プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「スイートプリキュア」がリアルタイムで最終回を迎えた時、

スイートが私達に提示したと思われる・・・

人として「不幸の存在」を認めて受け入れた上で、それでも
不幸は決して永続するものではない・・・
幸せと不幸はかわるがわる訪れるもの・・・・
不幸が続いた後には必ず「幸せ」がやってくる・・・・
もちろんその「幸せ」を導き出すには、ただ待っているだけではやってこない・・・・
自らも「チェンジ」する必要もあるし、「自己意識の変革」も必要・・・・
その上で、誰にも「幸せ」は必ずやってくる・・・・
「不幸の存在」を認めた上で、それを受け入れ、そして・・・・それでも前を進んで歩いて行こう・・・・!!

そうしたかなり高度な内容に本当に心の底から感銘を受けたものであり、
「ああ・・・、スイートの最終回は歴代プリキュアの中でも最高傑作に位置する・・・、本当に素晴らしい!!」と
しみじみ感じたものでした・・・・

そして・・・・・

スイートの後継シリーズの「スマイルプリキュア」が開始されると・・・・

ま・・・・、その・・・・、スイートの高尚な世界観は跡形もなく消え去り、
一年間を通して、シリーズでも極めて珍しい「ギャグ満点」のプリキュアになってしまったのでした・・・・(苦笑・・・)
でもあれは・・・・
スイートがリアルタイムで放映されていた頃は「東日本大震災」の暗い影が日本中に蔓延し
かなり陰鬱な空気もありましたので、
そうした世相に対して「少しでも明るく笑い飛ばそう!!」みたいな製作者サイドの意図が色濃く反映されたのかも
しれませんよね。

私は・・・・それは大正解であり、
スイートで提示した世界観を受け継ぎながらも「みんな元気にウルトラハッピー」をの世界観を一年間提示
し続けた「スマイルプリキュア」も大変立派で魅力的な作品だと確信しています。

ま・・・、メンバーがれいかを除いてほぼ「ポンコツ」というのも逆に新鮮で面白かったですよね・・・!!
(ま・・・、なおちゃんとあかねはみゆきレベルのポンコツではないのかな・・・??)
ま・・・・、そのれいか自身もある意味「ボケ道」まっしぐらのお方ではあるのですけどね・・・・(苦笑・・・)

そうしたスマイルを一年見続ける事が出来た自分自身がもしかして・・・・
一番「ハッピー」だったのかもしれませんけどね・・・・

でもとにかく・・・・「キュアハッピー」はとてつもなく可愛かったですね・・・・!!

あの可愛さは・・・・もしかしてシリーズを通して抜きん出た反則的な可愛さかもしれませんよね・・・・







happy2_convert_20150331140651.jpg


happy23jpg_convert_20150331140731.jpg


この第一話は、あまりにも・・・・星空みゆきというかキュアハッピーの「魅力と可愛さ」がまさに
凝縮された回でもありまして、既にもう何十回という感じで繰り返し見たものですね・・・・

作画のデザイナーの方が「プリキュア5」と同じ方という事もあり、確かに全体の雰囲気は、
ハッピーはドリームと似ている感じもあるのですけど、
実際は・・・・
例えば・・・・

〇第一話は転校初日のお話

〇転校時の自己紹介挨拶で、後に「二人目のプリキュア」となる人から茶々を入れられる・・・

〇顔面妖精キャッチ

のようなエピソードで分かるように、「ブロッサム先輩」に近い感じもありましたね・・・・

ま・・・・、星空みゆきは、つぼみのような内省的な子ではありませんので、
あかねちゃんに思いっきり茶々を入れられても、むしろそこから堂々と自己紹介の挨拶をしていましたし、
初変身時も・・・・
最初は逃げてばかりだったにせよ、最終的には第一話でアカンベエを一応撃退していましたので、
そのあたりは・・・・
ま・・・、ブロッサム先輩みたいな「へたれ・・」みたいな印象は全然無かったですね・・・・

どちらかというと、ハッピーの初変身&初戦闘は・・・・

気合い空回りの「アホ全開モード」という感じでしたし、
いかにもハッピーらしい戦いでしたね・・・・
というか・・・・
よく、アカンベエを浄化出来たな・・・・と感じでしたね・・・・(笑)

ま・・・・、あれは・・・・

スマイルの場合、プリキュアもポンコツだったけど、敵のマヌケ三幹部も・・・、揃いも揃ってポンコツ
でしたけどね・・・・(苦笑・・・)
スマイルは・・・・プリキュアも敵幹部も妖精も揃いも揃って全員ポンコツ・・・という
ある意味恐ろしい(?)シリーズでしたね・・・・

だけど・・・・

ああいう全体的基調がポンコツだからこそ
たまーに提示される「泣かせる回」、例えば、なおのリレーの話とかやよいの亡き父親との話とかは
極めて・・・・ウルウル・・となってしまいますし、
キャンディ奪還のための戦い→プリンセスモード仕様発動の激戦の回が
極めて見栄えがするのですよね・・・・

あの世界観は・・・

そうですね・・・、音楽で言うと、「緩急の落差がはっきりしたメリハリのある作品」という
印象が濃厚ですね。

ま・・・・ハッピーの必殺技の「ハッピーシャワー」ですけど、
第一話で何とか成功したものの・・・・
第2~5話ではほとんど外しまくり、
第5話終了時点では・・・・、ハッピーシャワーの打率は2割程度・・・・という
ピンク系、野球で言うと4番にしては・・・・
目を覆う惨状・・・・・だというのに、それがぜーんぶ許されちゃうのがスマイルのいいところであり、
ハッピーの「人徳」(??)というやつなのかもしれませんよね・・・・

とにかく・・・・

スイートの最終決戦で高ぶった「高尚な気持ち」がスマイルの第一話で思いっきり
約100ヘクトパスカル程度下がったような感じもあるのですけど、
ま、そこが「スマイル」の素晴らしいところですからね・・・・

とにかく・・・・、テレ玉のスマイルの再放送もとても楽しみにしています!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2095-64a354f8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |