体も、構成は極めて明確で分かり易く、急-緩-急の三部構成のスタイルを取っていて
ラストの「推進力」が実に素晴らしい!!
あれは・・・・聴く人の心に・・・・なんかこう・・ス―――ッと入っていく「爽快感」がありますね。

第四楽章に関しては、
大変古い演奏なのですけど、1973年の瑞穂青少年吹奏楽団の演奏が一番好きです。
他にも1970年の天理とか、少し荒っぽいけど個性的な1984年の東邦高校とか色々演奏はされていますが、
やはり瑞穂のスピード感にはかなわないと思います。
1973年の瑞穂の演奏をカスタムテープで聴いてみると・・・・
少し面白い発見があります・・・・
普通は・・・・
アナウンスが流れて指揮者が一礼をして拍手が起きて、そこから演奏が開始されるのですけど
この時は・・・・
アナウンスが流れて、いきなり課題曲が始まります。
あれって・・・・、日本ワールドレコード社の編集かな・・・(多分、それは無いと思います・・)
その当時のコンクールは、指揮者が一礼をしないで演奏を開始するのが普通だったのかな・・・・??

私、このジェイガーの「吹奏楽のための交響曲」って大好きなのですけど、
現在でこそ、木村 吉宏指揮/大阪市音楽団という不滅の名演CDがありますけど、
1990年代あたりまでは、この交響曲自体の全曲録音すら無かったですからね・・・・(苦笑・・・)
せいぜいヤマハ浜松の定期演奏会を収録したレコードしかありませんでしたからね・・・

吹奏楽のための交響曲のジャンルって、色々な作品がありますけど、
個人的には・・・・
ジェイガーのこの曲と、オーエン=リードの交響曲「メキシコの祭り」と
パーシケッティーの交響曲第6番と
バーンズの交響曲第2番が「四天王・・・」という感じなのかな・・・・

だけど・・・・

ジェイガーの「吹奏楽のための交響曲」が最後に吹奏楽コンクール全国大会で演奏されたのは
何と・・・・
1984年の東邦高校が最後・・・・

うーーん、この素晴らしい曲を、どこかのチームが現代の感覚でシャープに演奏してくれないかな・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2106-c6617478
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |