プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


これまで何度か書いた通り、我が家の「地デジ対応完了」により、東京MXテレビが見れるようになり、
現在再放送中の「プリキュア5 GoGo!」が見られるようになっています。
そうそう、この再放送は、
4/1より放送曜日と時間帯が変更になるようですので、注意が必要みたいですね・・・

「プリキュア5」は、初代と同様に2年間シリーズとして続いた作品であり、
1年目の無印版と2年目の「GoGo版」では若干登場キャラも変わったりします。
ま、最大の変更点は、ミルキィローズとシロップの登場なのかな・・・・

次回の第10話で華麗にミルキィローズが登場してくる訳なのですけど
その一つ前の第9話「名探偵こまち登場」・・・・
この回は・・・・・
うーーん、多分プリキュア史上、屈指の「しょーもねーギャグ回」とも言えますね・・・・(苦笑・・・)
本当にこの回は・・・・・
次回にミルキィローズが登場してくるとは全く思えないほど、緊張感が全く無い
ホント、しょーもねー「ギャグ回」でしたね・・・・
だけど、あれは本当に面白い話でしたね・・・・
というか・・・・
あれは・・・・
歴代プリキュアにおいては、スマイルの「ハッピーロボ」の回と双璧の「とてつもないカオス的ボケ回」
とも言えるのではないでしょうか・・・・??
とにかく・・・・
こまちの「悪ノリ」が半端ない・・・・・(苦笑・・・)
同時に・・・・・
そんな事に巻き込まれた挙句、レモネードのプリズムチェーンによって捕縛され、ミントのエメラルドソーサーによって
はるか彼方に吹っ飛ばされたブンビーさんが気の毒・・・・
というか・・・・
敵幹部なのですけど、あれは・・・・マジで同情してしまいますね・・・・(苦笑・・・)

先程、プリキュア5の無印版とGoGo版ではそれ程変更点は無いと記しましたけど、
登場キャラの中で、一番変わってしまったのは・・・・
多分・・・・こまちさんなのかもしれませんね・・・(笑)
こまちのおっとりとした癒し系で包容力と優しさに包まれた感じと、怖いもの知らずで歴代プリキュアにおいても
肝の据わりっ振りは・・・多分最強クラスな感じは
2年間変わりは無いのですけど、
1年目の無印版では、ナッツとの恋愛絡みで描かれる事も多かったせいか、
比較的「しんみりとした雰囲気」というか「哀愁」とか「日本情緒的なわびさびの世界・・・」みたいな雰囲気すら
感じさせたお方だったのですけど・・・・
2年目のGoGo版に入ると・・・・
ナッツとの恋愛話がほとんど描かれる事もなくなったせいもあるのですけど、
急に弾け飛んでしまい・・・・
「こまち・・・・・、一体・・・・あなたはどこにいってしまうのだ・・・」みたいにボケと悪ノリとイタズラ仕掛け人
みたいな側面が出てきたのが、とても面白かったですね・・・!!
あの変わりようというか弾けようは・・・・
そうですね・・・・
「スイートプリキュア」において、プリキュアとして覚醒以降、「ごめんなさーーい」で大泣きをして
スッキリ解決して以降のエレンのボケ&弾けっぷりと重なるものはありそうですね・・・・(笑)



縺薙∪縺。_convert_20150331174053


ま・・・・今回の話は・・・・
かれんが皆で食べるために買ってきたケーキを、各人が食器・お茶・BGMとしてのCD準備等で
一旦全員離席した「空白の5分間」の間にケーキが跡形もなく無くなり、
こまちが・・・・
なぜか、探偵の格好をして登場し、全員のアリバイ等を調べ犯人捜しをするという話なのですけど、
何かこまちが語り出すと、
全てが「探偵小説」のお伽話みたいな感じというのが大変面白いところ・・・

そうそう・・・

こまちは、あの格好で登場時に

「ごきげんよう・・・・」とか言っていましたけど
現在の視点から見てみると・・・・
「おまえは、Go! プリンセスプリキュアのメンバーか!!」とツッコミを入れたくもなりますね・・・・(苦笑・・・)

とにかく・・・・

その後の展開も無茶苦茶状態・・・・(苦笑・・・)

「私は・・・・そんな独り占めする人間に見えるのですか・・・・!!」と
大仰に女優の卵に相応しい演技を見せるうららとか、
「もう止めないか・・・・友達を疑うなんて悲しい、意味の無い醜い争いは止めにしよう・・・・
みんな目を閉じて・・・・・やった人は僕にだけ教えてくれればそれでいい・・・・」と
善人面するココに対して
「そういうお前が一番怪しい・・・」とツッコミを入れる他メンバー・・・・

いやいや、もう無茶苦茶の崩壊喜劇ですね・・・・・(笑)

これって・・・・この足の引っ張り合いと疑心暗鬼ぶりは・・・・
本当に「美しきプリキュアの魂」なのでしょうか・・・・・?? 苦笑・・・・

「こまちがときどき分からなくなる・・・・」とドン引きするかれんさんが、またまた素敵・・・・



縺薙∪縺。2_convert_20150331174133


んでもって・・・・

そこに(エターナルで自分が買ってきたケーキを食べた後でナッツハウスにノコノコやってきた)ブンビーさんが登場・・
ブンビーさんは・・・・
口元にケーキの生クリームを付けていますからね・・・・

そして・・・・

ブンビーさんは・・・・、明らかに冤罪なのに・・・・
ミントのエメラルドソーサーによって吹っ飛ばされていくのですけど、
ホント・・・・ブンビーさんは・・・・「道化役」がまさにピッタリですね・・・・
ブンビーさんは、プリキュア5無印版では、
組織内No.2みたいな立ち位置として上から目線でふんぞりかえっていた時期があるだけに、
この「凋落」ぶりは・・・・
うーーん、もはや「もののあはれ・・・」というか「諸行無常」の世界ですよね・・・・(苦笑・・)

ま・・・、この件の犯人は・・・・メルボだったのですけど
それに便乗する形でつまみ食いをやらかしたのぞみは・・・・・やっぱりのぞみ・・・・という
感じでしたね・・・・

とにかく・・・・これは既にストーリーは分かっているのだけど
再放送で改めて見てみても・・・
何か思わず「くすっ・・・」となってしまう回でしたね・・・・

それにしても・・・・・こまちの悪ノリの良さは・・・・半端ない・・・・
ま・・・・後日、「りんちゃんと大江戸妖怪」の回で、更にその悪ノリが遺憾なく発揮されますけどね・・・・・

さてさて・・・・
次回の話は・・・・いよいよ「ミルキィローズ」登場・・・・
あの颯爽とした回の一つ前の回のお話は・・・・こんなポンコツ回だったのですね・・・・(苦笑・・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2096-b433f440
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |