プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


マルコム=アーノルドというイギリスの作曲家は・・・・
正直、日本の管弦楽の領域においては・・・・多分全然マイナーな作曲家なのかもしれませんよね・・・・
アーノルドの「ピータールー」序曲とか組曲「第六の幸運をもたらす宿」とか
バレエ音楽「女王への忠誠」とか狂詩曲「サウンドバリヤー」とか交響曲第2番~5番あたりは
どこかの管弦楽団が演奏し、
アーノルドの良さを少しでも広めて頂けると大変嬉しいものがありますね・・・

ま、吹奏楽の世界では・・・・

1990年代終わりから21世紀初めの頃の大ブレイクに比べると
さすがに以前よりは演奏頻度は減ってきたと思いますけど、
この「アーノルド」という名前は・・・・吹奏楽アレンジ版のピータールーとか第六の幸運をもたらす宿によって
大分浸透しているのかもしれませんよね・・・・
これって結構面白い現象でして、
管弦楽の世界では全然無名の作曲家でも吹奏楽の世界では・・・・俄然人気者・・・・みたいな事も
たまにありまして、
アーノルドがそうした事例の典型例みたいな感じもありますね・・・

私自身は・・・・アーノルドの曲をオケで聴いたことは一度しかありません・・・・
(後で触れますが、厳密には二回かな・・・)

東京交響楽団の指揮者をされている飯森氏がたまーに、オケでピータールーを演奏されている情報は
耳にしたことがあるのですけど、
残念ながらピータールーをオケの演奏を聴いたことが無いのですよね・・・・
あの曲は・・・・
是非死ぬまでに一度はオケ版の原曲を生で聴いて、
あの民衆蜂起の弾圧シーンと思われる中間部の激しい音楽とラストの壮大な高まりを聴いて
瞳をウルウルとさせたいところですね・・・・

さてさて・・・・

私が唯一オーケストラの生演奏で聴いたアーノルドの曲と言うのが・・・・
「四つのスコットランド舞曲」という曲なのです。
ま・・・、この曲も・・・吹奏楽版としても既にお馴染みで、
過去に習志野ウインドとか玉川学園中等部が全国大会でも演奏していますね。

この舞曲は以下の四つの楽章から構成されています。
ちなみに・・・・
楽章にタイトルは付けられていませんが、
個人的には・・・・・Ⅲには「ロマンス」みたいなタイトルが似合いそうな感じもしますね・・・・

Ⅰ. Pesante
Ⅱ. Vivace
Ⅲ.Allegretto
Ⅳ.Con brio

Ⅰは・・・・出だしのホルンが大変印象的ですね。いかにもスコットランドの山岳音楽みたいな勇壮な香りが
漂いますね。
Ⅱは粋な音楽で、ファゴットの活躍が光ります。
Ⅲは・・・・大変ゆったりとした音楽なのですけど、こんなに静かで抒情的な音楽なのに
なぜかドラがゴワーーーンと地響きを立てているのが大変面白い・・・
いかにも「ロマンス」みたいな香りが漂う素敵な音楽です。
Ⅳは、Ⅰのメロディが再現され、一番派手に盛り上がりますけど、ラスト近くのトロンボーンの
グリッサンドがとても印象的ですね。

この曲を初めて知ったというか生の演奏会で聴いたのは・・・・確か・・・
1987年にスコットランドナショナル管弦楽団を率いて来日したネーメ=ヤルヴィの演奏だったと
思います。
あの時は・・・・
演奏会の曲目としてではなくて、アンコールとして、この「四つのスコットランド舞曲」のⅢを演奏していました。
やはりこの時も・・・・
ドラの響きが印象的でした・・・
全曲を生で聴いたのは・・・・・
確か・・・・1994年頃だったかな・・・・
都民芸術フェスティヴァルの一環として東京交響楽団が東京芸術劇場で
演奏した際の一曲目だったと思います。
確か、二曲目がグラズノフの「ヴァイオリン協奏曲」という「隠れた名作」だったと記憶しています。
あの演奏は・・・・とにかくエキサィティングで面白かったですね・・・・!!
特にⅣのスピード感と金管セクションの鳴りっぷりがとても素晴らしかったと記憶しています。

最近では・・・
吹奏楽アレンジ版としても、この曲はあんまり演奏されなくなりましたね・・・

「音楽史」の中に埋没させてしまうにはあまりにも惜しい曲でもありますので、誰か、この素晴らしい曲を・・・
原曲版としてでもいいし、吹奏楽アレンジ版としてでも構わないから
演奏し続けて欲しいな・・・・とも思いますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2098-e3a56b6a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |